ひねくれ〇の旅日記

<   2014年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧


ソフィテル ソ バンコク 宿泊記⑦


今回の宿泊プランは2泊すれば3泊目が無料のプラン。

3泊目は朝を迎えず深夜に空港へ向かいますが、最終日に出発ギリギリまでホテルで過ごせるのは
熱帯のバンコクではありがたいし快適です。

今回の旅行、基本はずっとホテルに籠っていたし移動は全てタクシー。
到着時以外は一度もBTSに乗る事はありませんでした。

それなのに異様に疲れている・・・夕方仮眠を取る事にしました。
最終日だけあって、予定を気にする事もなく寝つきは良かったです。


目が覚めると19時過ぎ。
a0275945_16401815.jpg




旅行中最初で最後の夕焼けも見えました。
a0275945_1641688.jpg

自分のデジカメは 『薄暗い』 に大変弱く何枚撮ってもピンボケしてしまいます。



そういえば夜のプールと、ルーフトップバーを見ていません。少しは体力も回復したしのぞいてみましょう。
a0275945_16414991.jpg




プールは夜も良い雰囲気です♪
a0275945_16412179.jpg




この時間でも結構な混み具合、寛ぐというよりヒップな雰囲気を楽しむといった感じです。
a0275945_16415866.jpg




a0275945_16415183.jpg




a0275945_16421763.jpg






最後に29階のルーフトップバーへお疲れ様の一杯を・・・
a0275945_16423464.jpg




『Park Society』 というレストラン&バー。エレベーターホルを右に曲がればルーフトップバー、左はレストランです。
a0275945_1642449.jpg




うわーオシャレ! いかにもこのホテルらしいデザインとライティングです。
a0275945_16443064.jpg




a0275945_16444764.jpg




まぁ冷静に見れば、すぐに廃れそうなインテリアではあるしライティングもケバめですが、
初めて訪れるとテンションが上がります↑
a0275945_16445925.jpg




a0275945_1645986.jpg




さらに上階には 『HI-SO ONLY』 のフロアへ続く階段が。個室のようなスペースがあるようです。
a0275945_16452099.jpg

Sofitel So のHi floorと、そこに集まるハイソーなゲスト・・・という意味なんでしょう。
プアソーな私は階段を上がる勇気はありません(笑)


こういうルーフトップバーは何処も人気で、特に19時過ぎの日没直後は込んでるかな?
こういうムードある空間に1人は厳しいかな? と心配でしたが、

日曜夜のせいか店内はガラガラ、1人客もチラホラ。
a0275945_16462473.jpg




一番外側のテーブルも空いていたのでそちらに案内して貰いました。
a0275945_16461878.jpg

見た目は印象的ですが、この小さな六角形を寄せ集めたベンチ、座りにくいです・・・



雨季で昼間は蒸し暑いバンコク、しかし高さのあるオープンエアは夜風が涼しく大変心地よい。
a0275945_16463233.jpg




こちらのバーはルンピニ公園側と東側が開けています。
a0275945_16473143.jpg




シロッコやバーティゴのように360度近い展望では無いですが、十分迫力ある眺めです。
a0275945_16471644.jpg




ロビーから、部屋から、プールから、毎日同じ眺めですが、やはり高層階の屋外から眺める風景は格別です。
a0275945_1648972.jpg




a0275945_16482262.jpg




店内は相当な暗さ、ライト付のメニューから 『Shibuya』 というカクテルを注文(350バーツ+税17.7%)
a0275945_164842100.jpg

ライムジュースにウォッカ、クラッシュしたキゥイに胡瓜が入った甘酸っぱいカクテル。
量も多いしアルコールは強めだし、おつまみは沢山出て来るので1杯で十分。

カクテルも思った程高くないし、お店は混んでないし、展望バーとしてはなかなか穴場かもと思いました。


今回の旅行はあっという間だったな・・・帰りたくない~!
a0275945_16492545.jpg

旅の最後に相応しい、心地よい時間を過ごせました。



空港に向かう前に、冷蔵庫に残っていたラストマンゴー&マンゴスチン(しつこいww)
a0275945_16511738.jpg

スーパーにて、大きなマンゴー3つとマンゴスチン8つで194バーツでした。
約650円、日本だったらマンゴー1つしか買えないですね。


ソフィテル・ソ 高級ホテルとして見ると細かい問題は色々ありましたが、
素晴らしい眺めと、印象的な施設の中ステイを楽しむ事が出来ました。

一度体験すると感動が薄れてしまうので確実にリピートしたいとは言い切れませんが、
コンセプトやハードの完成度は高いなと思いました。
[PR]

by soiconvent | 2014-08-31 09:00 | バンコク 2014.8

セントラルエンバシーのフードコート 『Eathai』



セントラルエンバシー地下1階には、高級モールには珍しいタイ料理だけのフードコート、『Eathai』 があります。
a0275945_18404915.jpg

入口でカードを渡され、食べたいお店で注文時に渡し金額を入力、清算は出口横のレジにて行います。

逆にタイ一番の高級モールだからこそ、タイ料理だけで勝負といった意気込みやプライドがあるのでしょうか?
他国の料理は、上階に世界各国の有名レストラン・カフェがあります。



店内は屋台スタンド風のお店や。
a0275945_18463052.jpg




a0275945_18464854.jpg




a0275945_18465083.jpg




a0275945_18463571.jpg




a0275945_18465627.jpg




a0275945_1847618.jpg




a0275945_18481756.jpg




a0275945_18504820.jpg




a0275945_18505768.jpg





専用キッチン付きの大きめで沢山のメニューがあるお店。
a0275945_18481977.jpg




ジューススタンドも2ヶ所あります。
a0275945_18591548.jpg




しかもお店はバンコク中から集められた人気店ばかりらしいです。
a0275945_18482345.jpg

タイ各地の料理、肉、魚、ベジタリアン、麺、デザートまで種類は相当豊富です。



カオマンガイのお店もこちらに。
a0275945_18533024.jpg




こちらはソムタムの実演コーナー。スタッフはカメラ慣れしているみたいです(笑)
a0275945_18532492.jpg




心憎い演出ですね。
a0275945_18541640.jpg

ただ店名らしきサインはタイ語、店内のスタイリッシュな統一感の為に、
何処がどの店なのかは並んでいる料理を見ないとわかり辛いです。英語は小さい文字でメニュー表にあるのみ。




