ひねくれ〇の旅日記

<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


プラハの旧市街


旅行中盤はプラハ観光。ベルリンから電車で約5時間(!)

途中、世界遺産の街ドレスデンを通過し(行きたかったけど時間が・・・)
a0275945_9553651.jpg


奇岩がそびえる川沿いの深い谷を通りすぎて国境へ。

電車で国境を超えるのは人生初めて、チェコ側の国境警察が乗り込んでパスポートをチェックし、車掌が切符をチェックします。

ドイツ国内なら何処でも乗り放題のジャーマンレイルパスを持っていたので、
国境~プラハの駅までの切符を買ったつもりだったのに・・・

切符はベルリン~国境までのものだったらしく駅員から咎められます。
焦ってオロオロしていると、『20ユーロでいいよ』 と言われました。

多分、その20ユーロはこの車掌のポケットマネーになった事でしょう・・・





正午過ぎにプラハ郊外の駅に付き、地下鉄で市内へ。

地下鉄ナーミエスティ・リパブリキ駅から地上に上がると・・・ビックリしました。あまりにロマンティックな街並みで。
a0275945_9572095.jpg

当時、歴史的建造物が並ぶ都会はパリしか訪れた事が無かったので、今では考えられない程感動したのを覚えています。


『ホテル・パリ』 のエントランスです。アールヌーボーの装飾が美し過ぎます。
a0275945_9574960.jpg




市民会館(スメタナホール) です。
a0275945_9581937.jpg

ここにはカフェが併設してあり、2日間でなんとランチ2回、お茶1回と利用しまくっていました(笑)

理由は、歴史的で優雅な内装の割りに入りやすかったので・・・
ウィーンナーシュニッツェル(ドイツ風カツレツ) や グヤーシュ(東欧の伝統料理、ビーフシチューっぽい)
と生ビール1杯で当時2000円しなかったのも魅力的でした。

当時は旅行中1度でも美味しい食事にありつければ満足・・・といったスタンスだったので、
見事なまでに食事の写真がありません(笑)



市民会館横の、真っ黒な壁の火薬庫の下を潜って旧市街広場に向かいます。
a0275945_1045710.jpg




厳密には中欧ですが、元社会主義国。東ヨーロッパの街並みはとても新鮮♪
a0275945_105051.jpg




a0275945_1052694.jpg






歩いて10分もしないうちに旧市街広場に到着。
a0275945_1054660.jpg

プラハの旧市街の見所は全て徒歩で廻れます。というか歩くのが苦にならない程美しい!



なんなんですかこの風景、絵空事にしか思えません・・・
a0275945_1061782.jpg





a0275945_1061583.jpg





旧市庁舎の時計塔に登ってみました。対面に聖ティーン教会が見える、有名なアングルです。
a0275945_1073815.jpg




グレーやベージュ一色のパリやロンドンに比べて、赤い屋根にパステルカラーの建物達がとてもカラフル。
a0275945_1082991.jpg




a0275945_10361418.jpg




子供の頃は、一生行く事は無いであろう遠い遠い東側の国だと思っていましたが、
こうやって訪れる事が出来るなんて、世界は変わった&オトナになりました(笑)
a0275945_1036622.jpg





旧市庁舎のカラクリ時計は有名で、時間になると大勢の観光客が詰めかけますが、
正直大した事ないです(汗) 時間の無い方はパスしていいかも・・・
a0275945_1091817.jpg






広場の北側は高級ショッピング街、といってもパリやNYみたいに華やかな感じではありません。
a0275945_1093652.jpg




a0275945_1094791.jpg




ちょっと退屈かもしれませんが、広場から少し離れた街並みの様子です。
a0275945_101029.jpg




a0275945_10101695.jpg




a0275945_10102898.jpg




a0275945_10365592.jpg




a0275945_10364492.jpg




この辺りはユダヤ人居住区だったらしく、こんな味わいある雰囲気のシナゴーグも。
a0275945_10104478.jpg



次はプラハ観光のもうひとつのハイライト、カレル橋と王宮に向かいます。
[PR]

