ひねくれ〇の旅日記

<   2014年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧


クリフサイドスイーツ 宿泊記①


天気も曇りがちだし、午前中に楽しみにしていた洞窟風ホテルに移ってしまおうとベルヴェデーレスイーツをチェックアウト。

その時機内に置き忘れたコレスのトイレタリーの相談をしましたが、空港の遺失係が電話に出ないとの事。
『次のホテルで頼んでみて』 と、番号を控えて渡してくれます。

一昨日間違えて今日のホテルのバウチャーを渡していた事を覚えてくれていて、

『今日はクリフサイドスイーツに泊まるんですよね。すぐ移動します?
同じ経営だから、荷物はスタッフが運んで案内しますよ。』

との事。昼間勤務のフロントのおじさんホントに気がききます。



ポーター君に案内され、クリフサイドスイーツへ。

昨日から何度も何処にあるか探していて、結局見つけられなかったんですが。

フィロステファニの商店街の真ん中、昨夜行ったイタリアンの前が入口でした。看板小さい(笑)
a0275945_10164020.jpg




階段を下りていくと…
a0275945_9114976.jpg




a0275945_9111622.jpg




エントランスが現れました。
a0275945_9121586.jpg

横の小さなフロントでチェックイン。

念の為、部屋のレイアウトや洞窟のアーチ具合が気に入って予約したトリプルルームに通されるのか、
画像を見せて確認します。


すると担当した女性スタッフ、『違うわ、あなたはダブルルームよ』 と言うではないですか。

『トリプルルームを予約したんですけど…』 と言うと、

『それはスイートルームよ、あなた1人でしょう?』 と…

『この画像はスタンダードなトリプルルームとしてホームページに出ていたし、バウチャーもあります!』

と、予約した内容を見せると

しぶしぶ、『わかったわ…今から準備するから直ぐには案内出来ないけど…』 との事。


1時間程フィラタウンを散歩して戻りますと伝え、戻って来ました。
自分のスーツケースはまだフロントに置かれたまま…あれ? まだ準備してない??
と思ったらまだ運んでいないだけでした。



フロント前の屋外ラウンジ、ラタンのソファが可愛らしいですね。
a0275945_9173237.jpg




通路や建物は綺麗に塗装されていて、これぞサントリーニのホテルと言った印象。素敵です♪
a0275945_9141973.jpg




a0275945_9142190.jpg




『予約通り、あの素敵な洞窟風の部屋に泊まれるんだ♪ 』 とうきうきして案内された部屋の入口は…


え・・・? 窓から海が見えない半地下!?
a0275945_9151578.jpg


チェックインからこのアプローチまでの流れが、ここでの滞在の全てを暗示していました。

最近それなりに宿泊費のするホテルは、真剣にホテル選びを行っているつもりですが、こんなに失敗したな…と思ったホテルは初めてでした。
[PR]

