ひねくれ〇の旅日記

ラウターブルンネンを歩く



ラウターブルンネン駅から、シュタウプバッハの滝に向かって歩きます。
a0275945_105297.jpg



a0275945_1052285.jpg



a0275945_1052394.jpg



この村もユングフラウヨッホを始め、周囲の山岳観光の拠点となる場所ですが、
村落の規模はグリンデルワルドに比べ小さいです。
a0275945_10531941.jpg

日本人はグリンデルワルド方面に行く人が多いみたいですが、こちらの風景もなかなか。
インターラーケンからのアクセス、ユングフラウヨッホまでの時間もグリンデルワルドとほぼ同じです。


氷河で削られた谷を 『U字谷』 と呼ぶそうですが、まさに『U字』 ですね~
a0275945_10542173.jpg







駅から10分程歩いて教会へ。
a0275945_1055462.jpg



その下に流れる川に架かる橋から・・・
a0275945_1056124.jpg



駅方向に小道を戻り・・・
a0275945_10563152.jpg









振り返るとこの景色。
a0275945_10584184.jpg

7年前なにかのきかっけで初めて目にした時衝撃を受けました、『なんなんだこの風景は・・・』 と。





朴歌的な村に小さな教会、両側には崖がそびえ、そこから滝が流れ・・・
a0275945_1104716.jpg

こんな美しい場所がスイスにはあるんだ・・・でも雪山登山を優先すると、短い旅行で訪れるのは厳しいかな・・・
と思い込んでいたんですが、グリンデルワルドからは45分程度で行けるので案外近くて良かったです。


本当は、滝側の崖に日光が当たる明日の午前中に訪れる予定でしたが、明日は雨の予報。
しかもさっきまで晴れていたのに、だんだん曇ってきました。






滝の下まで近づいてみます。
a0275945_11207.jpg

落差は300m近くあり、アルプスの雪解け水は地上に落ちる事なく
霧になって消えるとの解説でしたが、春先で一昨日まで雨続きだったせいか、しっかりと地上に届いておりました。

瀑布の真下まで来れるとの事でしたが、歩道の手前には柵があってこの日は入れませんでした。





時間も17時30をまわっていたので引き返します。

ここからさらにバスで数分の所にあるトゥリュンメルバッハの滝は、
崖の内部をものすごい水量で流れ落ちる滝で有名ですが(ラウターブルンネン1の観光スポット)

時間も無いし、今回は美しい風景を見る事がメインなので見送りました。


上を見上げると、先程途中下車したウェンゲンの村が見えます。あんな高い場所から写真を撮っていたんですね~
a0275945_11153032.jpg



谷の向こう側には牧場が、しかしまだ牛や羊を間近で見てないな・・・
a0275945_1132548.jpg

見るのは大体が電車の車窓越しか、遠すぎて歩いて行くのがキツいという(汗)


さっきウェンゲンから乗ってきた路線の電車がやって来ました。
a0275945_114762.jpg



谷の向こう側、あちらにも滝が出来ていますね。
a0275945_1143970.jpg





何年も行って見たかった憧れの場所。もっとゆっくり滞在したかったんですが、
明日は雨の予報なんで急遽訪れた時間は夕方、しかも曇ってきて空が暗い。

たった1時間程度の滞在でしたがホテルに帰りましょう・・・


ちなみに、ラウターブルンネンからグリンデルワルドまでは谷底を走る路線。
a0275945_1163938.jpg



工事費が山の方に比べ安く、住人も使用する生活路線のせいか、
45分も走るのに半額カード使用で4.4CHFでした。やすっ(笑)
a0275945_1162173.jpg





グリンデルワルドに戻ると、今日は天気もまあまあだったせいか初めてアイガーの頂上を見る事が出来ました。
a0275945_1173355.jpg

快晴だったらさぞ美しいんだろうな・・・曇りばかりだったせいか、
旅行中一番長く滞在したグリンデルワルドはなぜかあまり印象に残りませんでした。
[PR]

by soiconvent | 2013-06-06 09:00 | スイス 2013
<< アルプスの少女ハイジの世界を探して ウェンゲンからの絶景 >>