ひねくれ〇の旅日記

<   2012年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧


パークハイアットソウル 宿泊記①

ソウルのパークハイアット、開業以来ずっと気になっていたんですが・・・



近くて安く行けるのに、韓国という国に観光的魅力を一切感じない自分はいつも後回しに。

しかし2010年12月に北京にてパークハイアット初体験以来、パーク病にかかってしまい
ここに泊まるだけの為にソウルにやってきました(笑)
a0275945_21293041.jpg




HPやガイドブックで見るこの画像。『窓の向こうは江南の高層ビルとCOEX』
a0275945_2130111.jpg




そして、『窓際のバスタブは、窓に向って横置き』
a0275945_21301719.jpg


このレイアウトと眺めは絶対だったので入念にリサーチして、

『パークデラックスルームの末尾6・8・9番の部屋が該当』 と判明(笑)
a0275945_21305610.jpg

リクエストが通りやすいように、ハイアットのHPより予約して希望を伝えました。


『入口がわかりにくい』 との感想が多く見受けられましたが、昔は無かったサインが出ていて問題ありません。
a0275945_21311452.jpg

車寄せは入ってすぐの裏側なんですが。路地を入ってまわり込むのでタクシー乗車時は注意ですね。
a0275945_21312996.jpg


12月初め、エントランスのリースはパークらしく大変シック。
a0275945_21334664.jpg





入るとすぐにスタッフに名前を聞かれ、エレベータに案内されます。

エレベーター内の天井は高さで照明の色が変わって綺麗。
a0275945_1410878.jpg

a0275945_1485299.jpg

ボタンもタッチ式で、柔らかい光が渋めの近未来感を出していてカッコイイです。

a0275945_149595.jpg





24階のレセプション。
a0275945_21364365.jpg

シンプルで明るくて、それでいて上品な空間。

噂通り、というかたまたまかも知れないですが
ソウルの特1級なのにスタッフは日本語を話しません、早口の英語で聞き取るのが大変・・・

カードキーを受け取り、自分で部屋に向います。



レセプションからラウンジを抜けるとガラスの向こうにプールが
a0275945_2138220.jpg
a0275945_2138117.jpg

昼間はラウンジでお茶している人からバッチリ見えます(笑)




客室フロアの廊下。
a0275945_21393252.jpg

明るい木目というのはイマイチ高級感に欠けますが、さすがのパーク様。スタイリッシュな仕上です。


客室は4~22階までですが、その中の7階706号室でした。
一応部屋のレイアウトと向きのリクエストは通っていましたが、7階は低いですね・・・




ドアを空けると・・・わー憧れていたこの空間♪
a0275945_21401610.jpg

[PR]

by soiconvent | 2012-11-30 21:40 | ソウル 2011

レム新大阪 宿泊記②



予約したのは、シングルルーム(14.5㎡)
a0275945_18211339.jpg


a0275945_18213575.jpg

窓側にバスルームがあるのが特徴的。このレイアウトは南向きの部屋で、
廊下を挟んで北側の部屋は普通に窓側にベッド、廊下側にバスルームです。



テレビも32型、背面の仕上もステンレス鏡面仕上+カラーガラスで高級感があります。
天井は3mぐらいかな、普通のビジホより少し高い気がします。
a0275945_1822555.jpg

テーブル(移動可能)がベッドに食い込んでます、起きた時に足をぶつけないよう注意です。



ベッドはセミダブルで1人なら十分の大きさ。ヘッドボードも一応レザー貼で◎
a0275945_18222533.jpg



チェアはリクライニングが無いものの、背中・腰のマッサージ機能付。無いよりは嬉しいかな(笑)
a0275945_18224137.jpg

今まで見られてわかる通り、スーツケースや大荷物は広げられないですね。通路は狭いです。



自分が大好きな、チューブ式のミニマルな読書灯。
ベッド横で全ての照明をコントロール出来るスイッチもスタイリッシュ。
a0275945_1823784.jpg



備品類もカッコイイではありませんか、下には空気清浄機も。
a0275945_18232394.jpg



入口ドア横のクローゼットは狭いですが、セーフティボックスに消臭スプレー付。使い捨てスリッパも有。
a0275945_18234432.jpg





500mlのクリスタルガイザーは2本無料、ガラスのカップもオシャレ。
a0275945_18241144.jpg



冷蔵庫は・・・
a0275945_18242949.jpg

ドリンクボトルしか入らないような奥行き。
a0275945_18282373.jpg

最近冷蔵庫も付いていないホテルも多いですからね、あるだけでも助かります。



お茶はフロントで10種類程度から選び放題。
コンプの水といい、湯沸しポットといい、この一角だけ見ると高級ホテルと見紛う程。
a0275945_1825862.jpg