by soiconvent | 2014-05-31 09:00 | ギリシャ 2014

サントリーニ3日目 1/4 ~ フィラ探索①


3日目の朝は昨夜から続く霧と風が続いていました。

準備中の朝食会場から紅茶を持ちかえり部屋のバルコニーで目覚めの一杯。
a0275945_15554882.jpg




朝食の料理が揃うまでヒマなのでとりあえず散歩。
a0275945_15563995.jpg




日課になりつつある、教会ウォッチングも今日は真っ白…
a0275945_15561265.jpg




8時にホテルへ戻ります。
a0275945_155719.jpg


風も強く天気も悪いので、ホテル朝食は皆庇のある半屋内で食べています。

満席だったので外でさっと済ませましょう。2日目は好きなものだけ・・・やっぱ脂モノって美味しい(笑)
a0275945_1556478.jpg




プール越しのポーター君も、
a0275945_15581186.jpg




隣のホテルの人影もぼんやり…どんだけ霧濃いんだか。
a0275945_1558236.jpg



中で食べてる人達の迷惑にならないように、気を遣って扉を閉めていた自分。

それを見ていた筈なのに、隣に居たK国人カップルは扉開けっぱなしでテーブル移動してしまいました。
a0275945_15584982.jpg

一部のこの国の人達を見ると、近くて遠い国だなぁ…と実感します。



部屋からの眺め、真っ白な光景にパープルとブルーの服装が爽やかでパチリ。
a0275945_15595251.jpg




しばらくすると急に霧(雲?) が引きはじめました。崖沿いのこの現象は本当にダイナミック。
a0275945_1602639.jpg





お昼前にベルヴェデーレをチェックアウト、歩いて次のホテルに 『クリフサイドスイーツ』 にチェックイン。

予約した部屋でひと悶着あってすぐ入れないとの事。1時間後に戻ると伝え、
本来なら明日巡る予定だったフィラタウンをさらっと流しに行きます。

海沿いのフィラに向かう道には猫をよく見かけました。
a0275945_161318.jpg




おお~近づいてきた、人懐っこいのぅ・・・
a0275945_161124.jpg




とおもったらもう一匹♪ かわええ~ (私は猫を見ると人格が変わりますw)
a0275945_1612494.jpg




でもコイツには引っかかれてしまいました、茶トラはいつでも大人しかったんですが。
a0275945_1614068.jpg




通りからのぞく、他のアコモも気になりますね~
a0275945_162366.jpg





フィラタウンが見えて来ました。
a0275945_1615760.jpg




イアに比べ雑然とした印象ですが、町も大きいし崖の上のスケール感はこちらの方が良く出ていると思います。
a0275945_1625081.jpg




町に入りました。
a0275945_163229.jpg




うわさ通り、雑然(笑)
a0275945_1631290.jpg




サントリーニ最大の町だけあって、どこを通っても曲がってもお店が並びます。
a0275945_1632493.jpg




楽しいリゾートタウンに間違いはありませんが、サントリーニらしいかと言われれば・・・
a0275945_1633520.jpg




余程目当てのものが無い限り、海外では買い物に興味無い自分なので、(日本では外出中の大半が買い物ですがw)
a0275945_1635022.jpg

島最大の町でもあっという間に見終ってしまいました(笑) 明日半日かけてまわるつもりだったのにどうしよう・・・


町の南部、崖沿いの通りを歩きます。
a0275945_164644.jpg




崖沿いのホテルは斜面沿いに客室が配されているので、エントランスがシュールなどこでもドア状態。
a0275945_1642948.jpg



こちらはレストランでした。入口は見えても中は空(笑)
a0275945_164389.jpg




私が泊まっているフィロステファニも向こうに見えます。さらに向こうはイアの町。
a0275945_165065.jpg

フィラ~フィロステファニは画像で見るより近くて、ゆっくり歩いても15分程です。



フィラ大聖堂前の広場です。真っ白な大聖堂とホテルが爽やか。
a0275945_1652081.jpg




内部のイコン壁画が素晴らしいんですが、ここも撮影禁止です。入口だけ・・・
a0275945_167299.jpg




『イアは素敵、フィラはイマイチ』 との感想を聞きますが、イアが素敵過ぎるだけで
こちらもなかなか素敵な町ではないですか。それぞれに特徴があって私はどちらも好きです。
a0275945_1664135.jpg

もちろん滞在しているフィロステファニも♪ 滞在時間が1~2日の方は、迷わずイアをオススメしますが・・・




この島にもだいぶ慣れてきたし、帰りは裏道を通ってみましょう。
a0275945_1673837.jpg




いきなり素敵なパティオのある建物が。
a0275945_167142.jpg




いかにも南欧ですね~
a0275945_168489.jpg




a0275945_1673382.jpg




奥はお土産屋になっていました。
a0275945_1682360.jpg




フィラ~フィロステファニ間の裏道もなかなか素敵。
a0275945_1675851.jpg




2年前行ったイタリアのアマルフィに似ています。
a0275945_1685023.jpg

お土産屋台が並んでいた通りもすぐに終わり、民家やB&B・駐車場が並ぶ本当の裏道。


フィロステファニ広場の教会が見えて来ました。結構早かったな~
a0275945_168296.jpg

今度はこちらからフィラに行ってみましょう。

ネットやガイドブックだけでは見る事の出来ない風景を体感出来る事で、旅のリアリティを感じます。
[PR]

by soiconvent | 2014-05-30 09:00 | ギリシャ 2014

サントリーニ2日目 5/5 ~ 不思議な夜と 『 IL Cantuccio 』



夕日が有名なイアでしたが、この日はシービューの部屋に宿泊。部屋から夕日を眺める事にします。
a0275945_11491492.jpg

薄曇りで太陽が見えないけど…



ミニマートで買ってきたレモンビールを飲みながら様子を見てみましょう。
a0275945_11494672.jpg

アルコールに弱くなった自分、旅先で酔って行動出来なくなるのは避けたい。でもジュースは甘過ぎる…ので、
アルコール度数2パーセントのこのビールは最適でした。ギリシャ滞在中3回飲みました。



ベランダのチェアに腰掛けて、夕日が沈むのを待ちます。
a0275945_11501461.jpg




おっ、いい感じの空になってきました♪
a0275945_11512091.jpg




と思ったら、今度は陸側から厚い雲が…
a0275945_11502960.jpg




海まで覆い始めました、あぁ~今日の夕焼けは無理だな。
a0275945_11504866.jpg

しかし、頭上では無く目の前で起こる自然現象は面白い。サントリーニは町の景観だけでなく、大自然も体感出来る島です。




『夕焼けも見れなかったし、疲れてるから少し仮眠取るか』 と20時頃ベッドに入ると…

目が覚めたのは23時。ヤバい、晩飯食べないうちに店が閉まる!


