ひねくれ〇の旅日記

ザ・ペニンシュラバンコク 宿泊記②



改めて、グランドデラックスルームの紹介です。
a0275945_165292.jpg




最下カテゴリーのデラックスルームと広さ・間取りは同じ。
a0275945_16583166.jpg




25~35階と高層階に位置している事、カーペットがベージュグレイ色なのがその違いです。
a0275945_1761533.jpg




01、02、03、05、08、10、11、12番がデラックス。06、07番がバルコニールーム。04、09番がグランドスイートです。
a0275945_1655583.jpg



バルコニー付きも良いですが、狭い窓がひとつだけ。
a0275945_16551025.png

またバルコニーを含む05、08番の部屋は、窓際に立つと隣の部屋が見えてしまいます。
私の部屋は10番、窓際でも隣は見えないのでデラックスルームとしてはベストポジションです。

公称50㎡に対し、実測は長辺7.5m×短辺6.2m+出窓部分2.5㎡の計49㎡。

ラグジュアリーホテルとしては標準的な広さですが、レイアウトが素晴らしいので広く見えます。
a0275945_16575441.jpg




天井も高いです、上部のモールディングも高級感があります。
a0275945_1659350.jpg

ベッドは幅1.85m×長さ2m。重なった枕を避けると私でも足がはみ出そうに・・・



ベッド脇のスイッチ類、ベージュ色の盤面が古臭いですが機能は大充実。
a0275945_16591822.jpg

照明だけではなく、空調・テレビのチャンネルや音量も操作出来ます。他のペニンシュラも同じでしょうか?
ただ一昔前のホテルの特徴、ベッド脇にコンセントがありません。



スタンダードルームなのに、ソファの配置もジュニアスイートのようです。
a0275945_170142.jpg

正方形に近い平面形なので可能なレイアウトです。
それぞれがゆったり配置されているのに、通路や動線に無理が無い。素晴らしいですね~


1998年開業なので調度品もひと昔感はありますが、質感・重厚さは流石です。
a0275945_1705240.jpg




意外にモダンな写真だった、ソファ後ろの絵画(笑)
a0275945_171272.jpg




ソファのテーブルにはウェルカムフルーツ。由緒正しい高級ホテルといった感じです。
a0275945_1712594.jpg




リビング側の窓は三角形の出窓。
a0275945_1721666.jpg




カーテンは電動です。
a0275945_173345.jpg




大きなデスクもあります。
a0275945_1721273.jpg




眺めは最高です。目の前にはチャオプラヤ越しにバンコク中心部の高層ビル群。
a0275945_173366.jpg




サパーンタクシンの橋やアジアティークも見えます。
a0275945_1734146.jpg




真下に見える船は、ディナークルーズの準備中。
a0275945_1734273.jpg




立派な船ですね、いつかはディナークルーズしてみたいものです。
a0275945_174161.jpg




デスクからベッド方向を…
a0275945_1741757.jpg




デスクにはファックス付。今時必要かなと思いますが…当時は最新設備だったのでしょう。
a0275945_1773041.jpg




ベッド側にも小さな窓があります、窓面の間口が広いので明るくて良いですね。
a0275945_1785724.jpg




テレビは楽に角度を変えられます。
a0275945_179542.jpg




下にはリモコンやAV機器。
a0275945_1710890.jpg




このリモコンが、高級感があってとても使いやすい。手に取るとボタンが光るんです。
a0275945_17103138.jpg

外国製にありがちな、ボタンの感度が悪いというストレスもありません。横にはiPhoneスピーカーのコネクターも。

ペニンシュラは初めての宿泊ですが、こういう細かい設備が充実。そして操作しやすくちゃんと動くのが素晴らしいですね。
泊まり歩いているパークハイアットよりこの辺りは上を行きます。






部屋の入口方面に戻ります。
a0275945_1711899.jpg




クローゼットとベッドルームの間にはミニバー。
a0275945_17112949.jpg




『お茶とコーヒーは?』 と尋ねてハウスキーパーが持ってきたのは
インスタントコーヒーとペニンシュラに似つかわしくないリプトンのティーバッグ。
a0275945_1714020.jpg

