ひねくれ〇の旅日記

アド・リブ バンコク 宿泊記①



元旦の朝です。
a0275945_9122431.jpg


乾季のバンコク。毎日快晴で清々しいですが、私はこの日が滞在中1番具合が悪かったです。

完全に胃腸が弱っています。予定ではマンダリンオリエンタルで朝食を頂こうと思っていましたが、
動くだけで胸焼け、吐き気がします。
ミレニアムヒルトンから次のホテルまでは距離があるので、もしもの時にとコンビニ袋をバッグに忍ばせました。




バンコクホテルラリー5泊目、記念すべき今年最初のホテルステイは、『アド・リブ バンコク (Ad Lib Bangkok) 』 です。

BTSプルンチット~ナナ間の路地裏にある、昨年開業したばかりのホテル。
a0275945_107436.jpg

ヒルトンからは、サパーンタクシンの橋を渡り、サトーン通り、ラマ4世通りを通り、渋滞が無かったせいかなんと91バーツ!

ワイヤレス通りを通り過ぎ、アソークから回り込んだのは遠回りなんじゃないの!? と思いましたが・・・



今回の滞在、こちらが1番場所がわかりづらいホテル。タクシーの運転手もほぼ知らないでしょう。

私はグーグルストリートビューで予習しまくったので、
付近に近づくと 『トロンパーイ(まっすぐ)、クワー(右)、サーイ(左) 』 とタイ単語を駆使し無事来れました。
バンコクに慣れない人なら行きづらい立地です。


ホテル入口のソイ手前で運転手がタイ語で何か聞いて来ます。

あせって 『クワー、クワー!(右、右!)』 と返すと、

運転手は左前の車を指差し 『ポーシェ(ポルシェ)?』 と。

『No、ジャガーだよ。ナイスカーよね』 と返す私・・・なんのこっちゃ(笑)




もしこのホテルを選ばれた人の為に、詳しい説明を…

BTSプルンチット駅を降り、スクンビット通り方面左手を歩くと、すぐに高速道路の下を潜ります。
a0275945_920262.jpg

空港からタクシーで来る方はここが降り口、ここからホテルはすぐなので意外にアクセスは便利。



高速の高架を抜けると…都心でもまだこんな風景があるんですね。
a0275945_920347.jpg




30メートル程進み、スクンビットSoi1の看板が見えたら路地を左折。
a0275945_9204398.jpg




ちょっと寂しい路地を進みます。ホテルもお店も何軒かあるので治安は良いでしょうが、夜はちょっと寂しいかも…
a0275945_9211383.jpg




300メートル程進み、左手に薄茶色のホテルの看板が見えたら、反対側のセブンの角を右折。
a0275945_9222157.jpg




この通りにはセブンと下町の食堂が並びます。アラブ街らしくムスリムフードの店も。
a0275945_9223442.jpg




突き当たりを右に曲がり、直ぐに左を曲がれば…
a0275945_9224683.jpg




あの茂みの奥が・・・
a0275945_923301.jpg




ホテルです!菩提樹が良い感じでしょう?
a0275945_9234987.jpg

ちょっと入り込んだ立地ですが、隣はバムルンラード病院という、外国人も多く訪れる大病院。
日本語の看板もあったので、体調を崩した時は安心ですね。

タクシーにはとりあえず、『バムルンラーホスピタル』 と言えば何とかなりそうです。



下町の路地裏の奥に突然現れるスタイリッシュなエントランス。
a0275945_9244063.jpg




木立の向こうに大階段というのもドラマチックな演出ですね。
a0275945_14134086.jpg




タクシーを停めるやスタッフが駆け寄って来て、荷物を運び誘導してくれます。
a0275945_925997.jpg




a0275945_14143717.jpg




木製の大きな扉を開けてロビーラウンジへ。
a0275945_9253788.jpg




うーんこれは素敵だ!
a0275945_9255787.jpg

ビルに囲まれた路地裏の敷地ながら、ほぼ全面ガラス窓。
敷地沿いにはグリーンを埋め込んだフェンスがあり、明るさと隠れ家ホテル感が両立しています。




フロントは無くチェックインはラウンジのテーブルでウェルカムドリンクを飲みながら。
a0275945_9271144.jpg




a0275945_9271363.jpg




ロビーラウンジ、レストランバーは一体空間。
a0275945_9283078.jpg




あからさまな高級感、直ぐに廃れそうな派手目なインテリアやオブジェなどはありません。
a0275945_9284162.jpg




抑えた色調のインテリアに銘木のテーブル、天然木の仕上げ材。
床は小さな天然石タイルがびっしりと敷き詰められており、本物の素材をシンプルに見せる事で上質な空間を演出。
a0275945_929219.jpg

壁が一面ガラスなので、それらが一層引き立ちます。



チェアやラグにはハラコ (でしょうか?) 使いも。いちいちツボにはまります♪
a0275945_9305989.jpg




a0275945_9305041.jpg




バーカウンター、ガラスの照明が綺麗ですね。
a0275945_932159.jpg




後日気付いたんですが、カウンター上だけにグラスラックのアレンジですよねこれ。
a0275945_9323047.jpg




外には長~いテラスが。
a0275945_933818.jpg




ホテルの規模にしてはテーブルが多め、外部からの食事やカフェバー利用も見込んだ設定でしょうか?
a0275945_9333129.jpg




長いベンチソファ席もあり (あ、あのカップルは・・・w)
a0275945_9344235.jpg

景色は望めないですが、何とも心地よい空間です。



スタッフに案内され部屋へ向かいます。部屋へは1度エントランスを出て、両脇のどちらかの建物へ。
a0275945_9361188.jpg

よって、外から直接客室に入る事も可能です。
車寄せにはガードマンが常駐しているし、廊下やエレベーターには防犯カメラ。カードキーなので心配は無さそうですが…


エレベーターもありますが、4階建てと低層のホテルなのであまり使いませんでした。
a0275945_936425.jpg




客室の廊下です、モルタル仕上げでスタイリッシュですがかなり薄暗い。SF映画の刑務所のよう・・・??
a0275945_9364770.jpg




a0275945_937382.jpg


昨年からずっと気になっていたホテルですが、短期旅行では場所が不便で見送っていたんです。
次回はお部屋の紹介です。
[PR]

by soiconvent | 2015-01-24 09:00 | バンコク 2014.12~2015.1
<< アド・リブ バンコク 宿泊記② ミレニアム・ヒルトン・バンコク... >>