by soiconvent | 2014-02-28 09:00 | プラハ 2006

ベルリン現代建築巡り~②



夜のポツダム広場です。
a0275945_17143248.jpg




現代は建築資材の材質や規格も世界共通に近いのに、ヨーロッパってなんでこんなにデザインがカッコ良いんでしょう・・・
a0275945_17143831.jpg




ドイツ鉄道本社のビルは、フォルムもライティングも美しいです。
a0275945_17145535.jpg




ソニーセンターの富士山屋根もライトアップ。
a0275945_171506.jpg






ポツダム広場近くには、モダニズム建築の巨匠、ミース・ファン・デル・ローエ設計の『ベルリン新国立美術館』
a0275945_17153991.jpg




シンプルな構成ながら、フォルムやディティールに拘った建築です。
a0275945_1715519.jpg




今でこそなんて事の無い建物に見えますが、鉄骨の躯体に全面ガラス窓のビルというのは
この人が発明したようなもの。
a0275945_1716356.jpg

柱・梁・外壁のみの『ユニバーサルスペース』 は全ての用途に対応出来る・・・といった考えです。
私の、ガラスボックス状の建築好きはミースの影響を強く受けている・・・はず。



ポツダム広場を少し東に歩くと、こんなカラフルな二重窓のオフィスビル。
a0275945_17185368.jpg




テレビ塔近くにあるラディソンホテルのアトリウムには、驚きの大水槽。しかも内部にエレベーターが貫通しています。
a0275945_17194350.jpg

中で誰か泳いでるし・・・餌付けかメンテナンスかな?






旧東ベルリン地区の中心街、フリードリッヒStにあるフランスの百貨店 『ギャラリー・ラファイエット』
同じくフランスの建築家ジャン・ヌーヴェルの設計。
a0275945_17192238.jpg

彼の作風は、ガラスや鉄を多用しそこに反射・透過する光を演出するものが多いです。
外観は過剰なまでにのっぺりとしたガラス貼り。(汐留の電通本社も彼の設計です)



そして、店内には複数階を貫通する円錐形のガラス張りの吹き抜け。
a0275945_17202516.jpg

こんな吹き抜けが大小いくつか配置されています。売り場面積確保が重要な商業施設ですが、
ここはものすごい贅沢な空間の使い方をしていますね。



建材での装飾では無く、光で空間を演出するという彼の手法がなんとなくわかってきた気がします。
a0275945_17203853.jpg






ギャラリー・ラファイエットのお隣は、高級ショッピングモールの 『Quartier 206 KG』
a0275945_1721113.jpg




こちらは少しクラシックな雰囲気も残したデザインになっております。
a0275945_17211120.jpg







最後に、市内中心部から少し離れた場所にある『ユダヤ人博物館』にやってきました。
a0275945_17213979.jpg

設計はNYの新WTCや釜山のパークハイアットの外観を手掛けたユダヤ系建築家ダニエル・リベスキンド。



床・壁・天井・柱が全てが傾いており、約束の地エルサレムを追われ、苦難の歴史を歩んだユダヤ人の苦しみや不安さを表したものと聞きました。
a0275945_17223648.jpg




a0275945_17233071.jpg




(しかし元々、彼の作風はどれも色んなものが傾いて、鋭角を強調したものです。)
a0275945_17235634.jpg




展示物はドイツ語や英語なので内容は理解出来ませんでしたが、ユダヤ人の古代~現代までの歩み
みたいなものであったと思われます。
a0275945_17241733.jpg

一部の彼らは世界中の金融・経済を操っているとか、戦争や金融ショックを引き起こして金儲け・・・など、
色んな都市伝説が聞かれますが、色々調べると結構興味深いです(ちょっと怖くなったりもします)。
自分もネットで調べただけなのでこれ以上は控えておきます。



これだけ現代建築ばかり巡った旅行・都市はここだけでした。

日本は技術も資金力も世界トップレベルですが、建築デザインや都市の魅力的な見せ方という面では
ヨーロッパに見習う事が沢山あるような気がします。
[PR]