アテネなら深夜までやっているレストランがありますが、ここはリゾート島の町外れ。しかもミドルシーズン。
急いで外に出てみます、今夜は霧が深いし風が強くて変な天気。
a0275945_115310100.jpg

23時過ぎなので誰も歩いてないし、ちょっと怖い…


といいつつ、ライティングの美しい建物はつい撮影してしまう自分。
a0275945_1153226.jpg




開いてる店に入るのが先でしょーが(笑)
a0275945_11533259.jpg




眺めの良いレストランは開いていましたが、寝起きの1人飯でそれは辛いし…
a0275945_1203778.jpg




という事で、滞在中一度は行こうと思っていたイタリアン 『IL Cantuccio』 に。
a0275945_11545742.jpg

オープンアワーは13-15 18-24時と店先にありましたが、屋外席も店内もひっそりとしています。

店に入って、『ディナー出来ますか?』 と聞いたら、もちろんと店内に通されました。この時点で23時半前。

フィロステファニの商店街の中にあるので海は眺められませんが、洞窟風のかわいらしい店内。
a0275945_11554688.jpg




まわりはロマンチックなホテルばかりなのに、こんな遅い時間に1人東洋人が入って来るものだから、
賄い食べてた店員さんから不思議そうに見られてます(笑)
a0275945_11552453.jpg




美味しそうだったシーフードパスタをオーダー(11.5ユーロ) と白ワイングラス (3ユーロ) をオーダー。
a0275945_11561915.jpg




ムール貝、アサリ、イカ、エビが入って量は多め。パスタはトマトソース。トマトの風味は薄めだしムール貝は小さいけれど、麺はアルデンテだしアサリは大ぶりで美味しい。11.5ユーロでこの内容なら大満足です。
a0275945_11562622.jpg

閉店間際なのと、空腹のせいか夢中で食べました。こういう店ならのんびり味わいたいところですが、30分で店を出ました(笑)

サントリーニの中ではリーズナブルな価格だし、ギリシャ料理に飽きたらこんな店もいいかもしれません。

私は昼にもう一度訪れて他のメニューも試してみたかったんですが、開店時間に予定が合わず…
パスタが美味しかったので好印象です。

今夜はもしかしたら晩飯食いっぱぐれるかなと心配でしたが、美味しい料理にありつけて良かったです。


帰りは一層霧が濃くなって・・・うたた寝してたのもあるけれど、それにしても不思議な気分になった夜でした。
a0275945_11571739.jpg

[PR]

by soiconvent | 2014-05-29 09:00 | ギリシャ 2014

ベルヴェデーレスイーツ 宿泊記⑤


2泊目は約束通り、シービューの部屋に替えてもらいます。

朝~夕方担当のフロントのおじさん、見た目は厳つく無愛想に見えますが
私が1泊目の内部屋のキーを返す為、接客が終わるのを後ろで待っていると

『Mr.◯◯、今日は部屋替えだよね。荷物は移動させとくから』 と
接客中にもかかわらず鍵を素早く受取ります。

覚えにくいであろうアジア系の私の名前も覚えてくれているし、毎回こちらの意図をちゃんと読んでくれています。

さて、待望の海側の部屋です。
a0275945_1185157.jpg




入ってすぐに10㎡程のリビングとクローゼット。
a0275945_119629.jpg




振り返って入口側のアングル。
a0275945_1193964.jpg




このホテル、洞窟風では無いですが天井と壁の境目が全て曲線です。
こういった小さなディティールの違いが、インテリアの印象を大きく変えます。柔らかい雰囲気が演出出来て素敵です。
a0275945_1192847.jpg



大きなミラーに2つのソファ、壁のレリーフも素敵ですが内側なんで暗い・・・昼間は特に。
照明が、わずかに差しこむ日光に負けています。夜はムーディー(笑)ですが。
a0275945_1110190.jpg




しかしTVが無いし外は見えないし、ここで寛ぐ事はありませんでした。クロークルームと思えば大変贅沢な空間です。
a0275945_11101788.jpg




クローゼットです。こちらのセーフティボックスは壊れていませんでした。ドライヤーもあります。
前日の内部屋はなんだったのでしょう? 上にあるのはヨガマットでしょうか?
a0275945_11103253.jpg





