ひねくれ〇の旅日記

オテルグレージュで夕焼けを眺める

2011年のお盆に訪れた、宗像市の 『Hotel Greges』 プールサイドバーのレポです。

ここは博多駅からJR快速で約30分、東郷駅下車。そこからバスで約20分。
宗像市の神湊という小さな漁村近くにあるホテル。

地元の輸入車販売業の社長がオーナーらしく、ギリシャ風の外観に内装はフランスのデザイナー
『カトリーヌ・メミ』 が手掛けており、館内の家具は全てカッシーナと、観光地でもない福岡の田舎に似つかわしくない・・・豪華なホテル。

6室のみの客室も最低料金6万~ともの凄いですが、最近はブライダル施設の利用に力を入れている様子。
目の前に海が見渡せる素敵なチャペルやレストランを併設しています。



外観。カトリーヌ・メミの内装に金かけるのも良いですが、もう少し漆喰風というか味が欲しいところ。
a0275945_15454741.jpg

形はギリシャ風でも資材がバリバリ日本です。

駐車場にはハマーリモ。福岡市内からなら8万円で送迎可能です、いかがですか?(笑)
a0275945_15461752.jpg


エントランスロビー
a0275945_15463971.jpg

a0275945_154652100.jpg

カトリーヌメミらしい、モノトーンを基調にしながら暖かさも感じられる空間です。

通路
a0275945_15471115.jpg

良い材料を使っているんですが、海外の高級ホテルと比べてやはり 『硬い』 雰囲気。
開業は2~3年前のはずですが、何故か90年代の空気を感じてしまいます。
大理石やタイルを貼りまくるより、左官仕上の壁やライティングで雰囲気を出した方が今風な気がします。

今回はプールサイドのバーで夕日を眺めるのが目的。
a0275945_154947100.jpg
a0275945_15495369.jpg

スパークリングワイン(800円) を飲みながら陽が落ちるのを待ちます。
a0275945_15483389.jpg

アテ兼夕食も、ジェノベーゼ風のリゾット(ミニサラダ・ドリンク付 1680円)
a0275945_15492567.jpg


18時頃はまだまだ陽射しが眩しく、白い建物とプール、影のコントラストがなかなかにフォトジェニック(笑)
a0275945_1552294.jpg

2杯目のワインからテラス席に移動。
a0275945_15523973.jpg


だんだん陽が傾いてきました。
a0275945_15525936.jpg
a0275945_1553527.jpg


3枚目はデジカメの撮影モードを変えているのでちょっと大げさな色合いですが、これと同じぐらい美しい夕焼け。
a0275945_15532194.jpg
a0275945_155328100.jpg
a0275945_15533430.jpg


お盆なので人でいっぱいかなと思い予約して行ったら、2時間半滞在して他の客は2組のみでかなりのんびり出来ました。よってサービスも大変丁寧かつフレンドリー。

暗くなってもしばらくまったりしたかったのですが、バスの時間(本数が少ない)が来たのでホテルを後にしました。
(バスで来る人もそういないと思いますがww)
a0275945_15535345.jpg
a0275945_1554172.jpg



お盆休み、旅行に行けなくても地元でリゾート気分な1日でした。
[PR]

by soiconvent | 2012-08-16 16:04 | 国内
<< 上海で食べたもの 四川中路~北京東路あたりを散歩 >>