ひねくれ〇の旅日記

カテゴリ:国内( 31 )


与論島をご存知ですか?


※旧型デジカメ撮影の為、画像が粗くなっております。

古いディスクを整理していたら、出て来る出て来る過去の旅行画像(笑)

アングルが下手過ぎてほとんどブログに載せられる物はありませんが・・・
最近過去すぎる旅行記ばかりですみません、もうすぐ終わりますので。


与論島って御存知ですか? 本州以東にお住まいの方は読み方だけ聞くと 『ヨロン? 外国??』
と思われるかもしれません。

鹿児島県の最南端、沖縄本当最北端の辺戸岬まではわずか30キロの位置にある小さな島です。
a0275945_15295356.jpg




衛星画像だけでも美しい島という事がわかりますね。
a0275945_15415832.jpg




那覇からプロペラ機で35分。(プロペラ機に乗ったのもこれが初めてでした)
a0275945_1510210.jpg




バゲッジクレームはオープンエアでレーンの無い小さなテーブル。
空港も田舎町のバスターミナルみたいな建物でした。
a0275945_15102229.jpg




ホテルは空港近く、島一番の高級リゾートホテル(といっても結構質素) プリシアリゾートへ3泊。
a0275945_15105956.jpg




ホテルのプライベートビーチはとても綺麗。
a0275945_15113565.jpg




a0275945_1511544.jpg




ミコノス島をイメージしたというホテル、真っ白でなかなか雰囲気出てます。
a0275945_15121179.jpg

客室は昭和のコテージ風なんですが(笑)


風景は完全に沖縄のビーチリゾートなのに、鹿児島県。
a0275945_15132143.jpg

南九州育ちなので、子供の頃から見慣れていた車のナンバーや
鹿児島のローカル番組やCMをこの島で見るとものすごい違和感が・・・

東京の人が小笠原や八丈島に行く感覚と同じかもしれません。
何も無い島なので、毎日サイクリングしたりビーチでのんびりしたり。





ある日は、大金久海岸沖にある、お昼のみ現れる砂だけの島 『百合ヶ浜』 に行ってみました。

まぁー海が綺麗なこと! 高い山が無く ビーチが多いので、沖縄本島より明るい雰囲気でした。
a0275945_15134348.jpg




a0275945_151419.jpg




百合ヶ浜到着。
a0275945_15142564.jpg




a0275945_15145323.jpg



こんな場所が日本にもあるんですね~
a0275945_1515611.jpg




a0275945_15151960.jpg

海自体の美しさだけで言えば、わざわざ海外まで行かなくても十分満足。
ただ海外は+ヤシの木&ムード満点のホテル・レストランがあります。日本はそういった演出はまだまだです。


沖縄の離島に比べイマイチ人気が無いので、GW期間なのに格安で楽しめました。
鹿児島県のリゾートもおすすめです♪

2005年当時、鍾乳洞受付の看板犬だったタケちゃん。まだ生きてるかな・・・?
a0275945_1517329.jpg

[PR]

by soiconvent | 2015-03-21 15:07 | 国内

今年2回目の東京観光


アンダーズをチェックアウト、お昼からはショッピングです。

ところで、常々不満に思っていた事 『大都市の地下鉄駅は沢山歩く』
乗り換えなんて、余裕で一駅分歩いているんじゃないかと思う駅もありますね。

出来るだけドア to ドア を実現させるべく、バス移動にチャレンジしてみました。
旅先だとつい地下鉄が迷わずに楽なんで敬遠していましたが、ここは日本。
ネットで事前に調べて、わからなければ人に聞けば良いのです。

虎の門ヒルズの西側にあるバス停から、新橋駅~六本木~渋谷駅を結ぶ 『渋88』 路線に乗車。
便利な路線ですが、30分に1本だけなのが残念・・・




渋滞が起こる時間でなければ結構スムーズに移動出来るし、街の様子が眺められるので楽しい♪
a0275945_1028255.jpg




ひとつひとつの建物やお店は地元福岡とそう変わらないはずなのに、
港区ってなんか雰囲気が垢抜けていますね~街が醸し出ず空気感って不思議です。
a0275945_10282266.jpg