ベッドルームです、こちらは12㎡程。
a0275945_11104952.jpg




a0275945_1111117.jpg




a0275945_11111077.jpg




レザー貼りのヘッドボード、ランプはちょっと色が剥げてる所があるけれど素敵です。
a0275945_11112261.jpg




こちらの部屋も額縁は傾いてます(笑) ホテルも今までの客も・・・これでいいの? ねえ!?
a0275945_1113171.jpg




デスクまわり、今回はリモコンもありました。
a0275945_1111395.jpg




前日の部屋には無かったキャンドルも。スパのインフォメーションが置いてありますがよれよれ(笑)
もうちょっと厚くて良い紙使いましょうよ。もしくはラミネート加工とか・・・
a0275945_11134117.jpg




冷蔵庫内のミニバーです。
a0275945_1113575.jpg




ギリシャの中級ホテルは何処でも、水だけはスーパーと同じ価格です。
ありがたいのか、1本ぐらい無料じゃないのかと悩むところ。
a0275945_11142126.jpg

ちなみにロマンティックを堪能する島なので、近所の小さなスーパーでもワインは沢山置いてあります。
モエなんかのシャンパンもあったような・・・




そして、今日はシービュー♪ 窓が多くて明るい!
a0275945_11144498.jpg




a0275945_1114536.jpg




うわ~素敵な眺め! これぞサントリーニのホテルです♪
a0275945_1115948.jpg




a0275945_11151799.jpg



風が強くて砂埃が舞っているので椅子やテーブルがザラザラしていたり、
椅子が意外に低くて座ると手摺が邪魔だったりはするんですが(汗)
a0275945_11153682.jpg




とにかく全部白っぽく・・・がサントリーニのホテルのトレンド。高級になるにつれその度合いは高まります。
a0275945_11154192.jpg




ちなみにプールサイドから見た私の部屋位置は青線で囲った部分です。
上階のベランダは手摺がガラスなので景色もバッチリでしょう。
a0275945_1116579.jpg





最後にバスルーム。リビングとベッドルームの間にあります。
a0275945_11161328.jpg




シャワーブースの仕切りが素敵! 明るさが昨日と全然違う・・・
a0275945_11163042.jpg




洗面台のデザインは昨日と同じです。
a0275945_11163944.jpg




a0275945_11165418.jpg




a0275945_11165758.jpg




シャワーブースは一部すりガラスになっていて明るいです。
a0275945_11171352.jpg




レインシャワーもあります、レインの水圧は弱めでした。
a0275945_11171964.jpg




ハンドシャワーは水圧バッチリ。
a0275945_11173551.jpg




細かいツッコミどころはありますが、広さ・雰囲気・備品状態全て、前日泊の内部屋とは雲泥の差がある素敵な部屋でした。
a0275945_11174226.jpg

これで料金が同じ (どちらも2万ぐらい) なんてどういう事でしょう!?

宿泊時に今のレートを確認すると、GW期間中は何故か20万! に跳ね上がっていました。
スイートしか空きが無かったのかな??

2月の時点でシービューの部屋は満室だったので、早めの予約をおすすめします。
シービューの部屋なら、このインテリアと設備・あの素敵なプールで1部屋2万はかなりお得だと思いました。
フィロステファニのバス停や商店街からも近いし景色も素晴らしい。

もし再訪する機会があればリピート確実です。シービューなら(しつこいw)
a0275945_11193366.jpg

[PR]

by soiconvent | 2014-05-28 09:00 | ギリシャ 2014

サントリーニ2日目 4/5 ~ タベルナ カティーナのランチ


そろそろランチへ向かいましょう。

ホテルもレストランも高いイアの町、要塞跡から階段を下りた 『アームディ港』 沿いのレストランは
安くて美味しいとの話を聞いたので行ってみる事に。
a0275945_13211910.jpg




上から見るととんでもなくキツそうな坂道ですが、行ってみましょう。
a0275945_13212579.jpg




下りは楽なんですが、下りるにつれて地面に落ちたロバの●●が増えていく・・・
a0275945_13214538.jpg

最初は避けながら歩いていましたが、港に近づくにつれどんどん足の踏み場が無い程●●だらけになり、
最後は諦めて乾燥している部分を選んで歩く事に(笑)

