ひねくれ〇の旅日記

スイスの車窓から インターラーケン~ルツェルン編



スイス観光といえば、車窓から素晴らしい風景を楽しめる氷河特急や
ベルニナ特急乗車を思い浮かべる方も多いと思われますが、
a0275945_14433848.jpg


今回はスケジュールもタイトで観光列車のルートを移動するのはほんの僅か・・・
観光列車と車窓からの眺めは諦めておりました。



しかしグリンデルワルドからルツェルンに向かう途中、全くのノーマークだった
インターラーケン・オストからルツェルン間の車窓の眺めが素晴らしくて、

車内で仮眠を取ろうと思っていたのに目ん玉開きっぱなしでした(笑)

ガラス越し、移動中での撮影で画質は良く無いですが紹介しようと思います。



インターラーケン・オストを出るとすぐに美しいブリエンツ湖畔沿いを進みます。
a0275945_14442316.jpg



この路線、ルツェルン行きは進行方向右側が絶対です。
a0275945_14445053.jpg



途中には小さい町が点在しています。
a0275945_1445835.jpg



a0275945_14451912.jpg






ブリエンツ駅のホームです。湖の名前になっているこの町が観光の拠点になっている模様。
a0275945_14454864.jpg



a0275945_14455360.jpg






湖を過ぎると、広い盆地の向こうに険しい山々。あれ? 向こうの白い筋は・・・??
a0275945_14461568.jpg



昨日見たラウターブルンネンの滝だけでなく、もうあちこちから雪解け水が流れ落ちています。
a0275945_14463764.jpg



a0275945_1446426.jpg



この辺りは、グリンデルワルド周辺みたいな観光地っぽい雰囲気では無く、地元の生活に根差した空気が感じられました。
a0275945_14473680.jpg





マイリンゲン駅に到着後、電車は前後逆になり進みます。


今度は進行方向左側になるんですが、ここからは左側が眺めが良いので、座席の向かいに移動するだけでOK。

インターラーケン・オスト~ルツェルン間の移動時間は約2時間。
しかし35分で移動距離の1/3進んでいます。 なんでこんなに早いの~? と思っていたら・・・


マイリンゲン出発後、すぐに山の中へ入って行きました。
a0275945_1448968.jpg



あ~ここで時間を取られる訳ね。中程の1/3ぐらいの距離は1時間もかかりました。
a0275945_14483970.jpg





途中の高地にある湖畔の村。
a0275945_14485898.jpg



a0275945_14493982.jpg



a0275945_14494950.jpg



平日の昼下がりという事もあって乗客はまばら、
音楽でもと思いiPodのリストを見ても、主に入っているポップス達はこの風景に似合いません。
a0275945_14522060.jpg

世界の車窓からのBGMで思わず聞き惚れてダウンロードした、ブライアン・イーノの曲をリピートして聞きます。

そしてなぜか頭の中で、いいちこのCMソングが流れます(笑) また君にぃ~♪



どこの村にもとんがり屋根の教会がありますね。
a0275945_14553241.jpg



a0275945_14553872.jpg



a0275945_1455435.jpg




この路線、チューリッヒ~ベルンと同じぐらいの距離ながら、走行時間は2倍かかります。
なぜかと疑問に思っていたら、短いですが途中に山間ルートが入っているからなんですね。

※インターラーケン・オストからルツェルン間は、ベルン経由で平地を進むルートもあります。
走行距離は2倍ですが、所要時間は同じです。


山を抜けると、一気に平地を駆け抜けルツェルンへ。
a0275945_14564532.jpg



a0275945_1457361.jpg


あとで調べると、ルツェルン~モントルーを走る観光列車 『ゴールデン・パスライン』 のルートでした。
どおりで素晴らしい景色だったわけだ・・・期待していなかった車窓からの風景も堪能出来て嬉しかったです。
[PR]

by soiconvent | 2013-06-09 09:00 | スイス 2013
<< だらだら語るホテル選び~ルツェルン編 日本アルプス >>