六本木通りを西へ・・・
a0275945_10304314.jpg





西麻布にやってきました。路地裏にこんな大きなお寺がありました。
a0275945_10305099.jpg




『伝統とテクノロジーの共存、それがTOKYO JAPAN』 みたいな外人視線で風景を眺めたり(笑)
a0275945_10314791.jpg




このあたりは一見ごく普通の住宅街ですが、たまーにエッジのきいた民家や事務所が・・・
a0275945_10323910.jpg




a0275945_10324960.jpg




目的は 『desertic』 という小さなアパレルショップ。

銀座ドーバーストリートマーケットのポップアップで知ったのですが、
古着を、上からペンキをかけたような縫い合せでデザインされたTシャツが気になっていたんです。
a0275945_1123189.jpg

古着で作るのでどれも1点モノ、オリジナリティも十分です。

本当に路地裏の中にありました、トレードマークの 『たれT』 マーク発見!
a0275945_103357.jpg

Tシャツはどれも素敵でしたが、自分がイメージしていた色・プリントの組合せは見当たらず。
あと少量生産で手間もかかるので結構お高めです。Tシャツ2万前後~



またまたバスに乗って渋谷駅へ、そこから 『池86』 線に乗り換え新宿伊勢丹前で降ります。
JR新宿駅から伊勢丹までは結構歩くので、やはり便利です。

大改装後初めて訪れた伊勢丹は、とにかく圧巻・・・
a0275945_10332738.jpg

東京の人はどういう買い物の仕方をしているんでしょう?
あんなに煌びやかなお店と商品ばかりが並んでいると、どれを選んで良いか迷いそう。

1階は、ラグジュアリーブランドのバッグ達でさえ平場に置かれているので見やすいし、新たな発見があって良いですね。

いつもネットや雑誌で見て気になっていたブランドがまとめて見られるのは良い体験でした。
(て、そこは本館レディースフロアでしょうがww)


次にJR~東急東横線を乗り継いで、都立大学駅にやってきました。
a0275945_1034017.jpg



こんな地元の人しか降りない駅になぜ!? と思いますが、実は6年前とある理由で訪れています。
(理由はここでは言えません・・・)
a0275945_10372191.jpg




今回は、ずっと気になっていた和菓子店 『ちもと』 の 『八雲もち』 を買うのが目的です。
a0275945_10373663.jpg

以前からお土産で有名な八雲もちですが、
4月にTV番組の行列の出来る法律相談所で紹介されてから、さらに人気に拍車がかかっている様子。
1日千個作っているそうですが、午前中には売りきれてしまうそう。
a0275945_1040118.jpg


なので、購入3日前から電話予約して行きました。これなら確実にゲット出来ます。
ただ予約はもっと早い方が良さそうです。現在は店頭でも予約でも1人10個までです。
a0275945_10395726.jpg


話題の店なので大きな和菓子店かと思いきや、ビックリするぐらい小さく素朴な店内。
3テーブル程のイートイン席、夏場はかき氷が大変人気だそうで、開店前には順番待ちで埋まってしまうそう・・・

竹皮に包まれた、羽二重粉と泡立てた卵白を混ぜて作られた黒砂糖風味の餅は、
ういろうとマシュマロの中間のような食感。
a0275945_10423863.jpg




中に練りこまれたカシューナッツの粒も食感と風味のアクセント。
a0275945_10424526.jpg

無事八雲もちも買えたけれど、1泊だけだからと色々詰め込んだショルダーバッグが重くて結構肩にきます。
買い物袋をいくつも下げて、完全におのぼりさん状態です(汗)




次に銀座へ、前回のGWに続き1ヶ月ぶりです。
a0275945_1044265.jpg




バーニーズをさらっと冷やかして・・・
a0275945_10442127.jpg




またまたドーバーストリートマーケットへ。先月からもうディスプレイが変わっている・・・
a0275945_10443958.jpg

前回気になりつつ時間が無くて買えなかったスニーカーを見に来ました。

店頭には並んでおらず、店員さんに頼んでストックから出してもらいましたが、
あまりに急いで見た為イメージの記憶が違っていました。

しかしこの店は、すごくお金をかけた内装ではないのに什器やディスプレイのアイデアが
アーティスティックで毎回刺激を受けます。

『おっ! あのライダースジャケットカッコイイ!!』 と思ったら、セリーヌコーナーでした。
レディスだし高くて買えないし・・・でもこんな発見が出来るのもこの店ならでは、今秋冬は似たデザインで探してみよう。