町の裏側から車で行ける道路もありますので、どうしても●●を避けたい方はそちらから行くか
ロバに乗っちゃいましょう。


段々港が近づいて来ます。
a0275945_1323320.jpg




a0275945_13231357.jpg




ここを通る観光客はまばらですが、沢山のロバが待機しています。
a0275945_13221167.jpg




こんな炎天下の下に長時間晒されているのは大丈夫なんでしょうか?
a0275945_13241112.jpg




みんな尻尾をフリフリ。以前サントリーニでロバに乗ったら、尻尾が当たって●●が付いたという話を聞いたので、
急に避けたら脇の石垣に手をぶつけ擦り剥いてしまいました。もうアドベンチャーゲームみたいです(笑)
a0275945_13234512.jpg




a0275945_13235969.jpg






アームディ港に着きました! 小さな漁港のようです。
a0275945_13254378.jpg




a0275945_13353448.jpg




そこに2~3件、大きめのシーフードレストランがあります。
a0275945_1326531.jpg




海が綺麗♪ サントリーニの岩場は赤いか黒いのに、何故青く輝いているんでしょう?
a0275945_13265094.jpg




お目当ての 『タベルナ カティーナ (Taverna Katina) 』 を見ていると、ウェイターが気さくに挨拶して来ます。
a0275945_1329255.jpg

岸壁沿いのテーブルを選んで座ります。

メニューは豊富で、シーフード以外にもギリシャ伝統料理もあります。

せっかくなので魚でも・・・と思いましたが、なんと量り売り。値段が読めない(汗)
※あとで調べると、目の前で魚を選べて量や値段も教えてくれるらしいです。

ギリシャって島が多いし南欧だし、新鮮で美味しい魚が安価なイメージですが、

ギリシャ人基本肉食らしいので、シーフードは結構高いのです。
どのレストランやタベルナでも、魚のグリルは20ユーロ以上します。


まずはギリシャ郷土料理のセミドライトマトのフライ(7ユーロ)
a0275945_13305131.jpg

これが本当に美味しく新鮮な味! セミドライトマトと香草(多分バジルかな) に
小麦粉を絡めて揚げたもの。揚げ物なうえに量は多過ぎたけどなんとか完食。

魚は絶対美味しいだろうけど、多分焼いて塩コショウ・オリーブオイルをかけただけでしょう。
3000円近くそれに払うなら、地元博多でもっと安く食べられる・・・と

日本ではなかなか食べられないムール貝のグリル(9ユーロ) をメインにしました。
a0275945_13323062.jpg

この店のシーフードは基本炭火焼きです。
レモンバターソースがかかっていて、漁港のレストランにしては予想外に洗練された味付け。

2年前カプリ島で食べたムール貝の美味しさが忘れられず(旨味とみずみずしさしか無い味でした)
その後日本で食べるもどこもイマイチ。

昨年のスイス、今回のギリシャと欧州なら本場だから美味しいはず! と期待して注文しますが、
今回も美味しいけれどカプリ同等とはいかず・・・もしかして貝の種類違う!?

こちらがカプリ島で食べたパスタの具に入っていたムール貝。
a0275945_13502859.jpg




美味しい料理に冷えた白ワイン、目の前は海、頭上にはためくギリシャ国旗(時々顔に当たるけどww)
a0275945_13334032.jpg




まさにエーゲ海のバカンス♪
a0275945_133354100.jpg

と同時に、1人で日本から直行便の無い国の離島に来て、
こんな小さな漁港のレストランに出掛けて飯食ってる自分自身が面白い。数年前に比べて随分旅慣れてきたものです。

こんな所でもレストランの無料WIFIは使えるので、友達に料理の画像を送ります。

スタッフはフレンドリーだし、料理は美味しいし、おそらく席に着いたと同時に出されるミネラルウォーターの
ペットボトルは無料だと思います。とても良いレストラン。

帰りの崖の坂道の上りはキツイですが(そしてロバの●●も)
a0275945_13345332.jpg


飛行機でサントリーニに来て、崖上からの風景しか見ていない方には
海面からの風景を眺めながらの食事も新鮮でオススメです。
[PR]