by soiconvent | 2014-02-21 09:00 | ドイツ 2006

ベルリン現代建築巡り~①


パリ・ロンドン・アムステルダム・バルセロナなどと並び、ベルリンはスター建築家の設計した現代建築の宝庫。

学生時代や就職してからも、建築雑誌や『CASA BRUTUS』を眺めては
『いつかヨーロッパで建築巡りがしたい』 と思っていました。



まずは東西ドイツ統一の象徴、ブランデンブルグ門周辺から・・・
a0275945_1693676.jpg




ブランデンブルグ門の広場横にある、ドイツ銀行のアトリウムは、フランク・ О・ゲーリーの設計。
a0275945_16161613.jpg




内部のガラス屋根や、宙に浮かんだようなカプセル状の空間内部は何に使われているんでしょう?
a0275945_16162712.jpg

外側は素っ気ないデザインなのに、中に入るとこんな空間が現れてビックリ。
銀行なので入場は無料ですが、入れる範囲も写真撮影もエントランス部分だけなので注意です。


ドイツ銀行の裏手に行くと、ピーター・アイゼンマン設計による 『虐殺されたヨーロッパ・ユダヤ人のための記念碑』。
a0275945_16171341.jpg

高さの違うコンクリートの立方体が延々と連なる様子はものすごい存在感。
施設の意味を除き、いち造形として見れば写真映えしますが・・・

そして、この敷地はブランデンブルグ門や国会議事堂、アメリカ大使館などが集まる統一後ベルリンの 『超』 一等地。
現在のユダヤ系による影響力の大きさが伺えます。展示館が地下にあるようでしたが、時間の関係で見送りました。
a0275945_930750.jpg






ブランデンブルグ門の北側には、国会議事堂があります。建物自体は昔のものなんですが、目的は屋上のガラスのドーム。
a0275945_16303492.jpg




a0275945_16303331.jpg




無料(・・・だったと思います)で入れてしかも眺めが良く、しかも場所がらセキュリティが厳しいので1時間以上並びました。
a0275945_16312645.jpg

香港の空港やHSBCビルを手掛けた、ノーマン・フォスターの設計。



螺旋状の通路以外は何も無いドームですが、とにかく未来を感じさせる超モダンなフォルムとディティールが素晴らしいです。
a0275945_16312930.jpg




a0275945_16315675.jpg




ドームの下は国会議場になっていて、上から眺められるというとんでもない仕組み。日本じゃ絶対実現しないプランですね。
a0275945_16321366.jpg




ドーム内からはベルリン市内を一望出来ます。
a0275945_163498.jpg





国会議事堂前には(ちょっと歩くけれど) ベルリン中央駅。
a0275945_16341094.jpg

統一後、東駅(Ost Barnhof) と西駅 (Berlin Zoo) と分かれていたターミナル駅を、ここに集約した模様。
私が訪れた時はまだ建設中でしたが、広大なガラス屋根が美しいですね。

日本はいくら駅舎が新しくなっても、ホーム自体はスレート屋根なので・・・ウラヤマシイ。





次に、画像奥に見えるポツダム広場に行ってみます(画像は国会議事堂屋上から)
a0275945_1635236.jpg




第二次大戦前までは、ベルリンの中心地だったこの場所。統一後再び中心となるべく大規模な再開発が行われました。
a0275945_1635835.jpg

(しかし本当の中心地というと、西のグーダムか東のフリードリッヒStあたりでしょう)


派手さはありませんがどの建物も端正なデザインです。
a0275945_16354799.jpg




オフィスやショッピングモール、ホテルが集まる新しい街。
a0275945_1636349.jpg




綺麗で手間とお金のかかった建物が集まる場所が大好きな自分にはパラダイス(笑)
a0275945_16364428.jpg




日本企業資本だけに富士山型の屋根・・・と言われるソニーセンターのアトリウム。
a0275945_1636462.jpg




ポツダム広場はちょうどベルリンの壁が通っていた場所で、壁の一部も展示してあります。
a0275945_16374281.jpg


後半に続きます・・・
[PR]

by soiconvent | 2014-02-14 09:00 | ドイツ 2006

リッツカールトン京都と・・・(宿泊記ではありません)



先週開業したリッツカールトン京都。
a0275945_114977.jpg

建物の外観を見て、『レートは相当高めだな』 と予想していたのですが、やはり最低でも6万超え・・・ハイ消えた~(泣)

昨年開業したインターコンチネンタル大阪は、開業日から宿泊記が驚くべき早さでアップされていたので
ここも・・・と期待していたのですが、未だアップされている様子はありません。

ここに余裕で予約出来るお金持ちは 『私が一番乗り!』 とか 『速攻ブログUPでアピール』 みたいな事はしないと思われます(私は貧乏人なのでやっちゃいますww)