広い店内はカジュアルなイメージのフードコートの概念を覆すスタイリッシュなインテリア。
a0275945_1855291.jpg




ディスプレイにもこだわっています。
a0275945_18552583.jpg




a0275945_18562627.jpg




a0275945_1773362.jpg

場所柄価格帯は高めです、街中の屋台の2倍、一般的なタイのフードコートの1.5倍といったところでしょうか。

客席もゆったりしているし、家具も木材を多用した高級レストラン並の質感。
利用客でごった返す事もなくゆったりと食事を楽しめます。
a0275945_1857124.jpg




広いスペースのテーブル席が二箇所。渋い色のタイルに壁画がクール!
a0275945_1856843.jpg




a0275945_18563730.jpg




こちらはクレイポットを重ねた壁がインパクト大(押してみるとぼわーんと動くので触らないようにww)。
a0275945_18573835.jpg




屋台風のコーナーには、小さめのテーブルスペースがひとつ。
a0275945_18572278.jpg






最終日のランチはこちらでいただく事に。

事前から、バンコクのレストランに詳しいブロガーさん情報で知った、
トンローにある人気店、『Supanniga』 のブースへ。
a0275945_18581731.jpg





家庭料理風のおかずが並びます。
a0275945_18592812.jpg




おかず一品 ライスのセットで150バーツ前後が、どの店でも基本価格のようです。
a0275945_18594339.jpg




その中から、今年日本でも話題のマッサマンカレー(140バーツ)と、豚肉と塩魚の揚げ団子(3個90バーツ)をオーダー。
a0275945_190245.jpg

他のジューススタンドでレモングラスティー35バーツを。

料理は注文して近くのテーブルに座っていると運んで来てくれたり、少し待って取りに行く店など様々。
スタッフに聞いてみて下さい、簡単な英語なら皆さん話せます。


さてお味の方は…

カレーは、ナツメグやシナモンなど、日本では甘いお菓子に使うスパイスの香りがして違和感が…
a0275945_19244.jpg




揚げ団子は塩辛く、具材なのか調味料なのか、東南アジアの屋台や街角から漂う独特の匂いがしてちょっと苦手…
a0275945_1923636.jpg

うーん、調理とか味付けがマズイ訳ではなく自分の舌が受け入れられなかったんでしょう。
なんとか完食しましたが少し胸焼け(汗)

『本場でのタイ料理、日本で食べられる代表的な料理以外のものもチャレンジしたい。』

そんな意気込みは早くも打ち砕かれました。
やはり、日本のタイ料理屋で出されるメニューは、日本人の舌に合うものが選ばれてるんでしょう。

短期間の旅行で通ぶって新しい味覚の開拓など、イキがるもんじゃありませんね。
確実に美味しい、いつも注文する料理を頼めば良かった…

ちなみに清算はたったの125バーツ!絶対カレーの金額が付け忘れ、まぁいいか(笑)




フードコート内には中規模のスーパーがあります。
a0275945_1932525.jpg




a0275945_193341.jpg




肉や魚など生鮮食品はありませんが、果物やドライフルーツやナッツ類。
a0275945_194272.jpg




お菓子は試食できるものも多く、ハズレ無く選べそうです。
a0275945_194437.jpg




お茶やスパイス。
a0275945_195664.jpg




a0275945_1954628.jpg




ボディケア、スキンケア製品などお土産に最適な商品が結構充実。
a0275945_195421.jpg




パッケージも洗練されたものばかり。
a0275945_195528.jpg




まぁこの辺りは何に使うのかは、まがりなりにも男性の私には全くわかりませんが・・・
a0275945_1982537.jpg




a0275945_1983335.jpg

もちろんバンコクのおハイソモールなので、有名な 『THANN』 『HARNN』
他にはドラッグ・コスメ関係の 『SEPHORA』 と 『BOOTS』 も建物内にあり、
女性やコスメ好きのオネエ様方は見応えある事でしょう。





昼間のメニュー選びの失敗を挽回したくて、バンコク最後の晩餐もこちらでリベンジ(笑)
a0275945_191140100.jpg




だってホテルからタクシーで5分、道一本なんだもの。
a0275945_19115189.jpg




今度は素直に食べたいものを、大好きなコームーヤーン。もち米付き160バーツ。
a0275945_19125332.jpg




以前マンゴーツリーで食べた、炭火焼の香ばしい焦げ目が付いてなかったので失敗したかな…と思いましたが、
食べてみるととても柔らかくて美味しい。日本人で豚肉嫌いな人を除けば、嫌いな人はまずいないでしょう。
a0275945_19125594.jpg

いつも、あの生の葉っぱなんだろう。自分は絶対食べたくないと思っていたものはバジルでした。
(画像ではタレに隠れてますが・・・)
辛いタレに付けて豚肉と一緒に食べると、コクと辛み、爽やかなハーブの香りが混ざり非常に美味しい♪


これだけだと少しボリューム不足。
もうひとつ、狙っていたホイトート (タイのお好み焼き風料理) 屋台に向かいます。
a0275945_19131582.jpg




こちらではムール貝のホイトートを注文(小サイズ60バーツ。大は80バーツ)。
a0275945_19134657.jpg

うーん美味しそう! 小サイズでも十分な大きさ。
パリパリに半揚げされた小麦粉生地の下に、卵焼きで包まれた炒めたモヤシと小さめのムール貝が。
辛いタレを付けていただきます。

最初のひと口はパリパリ食感と香ばしさで感動しましたが、それ以降は生地がかなり油っぽいし、ムール貝は苦め。

ヨーロッパで食べる大粒のものとは全く別物のようです。貝類なので食あたりが心配でしたが、その後は大丈夫でした。
ムール貝より、牡蠣やシーフード具材の方が食べやすくて美味しいかもしれません。

ちなみにドリンクはホテルの水を持ち込んでも何も言われず…



口に合う合わないはありますが、お洒落で清潔な店内やオープンキッチン。豊富なメニューのラインナップ。

値段はフードコートとしては高めですが、市内各地の人気店の料理をゆったりとした空間で楽しめるのは、
疲れている時や時間が限られた旅行の場合は最適だと思いました。
[PR]

by soiconvent | 2014-08-30 09:00 | バンコク 2014.8

セントラルエンバシー



最終日、5月にオープンした高級モール、セントラルエンバシーに向かいます。
a0275945_1195710.jpg

ホテルのスタッフは、タクシーの運転手に 『センタン エンバシ』 と伝えていたので、その言い方がタイ発音なんでしょう。

ちなみにバンコクでよく使われる単語、サイアム は、『サヤーム』 と呼びます。

ソフィテルからは、ルンピニ公園の東に面するワイヤレス通り(ウィッタユ通り) を
2キロ程北に進めば5分程で付きます。約40バーツ。



おお~注目していた未来的な外観。
a0275945_11121741.jpg




BTSの高架が目の前を通っているし街中なので全体像は写す事が出来ません。
a0275945_1112354.jpg




上階に入居するパークハイアットは、この状況ではまだまだでしょう。
2015年オープンとありましたが、早くても2015年末もしくは2016年かも。
a0275945_1112496.jpg