阪急梅田駅構内で買った、祇園辻利のスイーツでほっこり(笑)
a0275945_18261110.jpg







洗面台とトイレ。狭いながら普通のビジホと違いシャワールームとセパレートなのが嬉しい。
a0275945_18264074.jpg


洗面台は小さいけれど、小物は置きやすいし。
a0275945_1827233.jpg



アメイティの置き方が潔い! かつオシャレ。いちいちツボにハマります(笑)
a0275945_18271975.jpg




シングルなのに、なぜかタオル・スリッパ・アメニティ全て2セットあるんですよね・・・いやらしか(笑)
a0275945_18284932.jpg

※追記 南側はダブルベッドで2人宿泊にも対応出来る部屋みたいです。

トイレットペーパーまで2セット、ウォシュレットも完備。
a0275945_182934.jpg





バスタブは無いかわり、シャワールームにはレインシャワーが。
a0275945_18292488.jpg

これはかなりの高ポイント、ビジホにレインシャワーなんて素晴らしい♪

スツールもあって座りながらシャワーを浴びられます。快眠出切る浴び方の指南書もあります。
a0275945_18293336.jpg

ただ、大柄な方にはこのシャワーブースは狭く感じるかも。
中肉中背の自分でも大きな動きをすると腕が壁に当ってしまうので。


シャンプーやボディーソープは、結構高級そうななトイレタリーの香りがして好印象。
コンサバな男性には少し苦手に感じるかもしれません。
a0275945_18294735.jpg








チェックインしたのが夜だったので、雨でしたが翌朝の窓の外を・・・

南側13階からの眺め。
a0275945_1830530.jpg

a0275945_18301874.jpg



新幹線のホームと駅前のビル群、天気が良ければ梅田の高層ビル群も眺められるかもしれません。
a0275945_18303024.jpg

街中のホテルとしては結構良い眺めの部類ではないかと思います。





このクオリティで6000円、うーん素晴らし過ぎる!!
ビジネスホテルの侘びしさを一切感じさせないデザイン、豊富なアメイティと備品。

朝食は3階の麹をテーマにしたレストランで1000円で取る事も出来るし、
新大阪駅直結なので、構内に飲食店はよりどりみどり。


キタで24時過ぎまで飲み明かさない人ならば、大阪駅まで1駅だし大動脈の地下鉄御堂筋線の駅もあるので
キタ・ミナミ両方のアクセスも容易。


大変気に入りましたこのホテル。次回も必ず宿泊します♪
a0275945_1832065.jpg

[PR]

by soiconvent | 2012-11-30 18:32 | ホテル(国内)

レム新大阪 宿泊記①

11月連休の関西地区の宿は何処も満室。


京都の紅葉シーズンの為と思われますが、大阪・神戸・奈良・大津、どの都市も空室が無い・・・
空いているのは『ヒルトン大阪 1泊7万円』 とか、高級ホテルのとんでもないレートのみ。


ジェットースターで半年前、就航キャンペーンで取った往復4700円! のチケットで関西に行っても
宿が無いとどうにもなりません。

連休最終日の25日(日) は、何処でも空きがあったので、
4700円の往復チケットを捨て(ケチって変更・他人譲渡権無しの予約をしていました)


新たに1日ずらして24日~26日のフライトを予約し直しました。
それでも行き6500円、帰り3500円程度だったのでやっぱりLCCはお得ですね。


24日はなんとか寝れる場所を提供して頂き(詳細は伏せておきます)