日経トレンディで、食事以外ではほぼ宿泊記に近い画像数の記事がアップされていました。
まだチェックしていないホテル好きの方はぜひ♪

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20140131/1054862/




リッツカールトンといえば、私が気になるのは昨年開業した天津のリッツ。
a0275945_1152790.jpg

歴史的な西欧建築が並ぶ市内中心地に位置するその外観は、直轄市とはいえ地方都市である天津にしては相当立派。
こういうスタイル、何て言うんでしょう? ちょっとロシアっぽい気も・・・


スタンダードルーム(50㎡)は京都の1/3のレートから、
a0275945_1154882.jpg



そして100㎡のリッツカールトンスイートは4万前後とリッツにしてはリーズナブル。
a0275945_116319.jpg

東京や京都、浦東上海はコンテンポラリースタイルが強いですが、ここはブリブリのクラシックスタイルが逆に新鮮。
ロビーまわりはちょっと装飾過多なのですが、部屋の方は今っぽいクラシックスタイルにまとまっている印象です。

昨年ビヨンセの新曲PVを見てから、こういう無駄にゴージャスなクラシックスタイルの部屋が気になっています(笑)
a0275945_1192961.png

思いきって165㎡のカールトンスイートに泊まってみようかな・・・と妄想は膨らみます。
(それでも京都の最安レートよりお得)

地元からは直行便が無いので、北京のコンラッド・W(6/28開業) と絡めて
(北京から天津までは高速鉄道で30分) 今年中には行ってみたいですね。

とはいえ他の気になるホテル、6月にはマンダリンオリエンタル台北とアンダース東京、年末あたりにパークハイアットバンコクも開業予定なんで、全部廻ると破産しそう(汗) 何処を優先させるのかが悩みどころです。
[PR]

by soiconvent | 2014-02-10 12:00 | その他

ベルリンの東側



日本から直行便もなく、フランクフルトからも遠いベルリン。
a0275945_10392637.jpg


中世から続く情緒ある街並みも、豪華絢爛な装飾の寺院や宮殿が沢山あるわけではないこの街、

わざわざ観光にやって来る日本人は、音楽(クラシック or テクノ系) 、現代アート、現代建築、
そして冷戦時代のヨーロッパ共産主義国マニアぐらいかと思われます。

私は学生時代テクノをよく聞いていたし、現代建築好き、
そして、いわゆる『東(共産主義)』 のヨーロッパの雰囲気を味わいたくてずっと気になっていた街でした。

さらに探訪を後押ししたのは、行く前に見た映画の数々。




まずは旧東ベルリンの中心地だったアレクサンダー広場の地下鉄駅。
a0275945_1040447.jpg

映画 『フライトプラン』 の冒頭シーンのロケ地、ジョディ・フォスターが登場するホームです。
a0275945_10401160.jpg




淡いグリーンの壁や鉄柱、レモンイエローの車両がいかにも東側っぽくてテンションが上がります↑
a0275945_10411650.jpg

『Alexsander Platz』 という言葉の響きも好きです。



広場に出ました、西側とは明らかに違う殺伐とした風景。
a0275945_10403761.jpg

映画 『ボーン スプレマシー』で、主人公のマット・デイモン扮するジェイソン・ボーンが、
広場のデモ隊と路面電車を巧みに利用しながら、待ち伏せするCIAをかわし
捕獲の為のおとりだったニッキー(ジュリア・スタイルズ) と接触する場面のロケ地です。



有名な世界時計とテレビ塔、東京と平壌は19時みたいです。テレビ塔はワールドカップ前でサッカーボール柄に。
a0275945_10421223.jpg






ベルリン大聖堂にやってきました。バロック様式の大きな教会です。あまり有名な歴史的建造物が無いベルリンでは、貴重な存在。
a0275945_10423566.jpg




今の建物は1905年に建てられたそうです、結構新しいんですね。
a0275945_10424842.jpg




内部は装飾が豪華、今までゴシック様式の大教会しか見た事がなかったので新鮮でした。
a0275945_10425947.jpg






大聖堂近くを流れる川の中洲には、レストラン街がありました。
a0275945_10434433.jpg

建物もちょっと硬いデザイン。テレビ塔とあいまって、こちらもベルリンらしい風景。



さらに近くには、博物館の島と呼ばれる場所があります。ギリシャ風の外観の建物。
a0275945_10435677.jpg

展示数は相当な規模らしいですが、時間が無いので見送ります。



画像奥、川沿いにある 『フリードリッヒ シュトラッセ駅』 は映画 『ボーン スプレマシー』で
マット・デイモンが警察に追われ、鉄橋をよじ登って駅のホームに入り、電車に乗り込んで追手を巻くシーンで登場。
a0275945_10441549.jpg