BTSプルンチット駅からは屋根付きの専用通路が直結、通路もスタイリッシュです。
a0275945_1113462.jpg




a0275945_11144115.jpg




a0275945_11152923.jpg




ここがある意味凄いのは、上階が建設中なのにもかかわらず、下のショッピングモールをオープンさせている事…
テナントが埋まらないのにオープンという話は海外ではよく聞きますが、建設途中というのは初めて見ました。

地上のモール外観、シンガポールにありそうなスタイリッシュなデザイン。
a0275945_1116189.jpg




入口はセキュリティゲートと警備員が、高級モールだけあってホテルのドアマンみたいに皆さん挨拶してくれます。
a0275945_11163526.jpg




交差点向かいにはオークラ・プレステージも見えています。
a0275945_11173365.jpg




タクシーで向かう場合、ホテルのように車寄せがあり警備員の誘導があります。
a0275945_1118298.jpg






内部に入ります…超スタイリッシュ!
a0275945_1119149.jpg





a0275945_11185675.jpg




真っ白な空間で仕上げはごくシンプル。
吹き抜けや造作の角を無くし流線型にすることで高級感とインパクトさを演出。間接照明も効果的。
a0275945_11194364.jpg




a0275945_11194759.jpg




a0275945_11393277.jpg




a0275945_11395334.jpg

冷たい雰囲気だし、のっぺりしてつまらないと思う人も居るかもしれませんが、私はこういう空間大好き。
日本の空港とかもこんなデザインだったらいいのに…と思いました。





テナントは超高級&高感度。マルジェラとか、マックQの専門店がタイに出来るとは…
a0275945_11213228.jpg




ジルサンダーはお馴染みですが、イザベルマランやケンゾーなど今が旬なデサイナーも。
a0275945_1121469.jpg




ルブタンに・・・
a0275945_11222373.jpg




サンローラン、いや~ここは本当にタイでしょうか?
a0275945_1123939.jpg

ちなみにタイは輸入品の関税が高いので、ブランド品は日本より高いです。
空港の免税品も日本の定価より少し安いもしくは同じぐらい。近場なら日本の国際ターミナルや仁川が安いです。



他にも煌びやかなブティックがいっぱい。
a0275945_11251047.jpg




a0275945_11253743.jpg




超高級モールだけに、お客さんは少なめでゆったりした印象。
a0275945_11261811.jpg




地元の買い物客は皆お洒落で良い服を着て歩いてます。
『ハイソー (タイで日本で言うセレブの意味) 』 な人達なんでしょう。
a0275945_11273987.jpg


G階~2階ぐらいまでは高級ブランド目白押しですが、それから上は比較的手頃 (といっても日本の百貨店程度) のお店もあります。

『Dean & Delca』 も。
a0275945_11274141.jpg



こういう施設を普段使い出来る人は富裕層だけでしょうが、オープン出来るという事は採算が見込めるという事でしょう。

それだけタイ、特にバンコクの景気が良いんでしょうね。先進国に引けを取らないデザインとテナントラインナップ。変貌するバンコクを象徴する施設です。
a0275945_112991.jpg

[PR]

by soiconvent | 2014-08-29 09:00 | バンコク 2014.8

ソフィテル ソ バンコク 宿泊記⑥



夜のホテルの様子を紹介します。
a0275945_1020505.jpg




G階エントランス(サトーン通り側)です。
a0275945_10213853.jpg




こちらはラマ4世通り側です。
a0275945_10222438.jpg




9階のロビー階へ、エレベーターホールの床には天井から照射された 『So』 マークの光が踊ります。
a0275945_10234879.jpg




ロビーラウンジです。
a0275945_10241345.jpg




a0275945_1024215.jpg




バー併設なので週末夜はもっと賑わうかと思っていましたが、チェックイン客以外は利用客は少ない様子。
空間としては結構素敵だと思いますが・・・皆最上階のルーフトップバーに行くのかな?
a0275945_10263117.jpg




ターンダウンは清掃の他、水の補充と枕元に香りの強い白い花びらが置かれます。
a0275945_1028943.jpg




部屋からの眺め、日が沈んでまもない時間です。
a0275945_10292513.jpg




今年はマリオット大阪、アンダーズ東京、そしてこちらと、市内中心部を一望出来る眺望ホテルばかり泊まっていますが、
部屋の電気を付けていると、夜景は意外と暗めで綺麗には見えないというのが共通点。

実際にはこの程度の見え方です。
a0275945_1033042.jpg




部屋の照明を全部消すと、イメージ通りの夜景が見えます。
a0275945_10335425.jpg




3日目の夜、全然お腹が空いていないけれど今からお出かけ、夜中帰る頃は絶対お腹が空くよな・・・
という事でルームサービスを。

メニューはインターネットテレビで見ますが注文は電話で(笑)
ニソワーズサラダ(600バーツ+17.7%TAX) を注文しました。
a0275945_10384647.jpg




半レアのマグロが入ったヘルシーサラダ、パンもたっぷり付いて来るのでそれなりにお腹はいっぱいに。
a0275945_10382986.jpg

野菜はどれもフレッシュで質が良いもの。マグロは日本のものと違い異様に身がシャキシャキしていました。
この食事が今回滞在中一番高額な食事代でした。



デザートはまた手持ちのマンゴーを剥いてもらいました。今回はデトックスディナーです(笑)
ホテルステイ中心で外出していなかったのに、本当に疲れていたんです・・・
a0275945_10441758.jpg

マンゴーはあと一個残っています、毎度切ってもらうのをお願いするのは気が引けるので、
『お皿とナイフ、下げないで下さい』 とメッセージを残しました。


夜の様子、もう一度アップします。夜もなかなか楽しい雰囲気のホテルです。
[PR]

by soiconvent | 2014-08-28 09:00 | バンコク 2014.8

『The Siam』 でアフタヌーンティ①


昨年のパークハイアット シェムリアップ宿泊以来、気になり出したデザイナーのビル・ベンズレー氏。

バンコクには彼が手掛けたホテル 『The Siam』 があります。
バンコクの北西部、チャオプラヤ川沿いに面するスモールラグジュアリーホテルです。

ただ彼のデザイン全てが好みでは無く、最近の『白・黒』 『凸・凹』のコントラストが強すぎる作風は苦手。
しかしその中で、画像で見ただけでもうっとりしてしまう美しい空間もいくつかあります。