by soiconvent | 2014-05-27 09:00 | ギリシャ 2014

サントリーニ2日目 3/5 ~ 昼間のイア探索②



1956年の大地震でほとんどの建物が倒壊してしまったサントリーニ島。
a0275945_1037876.jpg

現在の町並みはそれ以降のもの。しかも伝統的な町並みと思われた崖沿いに重なる建物達は
ほとんどホテルかレストラン・お土産店、そして教会。

洞窟のようなホテルも、天井をコンクリートでドーム状に覆った 『洞窟風』 です。


ほぼテーマパーク化しているようで 『作り物っぽい』 という人も多いけれど、景観が美しい事に変わりはありません。
a0275945_10373315.jpg




かわいらしい店構えや。
a0275945_1038788.jpg




a0275945_10573891.jpg




通りのあちこちに居るおとなしい犬や猫たち。
a0275945_1038191.jpg




a0275945_10382991.jpg




a0275945_10382585.jpg






要塞跡に着きました、昼間の風車がある町並みを撮影します。
a0275945_1039501.jpg




素晴らしい眺めなんですが、晴れているととにかく暑くて日差しが厳しい。長居出来ません・・・
a0275945_10401858.jpg


日焼け止めはSPF30を塗っても焼けてしまいました。こまめに塗り重ねないといけませんね。
屋外では面倒なので、つい朝出掛ける前に塗ったままです。



イアの町って崖沿いに結構長いんですが、画像奥(フィラ側) はほとんど超高級ホテルだけだと思います。
a0275945_10474452.jpg




相変わらず要塞跡近くのレストランは素敵。
a0275945_10411136.jpg






ちなみに、夕日鑑賞が終わった後や、時間によっては日帰り客で混雑する事があるイア発の路線バス。

本数が少ないので、5月は乗り遅れたら90分後とか、最終逃したらフィラまで20~30ユーロでタクシー
(しかもサントリーニのタクシーは30台ぐらいしか走って無いらしい) という心配も。


確実に乗車、しかも立ち乗りしない為のコツをお知らせ致します。(2014年5月現在の情報です)

まずは、イアのバス停がある広場です。片側にミニマートやギロピタ屋が並んでいます。
a0275945_1043784.jpg




そこのミニマート前に、バスが泊まります。分かってらっしゃる方はもうスタンバっています(笑)
a0275945_10425433.jpg

この建物前にぴったり横付けする事が多かったです。


バス停の標識と時刻表、有料トイレやATMがあるあちら側の方が 『バス停まるんじゃないの?』
的な雰囲気を出しているので、初めてイアをおとずれた人はあちら側に行列を作っていますが・・・
(実際あちら側に並んでいる人、結構居ますね)
a0275945_1044934.jpg



a0275945_10444270.jpg

バスは広場を転回したあと、ミニマート前に泊まります。

『私たち、後から来たのに悪いかも・・・』 なんて思っていたら立ち乗り or 夜は満席の可能性があるので、
ここは知っている者の特権として、しれっと乗って下さい(笑)

段差のきつい町を散歩したあと、カーブのきつい道をフィラ方面まで30分はキツイです。
もちろん、お年寄りや妊婦さんには席を譲りましょう。
[PR]

by soiconvent | 2014-05-26 12:00 | ギリシャ 2014

サントリーニ2日目 2/5 ~ 昼間のイア探索



2日目は朝から晴れ。
a0275945_9455344.jpg




今朝もホテル斜め上の教会を見に行きました。
a0275945_9454862.jpg



今日は、今回の旅行のメインイベント 『イアタウン探索』 に出掛けます。昨日も行きましたが、あれは下見(笑)

フィロステファニのバス停前広場です。
a0275945_9465999.jpg

ホテルの送迎者もタクシーも、工事車両も営業車もこの地区に用がある車は全てここに集まります。



イア~イメロヴィグリの町の裏側は大体こんな風景です。
a0275945_9471450.jpg







イアに着きました。
a0275945_9473074.jpg

内部は撮影禁止ですが、外観は爽やかでかわいらしいサントリーニの教会、
内部はどこもイコンの壁画で埋めつくされております。外観とのギャップが凄いです。



今日は教会広場からフィラ方面の通りを歩いてみます。
a0275945_9495269.jpg




こちら側は所々海方向に視界が開いているので開放的。
a0275945_950255.jpg




a0275945_9511714.jpg




ミコノス島の石とコンクリートの道と違い、目地の細い大理石貼りなので街並みがより一層爽やかに見えます。
a0275945_9502058.jpg




フィラと違うのはチープな土産物屋が少なく、レストランとジュエリーショップ・ブティックが多い事です。
a0275945_9505388.jpg




このアングル最高ですね、画像見てるだけでうっとり・・・
a0275945_953276.jpg






今度は要塞側に向かい、昨日見つけられなかったアングルを探しにこの路地へ入ってみます。
a0275945_9533082.jpg




やった! 見つかりました♪
a0275945_9541142.jpg




青いドーム屋根が重なって、建物もカラフル。
a0275945_954296.jpg

フィラと違い建物はどれも綺麗に塗替えられているし、建物が丸みを帯びているのでメルヘンチックな印象。



要塞跡から見る風車のある風景よりもこちらが好みです。
a0275945_9554555.jpg




飽きずに何度も撮影(笑)
a0275945_9561453.jpg


サントリーニに行く前は、旅行記ブログを探して見てみると

『何枚も似たような画像載せて・・・どれがどこだか、もうちょい厳選すれば?』 と思っていましたが、
いざ行くと、本当にごめんなさい。撮影・掲載が止まりません(笑)