ランチ抜きだったので、夕食を兼ねてまたまた来ました 『坂内食堂』
a0275945_10452936.jpg

美味しいけれど2回目はさすがに飽きてきた(笑) しかし有楽町~新橋のガード下の飲食店の数は凄いですね。


帰りの飛行機は20時、時間を持て余してしまいました、近くの日比谷公園に行ってみましょう。
『日比谷野音』 とかよく聞くけれど、見た事ないし・・・

予想以上に大きくて緑の濃い様子にびっくりしました。
a0275945_10473290.jpg




お互いが大きいと、街と緑それぞれを引き立てあって美しいですね。
a0275945_10482592.jpg




うーん、都心とは思えない癒しの空間・・・
a0275945_1049993.jpg




松本楼のテラス席は素敵。1階の料理はそんなに高くないし、今度は行ってみたいです。
a0275945_10511629.jpg




しばらく公園内をぶらぶら、緑は生い茂り花が咲き。
a0275945_1052588.jpg




a0275945_1053935.jpg




鳥はたたずみ。
a0275945_1052770.jpg




亀は歩く(笑)
a0275945_10534562.jpg




17時半過ぎ、公園内を通りすぎるビジネスマン達が現れる方向に出てみると、霞が関の官庁街でした。
虎の門ヒルズや、アンダーズの自分が泊まっていた部屋が見えました。
a0275945_10555330.jpg

皆さん普通のサラリーマンに見えるけれど、このあたりに勤めているなら皆さん年収はさぞ・・・なんて
下世話な事を思いながら(笑)

そんな皆さんと一緒におうちへ帰りましょう・・・
a0275945_10582557.jpg




羽田の飲食店は、訪れるたびインテリアやメニューが洗練されています。
『高い、味が普通、個性が無い』 と避けていた空港での食事もここなら楽しめそうですね。
a0275945_11151423.jpg


ここ数年意図的に大都会は避けていましたが・・・今年上半期、東京と大阪共に2回訪れて
やっぱ都会は刺激が多くて楽しいな~と実感しました。
[PR]

by soiconvent | 2014-06-25 09:00 | 国内

虎の門ヒルズの様子



虎の門ヒルズ、大々的に報道されているので相当大規模な施設かと思いきや、
基本は超高層ビル1棟のみ。下層階の付帯施設が少々といった印象。
a0275945_1011788.jpg




a0275945_1013573.jpg




道路、貫いてますね~
a0275945_102082.jpg




道路の上部は芝生の庭園。
a0275945_10249.jpg




ここが、狭いながら皆さんのとろけ具合が凄い・・・寛ぎ過ぎでしょ(笑)
a0275945_1023195.jpg




庭園を眺められるのは虎の門カフェのアウトドア席です。
a0275945_1032342.jpg




店舗フロア、2階内部のアトリウムです。
a0275945_104978.jpg




とんがった感じのダイニング。
a0275945_1034551.jpg




a0275945_1042977.jpg




ここのキャラクター 『トラのもん』 の前には撮影待ちの行列が。
a0275945_104412.jpg

国民的アニメキャラクターをアレンジさせてキャラクターにしてしまうとは・・・森ビル恐るべし。
きっと地方のデベロッパーだと門前払いのアイデアです。


店舗エリアはほとんどが飲食関係。わざわざよそから訪れるというより(最上階はアンダーズなので展望台も無いし)
施設内や周囲で働く人の憩いの場といった印象。このあたりに勤めている方は所得も高いでしょうから
高感度な飲食テナントを入れても集客は見込めそうです。