『今回のバンコク、一泊だけThe SiamにしてあとはSAで抑える一点豪華主義で行こう!』 なんて思いましたが。

なんとか泊まれる(それでも約47000円!) 最下カテゴリーのスイート(70㎡) は、レイアウトが苦手な鰻の寝床型。
a0275945_13185339.jpg




窓面が狭く、リビングは廊下からすぐ。
a0275945_13193457.jpg




しかもバスルームが唯一の窓際という配置でどうも・・・
a0275945_13192222.jpg




『うわーこの部屋は素敵♪』 と思った 『Pool Courtyard (100㎡)』 はなんと10万以上、りーむー(笑)
a0275945_13213065.jpg




a0275945_13203028.jpg

という事で、とりあえず一番見てみたかったメイン棟の中庭を見る為、アフタヌーンティーに行って来ました。





都心からのアクセスはとても不便。渋滞が無ければタクシーで行くのも良いですが、
サパーンタクシンから出ている無料のシャトルボートで行く事にしました。
a0275945_13532277.jpg

ソフィテルからタクシーに乗ろうとすると、昼の12時~13時はどうもタクシーがつかまりにくい。
スタッフに何も言わず待っていると、後から来た他のゲストを先に案内されました・・・

船に遅れとマズイので、ラマ4世通りに出て流しをなんとか拾います。

これがまた面倒なドライバーで、『観光か? サパーンタクシンは船がなんちゃら△〇※・・・』
みたいになかなかOKと言わない。

いいからとりあえず行けと言うと、『150バーツ』と。あの辺までは100もしないはず、
首を横に振ると 『100でいいよ』 100でも高い気がしますが、早く向かいたいので仕方ない。

軽い渋滞はあったものの20分で船着き場手前に到着。ここから先タクシーは乗り入れ禁止みたいなので少し歩きます。
a0275945_1329146.jpg




相変わらずここに居るワンコはのんびり。
a0275945_1329888.jpg




船着き場到着、BTSなら駅を下りればすぐですね。しかし乗り場って何処?
a0275945_13302146.jpg




a0275945_13294849.jpg



ホテルのシャトルボート専用乗り場にも、Siamの看板は出ていません。

同じ最高級のMOのスタッフなら知ってるよね?と (なんたるこじつけww)
聞いて見ると 『シェラトンの船着き場からですよ』 との事。
a0275945_13301224.jpg




チャオプラヤ川を正面に左端がThe Siamの船着き場です。
a0275945_13314419.jpg




ちなみにこちらがタイムスケジュールです。
a0275945_1012726.jpg




出発の13:30を超えても船はやって来ない・・・予約しないと運行しなかったっけ?
と不安になっていると、10分遅れでやって来ました。
a0275945_13321347.jpg




船は前方がオープンエア、後方がエアコン付のシート。
a0275945_1332348.jpg




乗り込む頃には小雨が降っていましたが、『チャオプラヤの風を感じたいよね、帰りはタクシーの予定だし』
と前方に座って5分後にはスコールに・・・
a0275945_13335549.jpg

屋根のテントに溜まった雨水が、船の揺れで船内に降り注いで大変な事に。
同乗していた中国系の親子は結構水被ってました。ただ自分も席を譲るわけには・・・

3月のリッツ京都に向かう途中もいきなり吹雪だったし、まるで貧乏人の私を拒んでいるようです(汗)
出発も遅れたのに、途中日本人カップルを拾いにリバーシティへ立ち寄ったのでさらに遅れ気味。

ワットアルンや王宮が見えるも、豪雨で景色を楽しむ気分には全くなれず・・・
a0275945_13354065.jpg




ワットアルンを超えてからが結構長め、この橋を潜れば到着です。
a0275945_1336651.jpg




『The Siam』 が見えてきました~
a0275945_13363173.jpg







乗船時間約50分で到着。しかし雨・・・
a0275945_13364644.jpg




他の乗客がすぐに敷地の奥に進んでいく中、1人だけ船着き場で立ちすくんでしまいました。
a0275945_13365636.jpg




そうすると、どこからともなくレストランの制服を着たスタッフがやってきて 『御用をお聞きしましょうか?』 と。
『アフタヌーンティがしたいんですが・・・』 と伝えると、すぐに案内して貰えました。

ちなみにアフタヌーンティが供される 『Cafe Cha』 は船着き場から一番遠い市街地側。
a0275945_13372881.jpg




敷地の中央を貫く通路を奥に進みます。うわー素敵!
a0275945_1337366.jpg




プールも素敵・・・だけど雨。
a0275945_13375348.jpg




口コミ通り、『素敵な景色だから写真撮っていいですか?』 と尋ねると、その都度立ち止まって待ってくれます。
a0275945_13381641.jpg




超高級ホテル、しかも予約もしていない一見客にも優しいスタッフ。
a0275945_13383646.jpg






一般カテゴリー(といっても70㎡のスイート!) の客室が入る建物のアトリウムは、植栽が相当なインパクト。
a0275945_13384562.jpg




バナナの木っぽいとしか思い浮かびませんが、
少々エキセントリックな要素も入った、視覚効果を十二分に考えられた空間です。
a0275945_13392398.jpg




ガラス貼りの中廊下も美しい~! カメラがバックにしまわれる事はありません。
a0275945_13415318.jpg




レセプションやカフェ、ショップの入る建物に入ります。
a0275945_1342684.jpg




シンメトリーな家具の配置が美しいロビーです。(というかこのホテルは何処もシンメトリーが基本)
a0275945_13421572.jpg




両側にレセプションカウンター。
a0275945_1343096.jpg




片側の使われていない方を撮影。
a0275945_13425863.jpg




噂通り、オーナーが集めたアンティークが廊下のあちこちに。
a0275945_1343419.jpg




『アンティークより、インテリア!』 な私ですが、アンティークあってこそのこの空間。ただただ溜息・・・
a0275945_1344195.jpg






そして一番見たかった中庭。う・・・美しい~♪
a0275945_13442790.jpg

造作自体はシンプルなんですが、面積の切り取り方や軒先から垂れ下がるシダ科の植栽が絶妙なバランスですね。




本当はこの席に座ってお茶したかったんですが、雨でシートが被せてありました。
チェアはストライプ柄で、中庭との調和が画的に素晴らしいはずなんですが惜しいです・・・
a0275945_13451935.jpg

