ひねくれ〇の旅日記

スフィンクス展望台へ



クライネ・シャイデックから40分程で、ユングフラウヨッホに到着。
a0275945_16194246.jpg



この駅は展望台の他に、レストランやカフェ・テーマパーク・屋外アトラクションを含めた
大きなエンターテイメント施設になっています。(電車賃が高いのはここの施設の維持費も入ってそう!?)

山肌に建っていて窓があったり地下だったり、建物の全容はつかめないので、渡された地図と表示板を頼りに移動します。


まずは案内板を頼りにスフィンクス展望台へ。
a0275945_15144288.jpg



a0275945_9515635.jpg



途中こんなシアターを通り過ぎ・・・
a0275945_15151964.jpg



山の中を垂直に貫通するエレベーターに乗って展望台へ。
a0275945_15153717.jpg



展望台はガラスに覆われた建物なんですが、
a0275945_1515552.jpg





デッキが張り出していて、外に出て見ると素晴らしい景色。
a0275945_1516276.jpg



標高3571mの地点にあるそうです。
a0275945_15204089.jpg






一番の見所は、目の前に広がるアレッチ氷河ですね。昨日のゴルナーグラードとはまた違うスケール感があります。
a0275945_15183247.jpg



氷河の大きさ、雪山の奥行きが凄まじい・・・
a0275945_1519544.jpg

誰かがここからの景色を 『神の領域』 と呼んでいましたが、自然とそんな言葉が出て来るような雰囲気。


雪原にはクレバスらしき切れ込みも見えます、おそろしや・・・
a0275945_15193517.jpg







反対側は、スイス中部が眼下に。雲の無い日はドイツまで見えるそうです。
a0275945_1520152.jpg



a0275945_1520979.jpg






この屋外展望デッキ、床がメッシュなんです・・・
a0275945_1521956.jpg

しかも風が強くてものすごく寒い。5分も居れば建物の中に逃げ帰りたくなる程。


ときどき強風が地上の雪を舞い上げて、吹雪のように顔に当たります。
a0275945_15212918.jpg



電車の中で凄まじくうるさかったC国人は、深〇から来たようです。
a0275945_15214854.jpg



眼下の雪原には屋外アトラクション 『スノーファン トップ・オブ・ヨーロッパ』 スキーやそりなどのアトラクションが楽しめます。
a0275945_1522354.jpg



あんな雄大な環境で雪遊びなんて贅沢ですね~
a0275945_15224775.jpg




凄く寒いけれど、ここも今回旅行のハイライト。晴れていて良かった~♪
a0275945_15233242.jpg

20分程粘ったあと、建物内へ入ります。


ツェルマットのマッターホルンが素晴らしくて、雪山はそれだけで十分満足だったんですが、
ユングフラウヨッホの方がより雪山の風景を壮大に感じられて、こちらも訪れて本当に良かったです。

しかも両方とも快晴・・・ふたたび 『天気の神様、ありがとうございます』 です♪
[PR]

by soiconvent | 2013-06-02 09:00 | スイス 2013
<< アイス・パレス ユングフラウヨッホ登山鉄道 >>