ひねくれ〇の旅日記

バスルームにこだわるあまり・・・



今週末宿泊予定の上海のとあるホテル。
a0275945_19362623.jpg

今秋に開業したばかり。パークH、リッツカールトン、ウォルドルフ・アストリア等名だたる高級ホテルが
2万円前半で予約出来る上海で、東京並みの強気なレートでした。
(もう一件、強気なのはペニンシュラ上海)

それが12月に入って真冬のオフシーズン料金になり、なんとか頑張って予約出来る状態に。
(日本では超ピークシーズンの7~8月も、オフシーズンで底値なんですよ。ご参考までに・・・)


高くても泊まりたい理由はこのバスルーム♪
a0275945_1936597.jpg

モダンながら華やか、明るいけど渋いデザインで絶妙のバランス。
ベージュと強い模様のマーブル石との組み合わせが効いてますね、TVモニター部分の黒い切込みも◎

画像から見ると洗面ボウル内は金色というのも今どき珍しい色合わせ。



広くてモダンだけど見慣れた仕上の高級ホテルも多い中、バスルームフェチの自分としては今年一番のヒット。
上の画像は、予約した部屋のカテゴリーに掲載されていたんですが、




HPフォトギャラリーの中にもう一枚バスルームの画像が・・・こちら↓↓↓
a0275945_19375545.jpg

え!?・・・壁の仕上が違うだけでこうも古臭く見えるの???

このバスルーム、どこのカテゴリーの部屋なんでしょう?
スイートの紹介ページにはバスルーム画像は無いけど・・・

明かに最初の画像のバスルームよりグレードが落ちて見えるんですが・・・



このバスルームだったら、高い宿泊料金を払って泊まる意味無いなぁ・・・
気になって、ホテルに質問メールを送ってしまいました。


バスルームはどっちかわかならいし、かの問題後の中国1人旅だし、風邪引きかけてるし・・・心配だらけです(汗)


仕事も忙しくてブログを書いてるヒマも無い・・・無事帰還したら、正月休み明けあたりに再開致します。
それでは読んでいただいた皆様、度々ブログを訪れて下さった方々、良いお年を^^
[PR]

by soiconvent | 2012-12-17 19:45 | 上海 2012
<< FUK → AMS 直行便!! アル マンジル ホテル(Al ... >>