テーブルも小さいのでここでアフタヌーンティは無理かな、他の席を探しましょう。
[PR]

by soiconvent | 2014-08-27 09:03 | バンコク 2014.8

『The Siam』 でアフタヌーンティ②



アフタヌーンティは『Cafe Cha』 にて。
a0275945_20214140.jpg

最初小さな屋内席に案内されましたが、外がいいと伝えると好きな席を選べました。



バルコニー席の様子です、こちらもアンティークのディスプレイがあちこちに。
a0275945_2022260.jpg




a0275945_20213176.jpg




軒先の植栽で上手く隠してありますが、ここは一番市街地寄り。
街外れなのでそこまで気になりませんが、車やバイクの音も聞こえます。
a0275945_20212086.jpg

シャトルボートに乗っていた乗客は、皆ここに集合していました。なんだ、みんな宿泊客じゃなかったんだ(笑)


アフタヌーンティは14時~18時。13:30のシャトルボートで向かえば、着いた頃に一番乗りの計算です。

土曜でしたがテーブルは5組程度。ネットで予約メールを送れますが、今回は面倒で送りませんでした。
マダムや女子会の園の中1人潜入かと思いきや、人が少なくてホっとしました・・・


おそらく他のゲストは敬遠するであろう、回廊沿いの席に座りました。
a0275945_202154100.jpg




a0275945_20215958.jpg




なぜなら大好きな中庭が眺められるから。
a0275945_20231274.jpg




Cafe Cha入口の反対側はアンティーク雑貨の店 『Curio』
a0275945_20232267.jpg


さて、アフタヌーンティはお茶 or コーヒーのセットが750バーツ+税約17.7%。
さらにシャンパン付が1450バーツ+税。

シャンパンもいいけど、昼間のシャンパンはものすごく酔うので普通のセットで。


お茶は十数種類程、その中からタイハーブティーをチョイス。
a0275945_20231839.jpg

こちらは単品での注文も可能です。お茶200B、アイスクリーム1スクープ70B、
マカロン50Bと高級ホテルにしてはリーズナブル。

バンコク都心からは遠いけれど、日本の街カフェと同じ価格でこの雰囲気は素晴らし過ぎます。


三段トレイがやってきました、実は人生初のアフタヌーンティ。
a0275945_2024144.jpg

『中途半端な時間に、粉モンばかり詰め込んで何が楽しいのやら・・・』 と敬遠していましたが
このホテルの中庭が見たいという理由から初体験です。


上段にマカロンやカップケーキ、パウンドケーキなどのスイーツ類。
a0275945_20241148.jpg

中段がキッシュやサンドイッチ、ミニハンバーガー。



下段がスコーンとフルーツです。
a0275945_20244827.jpg

どれも繊細な味わいで美味しくいただきました。特にスコーンがサクサク・ふんわりで美味しい♪
マヨネーズみたいな見た目の、まろやかだけど甘酸っぱいクリームは初めての味。たっぷり付けていただきます。

ミニバーガーにはサーモンやハムが挟んでありました。
自宅周辺にも美味しいパン屋はいくつかあって良く食べているので感動する程ではないですが、普通に美味しかったです。

スイーツ類にたどり着く頃はもうお腹いっぱい・・・女性はこんなボリュームある内容、完食出来ているんでしょうか?
どうしても2品程食べきれ無くて、包んでもらいました。帰る頃には潰れてしまって、しかも夜に食べたんですが
それでも美味しかったです。ちょっと感動・・・


マーブルのテーブル、メニューのストライプ、蘭の花、色とりどりのフィンガーフード・・・
テーブルの上の華やかさにうっとりしてしまいます。
a0275945_2027494.jpg




横を見ればこんな素敵な風景。時間かけて来た甲斐がありました♪
a0275945_20284292.jpg

画像では大変優雅なティータイム・・・と言いたいところですが、なにせ雨季のバンコクの昼下がり
温かいお茶を飲んでいるので汗がどんどん噴き出してきて(汗)





会計を済ませた後は、入店時と違いどうやらほったらかしの様子。それなら・・・と館内見学に繰り出します(笑)
a0275945_20295864.jpg




a0275945_20301250.jpg




パブリックスペースのトイレです。それぞれの性別のアンティークトルソーを置いてあるのが
茶目っ気があって良いですね、お高く止まり過ぎない感じ。
a0275945_20281811.jpg




トイレ内も凝っています。
a0275945_20282722.jpg




a0275945_2028409.jpg




客室棟の2階にはアンティークコレクションが。この一角はほんの一部、軽く博物館級です。
a0275945_20302561.jpg




吹き抜けを見下ろすと、こちらも見てみたかった『Optim Spa』 のラウンジ。
a0275945_20305386.jpg

こちらはGHM系のホテルみたいに辛口モダンです。






外に出て見ると雨は上がっています。船着き場方向に戻ってみます。
a0275945_2032128.jpg




振りかえって、一般客室(スイート)、スパの入る建物です。
a0275945_20312392.jpg




a0275945_20313046.jpg




先ほどはこの階段を上がって、Cafe Chaに向かいました。
a0275945_203313100.jpg




通路の演出が素晴らしい。なんというガーデニングセンス!
a0275945_20321313.jpg




a0275945_20343647.jpg




途中ヴィラ棟が、こちらは最上級ヴィラみたいです。
a0275945_20341553.jpg




こちらは是非泊まってみたい中庭付きのヴィラでしょうか、バンコク市内にあって完全に別世界のリゾート感です。
a0275945_20353192.jpg




芝生と石の市松模様も素敵です。
a0275945_20352242.jpg




さらに船着き場へ進みます。
a0275945_20353388.jpg




雨が止んだので、プールのストライプも綺麗に写りました。
a0275945_20355290.jpg

訪れるまで 『アディダスショップかよ』 と思っていましたが、館内全体をまわった後は
不思議と魅力的に映ります。これがビル・ベンズレーマジック(笑)