このアングルから階段を降り進むと、
a0275945_9582481.jpg




上度は上り。
a0275945_9584692.jpg




途中トンネルを潜り・・・
a0275945_9585477.jpg




さらに階段を上がると、フィロステファニの教会と並ぶもうひとつの教会撮影スポット。
a0275945_9591834.jpg




こちらはブルー屋根にピンクの鐘の棟がかわいらしいです。
a0275945_9592872.jpg




ここの前では、マイレフ盤を持った白人ファミリーが撮影していました。皆さん気合い入ってるわ・・・
a0275945_1003543.jpg






イアは食事や買い物をしない限り、1~2時間もあれば見廻る事が出来る小さな町ですが、
a0275945_1004790.jpg




時間が無い方への撮影スポットの行き方の説明をしてみたいと思います。
a0275945_10273496.jpg




まずはイアスクエア (教会前の広場) から要塞跡へ続くメイン通りを50m程歩きます。
a0275945_1013825.jpg




こんな教会を通りすぎた角。
a0275945_102167.jpg




進行方向左手のこんな角です、地味です。
a0275945_102149.jpg




角の前にはジュエリーショップ。
a0275945_1022757.jpg




左に曲がって道を降りて行くとこの風景。
a0275945_10317.jpg




先程説明したようにさらに下りてトンネルを抜けて、今度は上がるとこの風景。
a0275945_1032862.jpg




メイン通に戻る角はこんな角です。
a0275945_1034021.jpg





気をつけたいのは、ついこんな魅力的な角を曲がってしまう事。
a0275945_1035325.jpg




前日はここを曲がって辿りつけませんでした。こちらからも素敵な風景ですが。
a0275945_1041069.jpg

とはいっても狭い範囲なんで迷っても距離は大した事無いです。
だた高低差があるので、足は疲れます。ゴム底でソールの溝が深いスニーカーやサンダル必須。

道がつるつるした大理石が多いので、革靴や溝なしソールだと滑りやすいので御注意を。
[PR]

by soiconvent | 2014-05-26 09:00 | ギリシャ 2014

サントリーニ2日目 1/5 ~ フィロステファニ探索


バスの待ち時間に、泊まっているホテルのあるフィロステファニを探索します。

バス停や駐車場のある広場には教会があります。
a0275945_1134554.jpg




その広場を右に曲がると、十数件程の店が並ぶ小さな商店街。
a0275945_1144334.jpg

小さいながら、ギリシャ料理・イタリアン・スイーツや軽食があるカフェ・ミニマート、
そして和食(店構えはスタイリッシュですが、何故かいつも客が少なめでした) と
日用品の買い出しと食事には困りません。

手軽に利用出来るギロピタサンド屋もありましたが、工事中でした。

ミニマートには天井に鳥籠が吊るしてあって、鳥のさえずりがお店のBGM。
a0275945_10581676.jpg

衛生的には問題ありますが、癒されますね~海外リゾートだから許されるというか・・・



商店街の中の路地を適当に海の方に降りてみます。
a0275945_1193480.jpg




この辺りは白い壁のホテルばかりです。
a0275945_11102493.jpg




このホテル、スタイリッシュなプールサイドですね。きっと宿泊料金もお高いんでしょう・・・
a0275945_11111548.jpg




ここは一部屋でこのプール!? 贅沢ですね。
a0275945_11114966.jpg




サントリーニは本当に教会が多いです。町中なら50m置きにひとつあるという感じ。
a0275945_1113253.jpg




a0275945_11132457.jpg




メインの通りに戻りました、ここにも教会。住人はそれ程多いとは思えませんが・・・
a0275945_11135072.jpg




こんなアートショップも。
a0275945_1114399.jpg




素朴ですがいちいち可愛い風景です。
a0275945_11153036.jpg




a0275945_11154054.jpg


景色を眺めながら歩いていればフィラもそう遠くないし、お土産の買い物が無ければこの町で十分過ごせます。
(ただ気軽に食事が出来るタベルナが見当たらなかったかな・・・)
[PR]

by soiconvent | 2014-05-25 09:02 | ギリシャ 2014

ベルヴェデーレスイーツ 宿泊記④



この日も朝6時には目が覚めました、とりあえず外に出てみます。
a0275945_11351871.jpg




朝は霧…崖の上だから雲の中?
a0275945_10391696.jpg




白い空間にプールの水色だけが浮かび上がる風景も幻想的ですね。
a0275945_1039289.jpg




a0275945_10394676.jpg




段々霧が引いてきました、落ち着いたブルーの風景も良いですね。結局何時でも美しいという事ですこの島(笑)
a0275945_10471720.jpg




朝食はプールサイドで提供されます。
a0275945_1040866.jpg


全ての料理が揃うのは8時過ぎから。
しかし、それより前に準備が出来た料理や飲み物を自分の部屋に持っていくゲストも。

部屋に無料のお茶やコーヒー、電気ポットが無いので、午前中だけがチャンスです(笑)