25日は、朝食付で26,000円。冬は相変わらずリーズナブルなセントレジスのデラックスルームを予約・・・
a0275945_1524129.jpg

したものの出発4日前に取り消し。


理由は、何故か宿泊前にわくわくしなかったから・・・上質な空間・サービスなのは間違い無いんですが
インテリア、特にバスルームが普通過ぎるのがその理由かも。

自分はバスルームのデザインでホテルを選ぶ程のバスルームフェチなもので・・・







そして新たに予約したのは・・・



レム新大阪です。JR新大阪駅の新幹線改札口3階に直結。
a0275945_15243213.jpg



素泊まり6000円で予約したんですが、新大阪は梅田や難波よりレートが低いとはいえ
このエントランスはビジネスホテルらしからぬスタイリッシュさ。
a0275945_15244790.jpg

足を踏み入れると、丸い床ごと沈んで宇宙ステーションに入れそうな(笑)


上部の印象的なライティングも、穴の空いたパネルとスポットライトを斜めにする事で
特別な器具や造作を使う事も無く実現。
a0275945_1525175.jpg




エントランスのエレベーターホール
a0275945_15252272.jpg

壁は荒く練ったモルタルを塗ったもの、奥のディスプレイも波状のスチールバーに天井から強く照明を当てただけ。
比較的安価な材料で、非常に上手くスタイリッシュな高級感を演出しています。



ロビーは12階
a0275945_15261122.jpg

カウンターでは、HP予約で入力した名前と住所の確認のみ。

仮カードを渡され、横の自動チェックイン/アウト機でカードキーが発行されます。
クレジットカードも使用可。横にスタッフが居てまごついているとすぐに手伝ってくれます。


9月に出来たばかりというのもあるんでしょうが、エレベータボタンを押して扉に手を当てて誘導してくれたり
スタッフの対応が丁寧で感心しました。ここビジホでっせ(笑)




客室階のエレベーターホール。(12階にも客室はあります)
a0275945_15264457.jpg

石のオブジェに見えますが、ソファです。



廊下のライティングもカッコイイ♪
a0275945_1527187.jpg


このホテル、本当にデザインが良く練られています。
良い材料を使えば金がかかる、安価な材料でやみくもにデザインすればチープに見える。

可能な予算内で最高に良く見えるデザイン・・・ここのデザイナーさん尊敬してしまします。



さてお部屋の方は・・・
a0275945_15274835.jpg


ところで、なぜ超高級のセントレジスからビジホに変更??
その理由は、年末の新規開業ホテル宿泊に予算をまわした為なんです。
[PR]

by soiconvent | 2012-11-30 15:35 | ホテル(国内)

ハイアット リージェンシー京都 『THE GRILL』



11月下旬の京都、晴れていても15時過ぎには陽が傾いて紅葉鑑賞時間は結構短いですね。

嵐山・東福寺の紅葉鑑賞を優先した結果、ランチ抜きという事態に・・・



昼食・夕食を兼ねて、行ってみたかった 『ハイアット リージェンシー京都』 に行きました。
a0275945_164916.jpg


古い建築ばかり見ていると、ハイアットのモダンさがまぶしい(笑)
a0275945_16492249.jpg






おおーこの空間。
a0275945_16502525.jpg


a0275945_16503266.jpg


a0275945_16503846.jpg

アジア地区のハイアットでは何処でもスーパーポテトのデザインで少し食傷気味なんですが
初期のデザインとも言えるここは素直に感動。


16:30と中途半端な時間なので、オールデイダイニング兼ラウンジの1F 『THE GRILL』 へ
a0275945_16514013.jpg


a0275945_16514516.jpg




メニューでも一番上にスペースを割いて載っている 『ザ・グリルバーガー(1800円)』 と
フレッシュスクイーズグレープフルーツジュース(1000円) を
a0275945_16521792.jpg


アボカドディップはオプション+150円で付けました。
a0275945_16523785.jpg

パテは160g、ボリュームも満点。

炭火で焼かれた香ばしいパテにしっかりした生地のバンズは高級ホテルならでは。



あたりまえですが、この時間帯はお茶している人しかいなくてハンバーガーにかぶり付くのは恥かしかった・・・
a0275945_16531643.jpg

スタッフも自分が言うまで食事メニュー出さなかったし。




お腹いっぱいになったし、ずっと行ってみたかったホテルだったんで大満足♪
a0275945_16533654.jpg


最近海外のパークハイアットばかり泊まってますが、
ここはリージェンシーでも、特にこの時期は 『贅沢なホテル』 に映りました。
a0275945_16535131.jpg