プールはチャオプラヤ川沿い、そう大きくはありません。
a0275945_20355895.jpg




川沿いといえども、眺めはこんな感じ。街側より良いでしょうといった程度。
a0275945_20361437.jpg




ジム・トンプソン所有だった建物を移築したというタイ料理 『Chon Thai Restrant』 も川沿いに。
a0275945_20371647.jpg

帰りはタクシーの予定でしたが、のんびり館内探索をしながら川沿いに移動していると
ちょうど16時前、シャトルボートの出発時間です。

ここからタクシーで帰ると100バーツは確実に超えるし、往路は豪雨でした。
もういちどリバークルーズを楽しむ事にしましょう・・・
[PR]

by soiconvent | 2014-08-27 09:02 | バンコク 2014.8

『The Siam』 でアフタヌーンティ③



帰りはタクシーの予定でしたが、のんびり館内探索をしながら川沿いに移動していると
ちょうど16時前、シャトルボートの出発時間です。
a0275945_20504032.jpg




ここからタクシーで帰ると100バーツは確実に超えるし、往路は豪雨でした。
もういちどリバークルーズを楽しむ事にしましょう・・・
a0275945_2049176.jpg




本当は前方のアウトドアシートに座りたかったんですが、
帰りのクルーズで体力を回復させるために後方のエアコンシートに座る事にしました。
a0275945_20502130.jpg




今度は16時丁度に出発。乗客は自分1人だけです、やった~貸切!
a0275945_20502278.jpg




雲の中から太陽ものぞいて、往路とは全然違う快適なクルーズ♪ 水上生活者の住居や。
a0275945_20515212.jpg




現代的な吊り橋。
a0275945_20521676.jpg




こちらは一般人でも死体標本が見学出来る事で有名なシリラート病院。
a0275945_20523050.jpg

いつかは行きたいと思っていましたが、歳取ったせいか怖いもの見たさな好奇心は薄れてきました。



エメラルド寺院の金色屋根もみえました、西日を受けて輝いています!
a0275945_20533940.jpg




ワット・アルンもバッチリ♪
a0275945_20534851.jpg




ワットアルン対岸は、その景観を売りにしたブティックホテルも出来始めています。
この辺りは本当に古いローカルエリアなんですが、時代の波を感じます。(中央の白い建物がそれです)
a0275945_2053756.jpg




同じく、テラスからワットアルンを眺めながら食事が出来る高級レストランも。
a0275945_20533481.jpg




中国寺院がありーの。
a0275945_20534465.jpg




もちろんタイ寺院もありーの。
a0275945_20535142.jpg






ワット・アルンを超えてしばらくすると、今度は高級ホテルの展覧会。
(外観だけでつまらないので、ホテル好き以外の方はすいません・・・)

ミレニアムヒルトンです。
a0275945_20535952.jpg




ロイヤルオーキッドシェラトンです。
a0275945_20542278.jpg




客室は大味っぽいけれど、下階はなかなか雰囲気良さそう?
a0275945_20544334.jpg




マンダリンオリエンタル with ルブア。 シロッコもまだ行けてないなぁ・・・
a0275945_20545335.jpg




ペニンシュラです。もう右に左に大忙しです。スタッフが不思議そうに自分を見ています(笑)
a0275945_20551670.jpg




客室は古臭いけれど、やっぱり高級感のある素敵な外観ですね。プールや評判のスパが気になっています。
a0275945_20553216.jpg




もういちどマンダンリンオリエンタル。
a0275945_20553280.jpg




シャングリラです。
a0275945_20554231.jpg




サパーン・タクシンの橋の横まで客室があるんですね、大きなホテルです。
a0275945_20565394.jpg




最後にまとめてドーン!(笑) ヒルトンが旗で隠れてしまった・・・
a0275945_20555539.jpg




今度は40分程度で到着です。往路と違って沢山のゲストが乗りこんで来ました。
a0275945_2056168.jpg

移動手段なのでちょっと飛ばし気味ですが、チャオプラヤ川のリバークルーズ
(しかもゲスト少なめ) が無料で楽しめて、素敵過ぎるホテルで優雅にアフタヌーンティ。

これで日本円にして3000円以下なんですから、ホテル好きとしてはお得で上手に楽しめたかなと思いました。
いつか宿泊したいですが料金が高すぎるので、食事にスパにと施設を使いこなして楽しむのも良いかなとも考えたり。





タクシーを拾いにまたまた大通りへ。
a0275945_20565550.jpg

ここからソフィテル・ソまではサトーン通りを一直線。意外に距離も近めです。
15分ぐらいで70バーツでした、行きのドライバーめ(怒)


途中Wホテルが見えて来ました。
a0275945_20571216.jpg




ここもいつかは・・・と思いきや、台北や香港程の完成度は感じられない気がして今回は見送り。
a0275945_20573165.jpg




そして、2015年完成予定のリッツカールトンレジデンスと2016年開業予定のEDITIONが入居する。『11Mahanakhon』

全然出来て無い! これは軽く一年ぐらいズレ込むのでは・・・
a0275945_20573525.jpg


しっかり滞在するバンコクは2回目ですが、何気に効率良く見たいもの、
やりたい事を消化している自分にちょっとびっくり(笑)

一回でまとめるつもりが三回にまで延びた『The Siam』 の記事。
それだけ楽しめたという事です、バンコクに行かれた際はちょっとお洒落して出かけてみて欲しいです♪
[PR]