ハウスキーパーに、『コーヒーマシーンは?』と聞くも、職場以外を知らないような地元の女の子なので表情は『?』マーク。
なんと、フォーシーズンズ広州以来の。『このクラスでネスプレッソ無し』 ホテルでした…

セントレジスみたいに持って来てもらうのかと思った(汗)



その代わりといってはなんですが、タイハーブティーのセットがあります。
a0275945_17144983.jpg




上下にはグラスやお菓子、冷蔵庫など。
a0275945_17153287.jpg




a0275945_17154280.jpg




a0275945_17155179.jpg




入口すぐはクローゼット、ミラー張りの扉付きのタイプと。
a0275945_17161297.jpg




a0275945_1741130.jpg




a0275945_17164829.jpg




ラゲッジラック上にハンガーが付いているタイプが両側に。二つを合わせるあとかなりゆとりがあるし便利。
a0275945_17162541.jpg

短期滞在なら、つい扉が無い方にハンガーを移して使用してしまいます(笑)



ドレッサーの中にはドライヤーも入っています。
a0275945_17171966.jpg




これが噂の、ここに入れてボタンを押したら磨かれて返って来るというシューズボックスですね。
私はスエードのフラットシューズだったので利用出来ませんでしたが…
a0275945_17173970.jpg






入口正面の観音扉を開けると…
a0275945_1719075.jpg




バスルームです、左右にトイレとシャワーブース、洗面台が配されています。
東京や上海とレイアウト自体は同じ…はずです。
a0275945_17192532.jpg




浅めで大きなバスタブ。98年開業というのはなかなか微妙なもので、すごく古臭いわけでもなければ、
新築の最新インテリアみたいにテンションが上がる訳でもありません。
a0275945_17194320.jpg

石の柄や、天板との色の切り返しが時代を感じさせます。
ただ22歳の時に初めて雑誌で目にした時は、『バスルームにもテレビが付いているのか』と驚いたものです。



壁に埋め込みだと液晶に見えますが、近づくとブラウン管でした。
a0275945_17195842.jpg




バスタブの上部排水口、ブラシが届かない部分にカビが…
a0275945_17215149.jpg

これ、浸からないと見えないんです。ペニンシュラだけにこういう部分は残念ですね。



洗面台です。二つあるので連れが居ても便利ですね、私はいつも片側だけ(泣)
ミラー脇の照明がひと昔ですが、レイアウトや内装共、当時はとても斬新で豪華であったと思われます。
a0275945_1722852.jpg




a0275945_17222385.jpg




アメニティキット類です、一輪挿しがちょっと贅沢な気分に。アルコールの消毒ハンドジェルもあります。
a0275945_1723567.jpg




下の引き出しには歯ブラシ類。
a0275945_17244265.jpg




バスタブ側から入口方向を、トイレとシャワーブース。
a0275945_172553.jpg




トイレも広々、ウォシュレットもケツシャもありません。
a0275945_17255296.jpg

ウォシュレット、今までバンコクで見かけたのはスコータイだけでしたね。



トイレットペーパーまでPの刻印が。こういう無駄に細かい所が高級ホテルに来たなと実感します。
a0275945_17265049.jpg




シャワーブースです。こちらのホテル、バスローブは無く浴衣です。
a0275945_17281942.jpg




時代が時代なのでレインシャワーはありませんが、水圧も高くベンチもあります。
a0275945_17285371.jpg




トイレタリーは、ハリウッドスターの授賞式用のドレスなどで有名なデザイナー 『オスカー・デ・ラ・レンタ』 のもの。
a0275945_1729384.jpg

アパレルでもあまり手広くない印象ですが、シャンプーまで作ってるんですか…?
今なら欧米の高級な薬局やパフューマリーブランドのものが、ペニンシュラ級のホテルには似合う気がします。



広さはスタンダードでも、各設備のレイアウトや広さはジュニアスイート並み。
前泊のインディゴとほぼ同じ広さなのに、ゆったり感は雲泥の差…なんなんでしょう? 興味深いですね。

レイアウトと部屋の眺め、設備面に関してはかなり高得点。名門ホテルの実力が感じられました。
[PR]

by soiconvent | 2015-02-25 22:00 | バンコク2015.2
<< ザ・ペニンシュラバンコク 宿泊記③ ザ・ペニンシュラバンコク 宿泊記① >>