[PR]

by soiconvent | 2012-11-28 16:57 | ホテル(国内)

祇園できんし丼 『かね正』


せっかくの京都、懐石なんかいただいてみたいけれど1人旅。

加えてこの期間、評判の店は予約も取れないだろうし
目抜き通りの店で豆腐や野菜ばかり出て来て3000円~とかもなんだかな・・・


という事で、雑誌に載っていたKねよの 『きんし丼』 が気になったんですが
食べログの評価があまりにも---
a0275945_11133571.jpg




『かね正』 の方がよっぽど美味しいとの感想を頼りに祇園にやってきました。
a0275945_11135717.jpg




祇園郵便局の横、河原町からは歩いてすぐにもかかわらず見当らない・・・

それもそのはず、この奥にあります。
a0275945_11141991.jpg

奥に進むと10人程の行列、あぁ~ここも有名な店なのね・・・
a0275945_11182233.jpg



13時頃並んで待っていると、店員さんが出て来て

『今お食事の方が終わられてからお席に案内します、それから鰻を焼きますので
お食事が出来るのは1時間半後です』

との事、『待ってらんね~』 と半数の人が出て行きました。
他の店探すのも面倒だし、明日も京都行くし、待つ事にしました。



店内はカウンター6席、4人テーブル2卓とかなり小さめ。

長い事待っていたので皆さん会話のネタも尽き、ストイックな雰囲気の厨房、
BGM無しの店内と満席なのにかなり静かな店内(笑)

狭いので会話も丸聞こえになるので、余計話しづらいと思われます。




外で60分、店内で待つ事30分 『きんし丼(1500円) 』 やっと食事にありつけました~
a0275945_11153683.jpg

(吸物・香の物付。 漬物は先に食べてしまったww空腹で)



丼を覆う錦糸卵の下には
a0275945_11171245.jpg


鰻の蒲焼きが隠れております。ご飯は事前にタレと白ゴマを混ぜ込んだもの。
a0275945_1117337.jpg

錦糸卵は甘くない薄い塩味、鰻は薄めで外側がパリっと焼かれています。
タレが結構あっさりしていました。




美味しくいただきましたが、わたくし九州を一度も離れた事が無いもので
甘くて濃厚なタレに慣れている自分としては、90分も並んでまで・・・という感想。

鰻はそんなに食べる事は無いので偉そうな事は言えませんが、
調理方やタレの味に地域の特徴があるみたいですね。


とりあえず、京都で美味しく1人飯出来たので良しとしましょうか・・・
[PR]

by soiconvent | 2012-11-28 11:19 | 国内

東福寺


祇園や清水寺、嵐山などの人気エリアからは離れている東福寺。


ここならのんびり紅葉鑑賞・・・と思いきや、旅行中一番の混みっぷり。
a0275945_16313836.jpg



通天橋は満員電車さながらの混雑。
a0275945_16315469.jpg

ここ通るだけで400円、下世話な話ですが紅葉期間中の売上げが気になります(笑)
a0275945_16324892.jpg





紅葉寺で有名だけあって、通天橋から眺める庭は壮観・・・のはずが、
訪れたのは午後3時半頃。 陽が傾いて紅色が全く映えてません。
a0275945_1633273.jpg


a0275945_1633822.jpg

ここは、正午前後がベストでしょうね。庭園は谷底にあるので陽が差込む時間が短いと思われます。





陽が当っている樹々は鮮やかなんですが・・・正午頃の庭園全体はさぞ美しかったでしょう。
a0275945_16333277.jpg


a0275945_16333876.jpg








ここは敷地も広大なので、何処かに必ず美しい撮影スポットが見つかると思います。
a0275945_16341776.jpg




a0275945_16342375.jpg


a0275945_16342884.jpg


ただ通天橋からの眺めは 『せっかくきたから』 程度に思っておかないと
混雑で全く落ち着いて鑑賞出来ないので注意です。


前の人の会話・・・

『ここ、開園待ちに1000人ぐらい門の前に人が並んでいて
あまりに殺気立っていたので5分前に門を空けたらしいよ』

ホントかな・・・想像しただけで怖い、秋の京都(汗)
[PR]