by soiconvent | 2014-08-27 09:00 | バンコク 2014.8

ルンピニ公園を散歩


熱帯の国の旅行ですがここは大都会バンコク、日本と都会と同じくコンクリートジャングル。
でも折角だから、植物のトロピカル感も味わいたい。

幸い宿泊しているソフィテル前には広大なルンピニ公園が広がっています。
a0275945_1025894.jpg

デモが起きたらすぐに集会場所になってしまいますが、今は平和そのもの。



目の前のラマⅣ世通りを渡ります。
a0275945_1026813.jpg




ソフィテルの周囲は本当に殺風景な街並みです、お店も少ない。
a0275945_10254548.jpg




道を渡るとすぐに入口。
a0275945_10254788.jpg




早朝の利用が1番多いこの公園。9時過ぎには人もまばらです。
a0275945_10255974.jpg




a0275945_1026991.jpg




とりあえず池の方に向かうと…朝から仮眠(笑)
a0275945_1026339.jpg




こちらはガッツリ睡眠…タイ人何処でも寝ます。
a0275945_10263567.jpg




ココヤシが沢山植えられていて、南国を実感。
a0275945_1027796.jpg




いきなり公園名物の大トカゲ発見!
a0275945_1027311.jpg




デカ過ぎる、軽く1m超えてます…
a0275945_1027265.jpg




大人しそうなので近寄ると、池へ逃げて行きました。
a0275945_10273362.jpg




スワンボートは30分40バーツ。誰か連れが居たら乗ってたかも(笑)
a0275945_10274234.jpg






公園越しに、泊まっているソフィテル・ソを。
a0275945_1029425.jpg




外観からこだわったデザインですね。
a0275945_10283435.jpg




私が泊まっていた部屋はここです。
a0275945_10285637.jpg







公園内は赤い花が咲くマメ科の木があちこちに。大きな鞘状の実が垂れ下がっています。
a0275945_10291514.jpg

BTSでラチャダムリからサラディーンに抜ける時も鮮やかな赤い花が見えて、あぁ~南国だなと嬉しくなります。



あまり歩き回ると日焼けするし疲れるので、そろそろホテルへ戻りましょう。
a0275945_10311741.jpg




中国風の東屋ではおばあさんが寛いでいます。
a0275945_10311263.jpg




花も綺麗、公園も良く手入れされています。
a0275945_10322623.jpg




おっ!子猫発見。
a0275945_10315474.jpg




植え込みに逃げたのをおびき出します。
a0275945_10321255.jpg




2匹出て来た~♪
a0275945_10323652.jpg




か、かわええ…
a0275945_1033445.jpg




と撫で回していると、いきなりじゃれ始めました(笑)
a0275945_10324345.jpg

猫と戯れていると地元のおじいさんが何か話かけて来ますが、タイ語なのでまったく理解出来ず…



公園には有名な屋外ジムも。 『タイの公園では筋トレしている人が沢山』 みたいなナレーションで、
小さい頃からテレビで何度か見た事があります。外なのに鏡があるのも凄いですね。
a0275945_10333458.jpg

ホテルのジムもあるのに、マシンの使い方がわからない私。でもここはバンコク、パンプアップしておきたい(秘)
ということでここで懸垂していきました。地元の常連達に白い目で見られたのは言うまでもありません(笑)



のんびりお喋りに興じる地元のおばちゃん達。
a0275945_10361545.jpg

毎週、いや毎日集まってるんだろうな。こんな素敵な公園が近くにあって羨ましい。



南東側の入口には、国王の誕生日記念に日本から送られた彫刻がありました。
a0275945_10364934.jpg

今回散歩したのは南東側の1/4程度、他の場所ではまた違う発見があるのかもしれません。


南西側の入口付近では朝市場が立つし、夜はラチャダムリ通り沿いに屋台も出ます。

近くにお泊りなら一度は足を運んで欲しい場所です。
(※夜の公園内は危ないらしいので注意です。)
[PR]

by soiconvent | 2014-08-26 09:01 | バンコク 2014.8

ソフィテル ソ バンコク 宿泊記⑤



ソフィテル・ソ バンコクの目玉のひとつといえばプール。10階のフィットネスフロアに向かいます。
a0275945_17565710.jpg




受付を済ませロッカールームへ。部屋から水着に着替えてダイレクトにプールへ行く事も出来ます。
青いライティングが印象的。
a0275945_17572858.jpg




しかしここのロッカー・シャワールームが・・・材料はある程度良いもので仕上げられているのにメンテ状態がとても悪い。
a0275945_17574492.jpg

ロッカーは汚れや傷が目立ち、シャワールームの扉には鍵が外れた穴の跡がそのまま。



飾ってある花もフェイク。それならいっそ無い方がこのホテルの雰囲気には合っています。
a0275945_17583680.jpg




気を取りなおしてプールへ。
a0275945_17584475.jpg






こちらもまた素晴らしい眺め!
a0275945_180132.jpg




ルンピニ公園側に突き出したプールのエッジ、そして公園の緑越しに広がる高層ビル群。
a0275945_1811198.jpg

シンガポールのあのホテルはプールの縁まで行かないと景色は見えにくいですが、
こちらはチェアに寝ころぶだけで素晴らしい景色が楽しめます。



ただしプール沿いのチェアは正面右半分の8席のみ、そのうち2つは奥の木陰の下。
a0275945_1802655.jpg




思いきり景色を楽しむ為のチェア争奪戦は厳しそうです。
a0275945_1813113.jpg




午前中の方がチェアの空き率は高めです。午後は本当に混雑します。
a0275945_180588.jpg




まぁ確保出来ても、このプールにはパラソルが無いので今度は日焼けとの戦いが・・・
a0275945_1812037.jpg






正面左側はカフェバーがありますが、こちらで注文せず寛いでも良いみたいです。
喫煙席になっていたので、タバコを吸いに来る人もチラホラ。
a0275945_181364.jpg




プールサイドから内側にはこんなシートや(あんまり寛げ無さそう)。
a0275945_1815531.jpg




日焼けの心配無用なソファシートも、ただ眺めとムードは激減します。
a0275945_182796.jpg

基本、プールサイドは狭いしチェアは少ないし、その割にゲストで常に賑わっているし、
バンコクの老舗ホテルのプールに慣れている方には辛いでしょう。

『Let's Poolside party Yeah!!』 みたいなノリで行くのが一番相応しいかと・・・なんのこっちゃ(笑)



東端にはジャグジーもあります。
a0275945_1833931.jpg




プールの巾は5m程度、長さは25m程度でしょうか。
a0275945_1823771.jpg




10階とさほど高くないのに、ロケーションとレイアウトのせいか開放感は抜群です。
a0275945_1843236.jpg




フロートマットは早いもの勝ちです。気持ちよさそう~♪
a0275945_18265542.jpg




ただこちらも落下防止のガラスは汚れたまま。
a0275945_1842266.jpg

そして水が濁っています、さらにタイルの目地から黒いゴミが浮いてきて(カビ? 目地?) ところどころに浮遊しています。



最終日にようやくプール際の端のチェアをゲット♪ 雰囲気をお伝えする為なのでスネ毛スルーでお願いします(汗)
a0275945_18102767.jpg




撮影が終わったらそそくさとミイラ状態に(笑)
a0275945_18124676.jpg

ウォータープルーフの日焼け止めは落としにくくて面倒だし、最近日焼けの乾燥が酷くて・・・
以前軽蔑の眼差しで見ていた、海外リゾートのプールサイドでタオルを被る日本人女子の気持ちがわかりました。




滞在中3回プールに入りましたが、噂通りG率が高い。それとアジア系は圧倒的に韓国人カップルが多かったです。
しかも男女共なかなかオシャレでスタイルのいい人ばかりで・・・
a0275945_18234543.jpg