この映画、東西諜報合戦の中心地であっただろうベルリンの雰囲気がとても良く演出できていて大好きです。
キャストもみんな華が無いけど演技派ばかりで映画の雰囲気にピッタリ。



テレビ塔から少し北に行った地域には旧東ドイツのアパートを改装したアーケード。
『ハッケシャーマルクト』 ブティックや雑貨・レストランが並びます。
a0275945_1045893.jpg




フランスやイタリアなどの西欧とはやっぱり違う、独特のデザインです。
a0275945_10451849.jpg


この近くで、人気のベトナム料理レストラン 『ムッシュー・ウォン』 のフォーを食べましたが、
今回の旅行中一番美味しかったです。ずっと洋食ばかりだったので、アジアの味を欲していたというのもありますが、それを差し引いても美味しいと思います。

今でも食事時には行列が出来ているとの事、オススメします。





ベルリンの壁を見てみたくて、ベルリンオスト駅までやってきました。翌日のプラハ行きの切符も購入。
a0275945_10453829.jpg




駅前からタクシーに乗ろうと、外から運転手に 『ベルリンの壁まで』 と言うと、
『そこだよ』 と指差されました。壁は駅前にありました(笑)
a0275945_10454835.jpg

川沿いに約3キロ延びる壁、こんな長さで残っているのは市内でここだけらしいです。
街中にあったら当時の状況を連想出来ますが、ちょっと郊外っぽい川沿いなんであまり緊張感がありません。



こんな面白い壁画も・・・
a0275945_1046115.jpg




こちらは街中に残る、展示スペースを兼ねた壁。気球の方が気になる・・・
a0275945_10461311.jpg

ちなみに、ベルリンの壁って東西ドイツの国境にあると思っていませんでしたか?
私は成人するまでそう思っていました(汗)

実際は東ドイツ側にあるベルリン市の西側の境界線をぐるりと囲んだ状態で、
共産主義陣営の大地にぽっかり残された、西ドイツの飛び地・民主主義陣営の浮島だったんですね。


壁沿いを歩くと・・・おお! あの橋は映画 『ラン・ローラ・ラン』 で
主人公のローラ (フランカ・ポテンテ) が走り抜けた橋ではないですか!
a0275945_10463138.jpg


a0275945_10464130.jpg




思わぬ発見にうきうきしながら橋を渡ると・・・厳密に言えばこちらは旧西ベルリン側ですが、
ものすごいインパクトの壁画が・・・
a0275945_10465812.jpg




旧東ベルリンの中心街に戻ります。ここは普通にヨーロッパらしい(笑) 『ジャンダルメン広場』
a0275945_10471186.jpg

統一後は旧西側のクーダムに並ぶ高級ショッピング街となっています。



有名な旧検問所 『チェックポイントチャーリー』 壁崩壊まではここに壁があって向こう側が西ベルリンだったのです。
a0275945_10472255.jpg


街の雰囲気も建物デザインも、日本人が思い描く 『ヨーロッパらしさ』 から少し離れたベルリンの街。
近代~現代の激動の歴史を感じられて、興味深い滞在となりました。
[PR]

by soiconvent | 2014-02-07 09:00 | ドイツ 2006

ベルリンの西側


ドイツ2日目は、朝早くからICEに乗ってベルリンへ。


フランクフルトからは約4時間、外国で地下鉄や空港連絡鉄道以外の電車の旅は初めてでした。
広大な草原の中に、赤い屋根の村や教会が次々に現れて感動、本当に絵に描いたような美しい風景でした。

ジャーマンレイルパスを購入したので切符の購入や予約は不要。
ドイツ国鉄(DB)のHPで、時間や乗り継ぎ駅、乗車ホームまで表示されるので初心者でも楽々乗りこなせます。