by soiconvent | 2012-11-27 16:34 | 国内

祇王寺


祇王寺
a0275945_1539567.jpg




庭園は本当に小さくて、普通に歩けば30秒で廻れる程。
a0275945_15402781.jpg



しかし、その庭園一面に生えた苔の上の落葉が大変風情があります。
a0275945_15421928.jpg

他の寺院に比べ 『侘び・寂び』 を感じて、なおかつ繊細で洗練された印象。絵画のような美しさです。



カメラの露光を調節して(コンデジですがww) 苔に映る樹々の影を撮ってみました。
a0275945_1672036.jpg


a0275945_167292.jpg




ここは、紅葉以外の季節でも美しい庭園だと思います。
a0275945_15475514.jpg


a0275945_154834.jpg

[PR]

by soiconvent | 2012-11-27 15:49 | 国内

常寂光寺


常寂光寺。
a0275945_15175663.jpg





これまで京都観光のPRとして沢山のポスターや雑誌に掲載されたれた事があるだけあって、
紅葉は素晴らしいです。人が多いんで風情には全く浸れませんが・・・
a0275945_15181393.jpg



a0275945_15181847.jpg


日射の状態で、美しく紅葉を撮るのはどうしても部分的アングルに偏りがち。
a0275945_15182457.jpg

これなら、地元の寺でも・・・いえいえ、長年憧れた紅葉の京都です(笑)



法然寺もそうでしたが、苔むした茅葺き屋根の山門と紅葉のコラボは絵になりますね。
a0275945_15182934.jpg

本堂は小さく、いたって普通の瓦屋根なので、建築的な見所なら大きな寺院の方が良いでしょう。


a0275945_15183697.jpg



a0275945_15184330.jpg



a0275945_1518481.jpg



a0275945_15185354.jpg



宝厳院、二尊院は入場待ちで行列が出来ていましたが、ここは並ばずに入れました。
[PR]

by soiconvent | 2012-11-27 15:31 | 国内

嵐山 (渡月橋~亀山公園~竹林の道)



2012年11月25日、京都は快晴で絶好紅葉見物日和。嵐山にやってきました。
a0275945_14434534.jpg


阪急嵐山から渡月橋までは大混雑・・・
a0275945_14443651.jpg


山肌を覆う色とりどりの木々は美しいんですが・・・
a0275945_14461373.jpg


人が多過ぎる・・・
a0275945_14463829.jpg

あたりに交通整理のアナウンスが響きわたり、風情もへったくれもありません。
(交通整理の方は一日中さぞ大変でしょう・・・)


ボートに乗る方が喧騒から離れられていいかもしれないですね。
a0275945_1449341.jpg




川沿いを歩いて亀山公園へ。緑深いので紅葉が引き立ちます。
a0275945_1451098.jpg

電線さえなければ良くとれた画像だったのに(笑)
a0275945_145157.jpg
a0275945_14511141.jpg
a0275945_14511776.jpg
a0275945_14512849.jpg



公園を北に進むと、竹林の道。
a0275945_14541575.jpg
何度みても素晴らしいですね♪




昼2時頃の川沿いは、山に陽が隠れて紅葉の色もぼんやり。
a0275945_14554913.jpg



これはこれで、幻想的なのかも・・・
a0275945_1456875.jpg



人の多さにぐったりしてしまいましたが、星のやなんかに宿泊したら優雅に過ごせるんでしょうね・・・
多分そんな日は来なさそうなので、紅葉の嵐山は人生最後にします(笑)
[PR]

by soiconvent | 2012-11-27 14:58 | 国内

哲学の道 法然寺



哲学の道
a0275945_10435896.jpg


a0275945_1044353.jpg

モミジ・カエデはあまり生えていなくて、ほとんどは落葉した並木でした。


法然寺
a0275945_10463081.jpg


a0275945_10463573.jpg


a0275945_10464177.jpg

勝手に 『広いお寺』 と思っていたら思ったより狭い境内でした。
風情があるのは入口の門あたりだけかな・・・


先に嵐山を訪れたなら、この辺りの紅葉鑑賞は少しもの足りないかも・・・
[PR]

by soiconvent | 2012-11-27 10:50 | 国内