おっ! カッコイイGが1人でプールサイドに♪ と思ったら、後からさらにイケメンの彼氏が合流してきました。
1階のチョコレートショップでも、仲良く買い物するオシャレで小ざっぱりした風貌のGカップルが。

正直、1日目・2日目は結構落ちこんでいました。
ストレートカップルだとなんとも思いませんが、同じフィールドに立つ彼らを見ると羨ましくて。

向こうはオシャレなホテルでイケメンの彼氏と、自分は1人でシコシコ写真撮影・・・む、虚しい(泣)

しかしバンコク、しかもホテルのあるシーロム・サトーンエリアはG天国。それなりに気分を回復させました(秘)
[PR]

by soiconvent | 2014-08-26 09:00 | バンコク 2014.8

ソフィテル ソ バンコク 宿泊記④



今回予約のプランは朝食付、7階の 『Red Oven』 へ向かいます。エレベーターホールには鹿のオブジェ。
a0275945_1391124.jpg




他にもダークな空間に少しキッチュな置物が配されて、いかにもデザイン系ホテルといった感じです。
a0275945_139314.jpg




a0275945_1394122.jpg




中に入りましょう。
a0275945_13115878.jpg




こちらは丸々1フロアがひとつのレストラン、天井が高いルンピニ公園側の広めのスペースや。
a0275945_13113332.jpg




a0275945_13114652.jpg




a0275945_1313961.jpg




屋外のテラス席。気持ち良さそうですが東向きなので朝は日差しが厳しいかも。
a0275945_13121478.jpg




エレベーターホール脇の細長いスペース。
a0275945_13124124.jpg




ハイカウンター。
a0275945_13125575.jpg




南側の窓が無いダークな席まで、色々な空間がありテーブル数は相当な数がありそうです。
a0275945_13131865.jpg




エレベータ南側のこの部分にはほとんど人がおらず・・・まぁ相当ブッフェ台から離れますからね。
それにしてもミックス感満載の今っぽいインテリア。
a0275945_1315535.jpg




a0275945_1316978.jpg



ただ席数が多いせいか、連日ゲストがあちこち歩きまわり、
さらに多めのスタッフが常に忙しく通路を行き交っていて相当なせわしなさがありました。


まずはコーヒー or ティーの注文と、こちらはジュースがオーダー制です。
オレンジ・グァバ・スイカ・・・他全5種類程度だったと思います。

市場をイメージしたようなビュッフェカウンターは、演出も賑やかで種類も豊富。
a0275945_13165065.jpg




a0275945_13171731.jpg




ホットミールはこちらもウェスタン&中華が中心。
a0275945_1318578.jpg




a0275945_1318317.jpg




a0275945_13185189.jpg




a0275945_1320588.jpg




エッグステーションは中央のカウンター横に、自分のテーブルの番号札を渡してオーダー。
a0275945_13191569.jpg

注文が沢山入っててんてこ舞いな様子でした。フランス人らしきマネージャーの指示の口調が怖いのなんの・・・


ヌードルステーションはなぜか全てセルフ(笑) そして麺は極細。
a0275945_13193777.jpg

『どのくらい茹でればいいの?』 と厨房スタッフに聞くと 『1~2分ぐらい』 だそうです。





コールドミールのカウンターです。
a0275945_13203544.jpg




a0275945_13204524.jpg




プレートに手書きでメニューが書いてあるのが、あたたかみを感じる演出ですね。
a0275945_13223445.jpg




ありきたりなスモークサーモンだけでなく、白身の魚やレッドスナッパーの切り身も。
a0275945_132329.jpg

トライしてみましたが、サーモンだけでいいかも(笑)



サラダカウンターには、タイ料理の和え物もありました。
a0275945_13222580.jpg




フルーツも種類豊富。
a0275945_13395446.jpg

しかし東南アジアでもマンゴーやマンゴスチンを朝食に出すホテルは少ないんですね。
こちらも見当たりませんでした、自分の中ではこれら2つが提供されていると 『良いホテル(笑)』





パン・デニッシュ類もなかなかの充実っぷり。
a0275945_13224579.jpg




a0275945_13241297.jpg




ディスプレイもかわいいですね。
a0275945_1323454.jpg




パンプティングにワッフル・パンケーキです。
a0275945_132473.jpg




作り置きですが、タイミングが合えば出来たてを食べられるかも!?
a0275945_13252811.jpg




そしてこちらでは朝食ブッフェでアイスクリームも食べられます!朝食ならパンケーキに添えても美味しそう。
a0275945_13244032.jpg






一日目は窓際の席でした、本当に良い眺め♪
a0275945_13252683.jpg




a0275945_13253663.jpg




ああ~素敵な空間♪ と上を見上げると、半スケルトン天井の格子にはホコリがビッシリ・・・
a0275945_132622.jpg

やはりデザイン優先で、メンテやランニングコスト度外視な部分が散見されます。




一日目はアジア系メインで攻めてみました。
a0275945_1327318.jpg




ヌードルのスープがものすごく薄いので、調味料やらパクチーをいっぱい入れたら美味しくいただけました。
ホットミールカウンターにあるローストポークを入れても美味しいですよ。
a0275945_1326317.jpg




フルーツ類に、コーヒーのお伴のデザート類。
a0275945_1327589.jpg




カプチーノが熱々で美味しかったです、明日も楽しみ♪
a0275945_13271533.jpg





二日目は通路っぽい席でした。この日はウェスタン系で肉祭り(笑)
a0275945_13273881.jpg

ジュースはマンゴーに、フルーツビュッフェから取ったパッションフルーツを入れてみました。
日本では贅沢なトロピカルジュースもタイなら簡単にいただけます。



エッグベネディクトをオーダーしましたが、濃厚さ・まろやかさが感じられずイマイチ。
オランデーズソースが酸っぱ過ぎたかな・・・??
a0275945_13275266.jpg



〆にカプチーノとアイス、パッションフルーツと・・・ドリアン味にトライしてみました。
a0275945_1328309.jpg

これがもう・・・ミルクアイスに軽く塩味を付けた玉ねぎのペーストを練りこんだような味で臭い!
急いでカプチーノを飲むも今日は異常にぬるい!

もう二度とドリアンと名のつくものは口にしないと誓ったのでした。


ドリアンは・・・でしたが、料理自体はどれも一定のクオリティは保たれていると思います。
種類も豊富で演出も賑やかなので、数日の滞在なら楽しめそうです。
a0275945_13291876.jpg

[PR]

by soiconvent | 2014-08-25 09:00 | バンコク 2014.8