テーブルへの案内は無く、勝手にビュッフェ台から料理を取って好きなテーブルで食べるシステム。
片付けは昨日のポーター君でした。


サントリーニのホテルは余程高級でない限り朝食の種類は少なめ。

ホーットミールはスクランブルエッグ、ベーコンとソーセージ。
a0275945_10413287.jpg




グリークサラダセットにヨーグルト。ギリシャの伝統料理ドルマーデスも。
a0275945_10405360.jpg

実は、トマトとキュウリと生玉ねぎが嫌いな自分。グリークサラダなど、嫌いなものばかり集まった最恐のサラダです(汗)

本場なので、グリークサラダ以外の種類はあまり無さそう…栄養不足になるといけないのでマルチビタミンサプリを持参して行きました。


パン類、ギリシャ滞在中クロワッサンやデニッシュが出て来たのはここだけ。サクサクして美味しかったです。
a0275945_10425146.jpg




ドリンクはティーバッグのお茶 (種類多し)。 コーヒーにオレンジジュース。
a0275945_10425526.jpg





海沿いのテーブルで頂きます。なんて贅沢な空間でしょう!
a0275945_10433582.jpg




お米を葡萄の葉で包んだドルマーデス。元々葉っぱが発酵した香りが苦手な私は一回でいいかな~という感じ。
a0275945_10433422.jpg

実家が畜産・酪農地帯で、牛のエサ用に牧草を貯めるサイロがあちこちにあったので。
瓶詰めのバジルとか今回の葡萄の葉なんかは、私にとっては牛のエサの匂いなのです・・・



最後にコーヒー♪ と思いきや、あんまり美味しくない…
a0275945_10442722.jpg

昨日のジェラート屋の、立派なマシーンで入れたカプチーノもイマイチだったし。豆か違うのかミルクが合わないのか…

ともあれパンが美味しければ満足。ロケーションも素敵過ぎます。
[PR]

by soiconvent | 2014-05-25 09:01 | ギリシャ 2014

ベルヴェデーレスイーツ 宿泊記③


GW時期のサントリーニ、夜は日本と同じぐらいに気温が下がるので
(しかも崖沿いは風が強い) アウトドアで食事したり寛いだりは厳しいんですが、

夜のホテルも素敵だったので画像アップします。
a0275945_10181085.jpg




フロント前の屋外ラウンジスペース。
a0275945_10181659.jpg




そこから見えるプール。
a0275945_10183617.jpg




プールサイドに行ってみましょう。
a0275945_10184287.jpg




a0275945_10192545.jpg




素敵ですね~真夏ならナイトスイミングしてみたいです。
a0275945_10192746.jpg




a0275945_10194518.jpg




a0275945_10194821.jpg




通路も雰囲気ありますね、どこを切り取っても絵になります。
a0275945_10204154.jpg




a0275945_10204817.jpg



寝る前にどうしてもコーヒーが飲みたい・・・

今回はネスプレッソが置いてあるようなホテルには泊まらないので、
日本からKEYCOFFFEのドリップオンを持参していました。(インスタントはコーヒー認定しない主義)

しかし電気ポットがありません。近くのジェラート・ケーキ屋に 『Fresh Coffe』 の看板を見つけたので
入りました。閉店間際だったし、小さな店だったので部屋に持ちかえりました。

小さめのカップに入ったカプチーノ2.5ユーロ。
a0275945_10211069.jpg

大きなマシンで淹れていたので期待していましたがなんか薄いな・・・
どうも、ギリシャのコーヒーは自分の口に合わないらしいと、翌日ホテル朝食でも実感しました。



翌朝、部屋替えの為荷物の整理をしていたら、アテネ空港で買ったKORRESが見当たらない・・・
あぁ・・・サントリーニに着いた事に浮かれて機内にの上部収納から取り忘れている(汗)

海の見えない部屋、足りない備品、忘れ物、なんだか良くない事ばかり続きます。

エーゲ航空やサントリーニ空港に電話出来る英語力はないので、
とりあえず旅の英会話本から文章を引用してフロントに頼んでみましょう。

1・2本だけならまだしも、6本も買い込んだので諦めるわけにはききません。
[PR]

by soiconvent | 2014-05-24 09:00 | ギリシャ 2014