ひねくれ〇の旅日記

ソウルの朝のとっておき?? その①



雑誌『BRUTUS』で見かけた朝ごはん特集。
a0275945_1133887.jpg


そのなかで、『ソウルの朝のとっておき』 というページが大変気になって雑誌を購入。
a0275945_1135931.jpg


焼肉やピビンバだけではない、地元の人が日常に食べる食事。しかも辛くない系の韓国料理を食べてみたかったんですよね。



今回のソウルでの食事はこの雑誌掲載の店を巡る予定。
代休も取らず土日だけの旅行、金曜の20:50発KEに。

そんなに乗客が多くない仁川~福岡線なのに、なんで2階建てのボーイング747が?? と搭乗すると自分の席は・・・

2階のビジネスでした♪
a0275945_1144724.jpg


人生2度目のアップグレード。
a0275945_11539.jpg


というか、多分イレギュラーな機材の割り当てと思われます。
席数が多過ぎるので適当に振り分けられただけでしょうが(笑)
a0275945_1152250.jpg

欧米などのロングフライトでこんな席だったら快適でしょうね・・・


フライトも50分程度なので、ビジネスの快適さを存分に堪能出来ないまま仁川到着。

空港のコンビニで 『T-money』 を買い終電間近のA'REXに乗り込みます。
a0275945_1172874.jpg





翌朝、三清洞にある 『ブヨン ドカニタン』 へ。
a0275945_1113211.jpg


雑誌曰く・・・80歳を超えたおばあさんが30年間作り続ける、
牛アキレス腱と野菜を4~5時間煮込んで作るスープ・・・だそうな。美味そう♪


地下鉄『安国』駅からは2km程あるのでタクシーに乗り。
(この地下鉄駅は竹島のジオラマがあります。気分悪い・・・)

朝8時過ぎにお店の前に到着。うーん、北朝鮮にありそううな素朴な外観。
a0275945_11164443.jpg



店に入るとおばあさんが1人。

自分 『アニョハセヨ ドカニタンジュセヨ』 と言うと

ハルモニ 『〇×※▼△〇×~!!』 と韓国語でまくしたてられる。

自分 『ドカニタン イッスムニカ(ありますか?』

ハルモニ 『〇×※▼△〇×~!!』

自分 『アニエヨ?? (無いの??) 』

ハルモニ 『〇×※▼△〇×~!!』


うーんどうやらドガニタンにはありつけなんさそう・・・
もしかしたら、まだ準備中だったのかな??

入れ違いに入っていった地元客は、そのまま店を出て来ませんでしたが・・・

ここを一番楽しみにしていたのに残念(泣)



さて、すぐさまプランB実行。タクシーをつかまえ『シチョンクァンジャンへ~(市庁広場)』
a0275945_11102577.jpg


a0275945_11105766.jpg




市庁近くの干しダラスープの名店 『ムギョドン・ブッオグッチブ』 へ。
a0275945_1111289.jpg

ここは日本人にも知られた有名店みたいですね。行列も日本人だらけ。


雑誌では、

韓国で散々旨いものを食べて帰ってきた食通の友人が、一番旨かったと言ったのがここの干しダラスープ。

だそうです。あっさりしていそうな味付けが朝食にうってつけ♪


先程の店と違い、店員さんは日本人の案内には慣れたもの。そして親切。

すぐにスープが運ばれてきました~
a0275945_1112443.jpg

スープはあっさり、タラの身は淡白で脂がのったイメージでしたが、干しダラって結構パサパサで魚臭さが残ってるんですね。
玉子スープにいりこが入っている感じ・・・でしょうか。

普通に美味しくいただきましたが、雑誌の記事が絶賛する程??


それよりご飯に載せて食べる干しアミの塩辛が美味しいのなんのって。
初めて食べたけどこれ、日本でも食卓に欲しい(笑)

スープとご飯で500円程度なので、胃が疲れている時なんかに良いかもしれないですね。
ロッテやウェスティンホテルからも徒歩圏内です。
[PR]

by soiconvent | 2013-03-05 11:18 | ソウル 2011
<< ソウルの朝のとっておき?? その② コンラッドバリ 画像集② >>