安全で、清潔で、電車の時間も正確、FやI などの南西寄りの国に比べ露骨な人種差別も無く、
ドイツは本当に旅行しやすい国です。




ベルリン ツォー(Zoo) 駅に到着し、地下鉄で2駅のノーレンドーフ プラッツ駅へ。
a0275945_10312429.jpg

このあたりはベルリンのGタウン、表通りに堂々とポルノショップなんかがあってビックリです。



フッガーStにはバーが点在しています。興味本位で歩いてみましたが、
a0275945_10321749.jpg

上下レザーを着たスキンヘッドの熊さんが沢山居ました・・・普通のお仲間さんは何処に??
とはいえ、普通のお店も多いしストレートの方も沢山歩いているのでぱっと見はそういう通りには見えません。



たまたま泊まりたかったホテルがこの地域にありました。『クエンティン デザインホテル』
a0275945_10331391.jpg

当時はデザインホテルが雑誌でもてはやされた時期でした。ベルリンはデザインホテル天国♪

しかし、当時ホテル代に1万以上払うのは信じられない! という主義だったので、
お手頃デザインホテルのこちらを予約。当時で70ユーロぐらいだったと思います。


今となってはこういう内装は山程あるけれど、当時はとても感動したのを覚えています。
(壁の絵が夜見るとちょっと怖いww)
a0275945_10335595.jpg




日をまたいで2泊目は、広めの部屋でした。これで当時1万ちょっとは相当お得♪
a0275945_10341442.jpg




嬉しくなって記念撮影なんかしちゃったり(笑) というか部屋の画像これしか残って無くて・・・
a0275945_10343316.jpg

(やっぱり壁の絵が怖い・・・)

まぁ細かい所を見れば、セーフティボックスが壊れていたり、床のカーペットが毛羽立っていたり
朝廊下に出たらものすごい愛の合唱(笑) が聞こえたりしましたが、旅行中唯一のオシャレホテルで満足でした。
a0275945_10351198.jpg

ドイツはどの街でもホテルが安くて、パリ・ロンドン・ローマのように『うーん・・・この値段でこのクオリティ』
と悩む事がありません。


ちなみに夜ホテル前の通りを歩いていると、ボロいメルセデスに乗った男からドイツ語で話しかけられながら
付けられました。

ホテル前に着いたんですが、場所を特定されるのが怖くてそのまま通り過ぎ
相手が諦めて走り去ったと同時にUターンダッシュしてホテルに入り、エレベータに飛び乗りました。

エレベーターにはGカップル、不思議そうに私を見る彼らに 『Good Night』 と言い降りました。
まるでスパイ映画のワンシーンのような気分でした(笑) というか、あの車何が目的だったんでしょう?



Gタウンやら付けまわされたやら、なんだか危ない場所というイメージばかりですいません。
実際は、ベルリン一の繁華街がすぐ近くにある場所なんです。位置関係、距離的にも新宿の繁華街~二丁目にそっくり。

繁華街 『クーダム』 に出てみます。
a0275945_10355095.jpg




a0275945_10361120.jpg




a0275945_1038476.jpg




第二次大戦の空襲で破壊されたままの 『カイザー・ウィルヘルム記念教会』
a0275945_10363099.jpg




日本語の看板がありました、なんだか嬉しい♪ 鼻の日の丸は置いといて(笑)
a0275945_10364551.jpg





カジュアル系のデパート『Peeks & Cloppenburg』 建物がモダンです。
a0275945_103786.jpg

なぜか写真撮っていませんが、新宿伊勢丹的な高級デパート 『KA DE WE』 もこの隣に。
ファッションはもちろん、上階のレストランフロアは一人旅でも入りやすい雰囲気で、滞在中2回お世話になりました。
味も良かった印象が残っています。



これは早朝の撮影ですが、大型店も店構えがオシャレですね♪
a0275945_10374516.jpg




夜も華やかです。
a0275945_10382940.jpg




a0275945_10384079.jpg




こちらは裏通りの住宅街。
a0275945_1039179.jpg

こちらは旧西ベルリン側なので、雰囲気が垢抜けているというか優雅というか、
ベルリンって堅くてクールなイメージがあったので、こんな街並みもあるんだ~と思いました。


来週は旧東ベルリン側の探索記です、次からは毎週1回のペースで更新する予定です。
[PR]

by soiconvent | 2014-02-01 09:00 | ドイツ 2006