香港の有名店、『糖朝』 は大混雑。
a0275945_10135891.jpg




『但馬屋』 も同じく・・・
a0275945_1045081.jpg




熟成中です。
a0275945_1053642.jpg

レストランの価格帯は、ランチ1000円~の店もあり意外にリーズナブル。



3階にはファミマやカジュアルなカフェもありました。
a0275945_1052826.jpg


ただ場所柄、コンビニはそこそこ良いお酒を置いていたり(モエとか)
カフェのサンドイッチやサラダはハイクオリティ。アンダーズ滞在時の買い出しも問題ありません。
a0275945_106957.jpg




こちらはオフィスのロビーです。
a0275945_1062978.jpg




a0275945_1064344.jpg




こちらには、有名な表参道Koffeeの系列店が出店。
a0275945_1065831.jpg

ミニマルなインテリアなのにものすごく仰々しい店構えですね・・・こういう光景に 『わー東京ってスゴイ』
と思ってしまいます(笑)

地下鉄駅からも微妙に離れているし、周囲はオフィス街なのでわざわざ行きたいという程では無いですが
アンダーズに泊まっているのならとても便利な施設ではないでしょうか。

アンダーズタヴァーンの朝食が高いな・・・と思ったら、階下のメゾンカイザーや3rdカフェで
美味しいパンにコーヒーもいただけるのです。

次回宿泊する機会があったら、是非飲食フロアを利用してみたいものです。
[PR]

by soiconvent | 2014-06-24 10:13 | 国内

3年ぶりの東京見物



グラハイでのランチを終えて、歩いて乃木坂駅へ移動。千代田線で明治神宮前駅下車。
a0275945_14213357.jpg

この頃になると雨はいっそう強くなってきました、風もあるので傘を差していても濡れてしまいます・・・


今回は3年前が最後の東京以来、新しく出来た施設やお店をまわるのが目的。
といっても買い物ではなく、建物や内装を見ることが楽しみです。


まずは東急プラザの入口エレベーター。
a0275945_14215514.jpg




様々な角度に組み合わされたステンレス鏡面仕上げの三角パネルで覆われていて、
この日は雨だったので通行人の傘が表面に映りこみ巨大万華鏡のようです。
a0275945_1422888.jpg


ここには有名な緑のテラスがあるんですが雨だったので出る気になれず・・・
有名な『Bills』 は平日昼下がりにもかかわらず行列が出来ていました。
もちろん近くの有名なパンケーキ屋にはさらに長い行列が・・・



表参道はケヤキ並木や、技術やトレンドの粋を集めたブランドショップ。いつ訪れてもワクワクします。
a0275945_1423646.jpg




a0275945_1414952.jpg




a0275945_14231556.jpg



いかにも大都会ならではのお店ばかりなのに、街並みがゆったりしているのも魅力的ですね。
a0275945_14232580.jpg





歩いて南青山へ移動。もう10年以上前からあるこれらのお店、今見ても相変わらず最先端。
a0275945_14233660.jpg




a0275945_1423448.jpg




a0275945_14235828.jpg




青山のプラダは外観も内装も、什器まで相当ツボです。住みたいぐらい(笑)
a0275945_1424722.jpg




話題(のはずの) 台北の有名パイナップルケーキ店 『サニーヒル』 の前に来ました。
a0275945_14242084.jpg




隈研吾設計の木組の外観が印象的。初めてみたらビックリしますが、同じ木組を大宰府のスタバで見ているので・・・
a0275945_1424313.jpg

ここは行列もなくすぐ入れそうでした、ここで買い物をすればお茶とパイナップルケーキ1個のサービスがあるらしいのですが、
長旅前で荷物になるので見送ります。

安くて美味しい台湾土産のはずのパイナップルケーキが、ここでは一個300円ぐらいするらしいので、
台北旅行の楽しみに取っておきましょう。



『トム・ブラウン』 前の通りにやってきました。
a0275945_14245880.jpg



アメリカントラッドをモダンにアレンジした服は、セクシーでラグジュアリーなイタリア系や
ロック系のメンズモード界のトレンドを一変させました。
a0275945_14251959.jpg

色遣いもデザインも一見落ち着いているんですが、着ると意外にシルエットが個性的。
さらにお値段も凄まじく、なかなか手ごわいアイテムばかりです。


窓の無い外観にもビビリますが、入口もこんなに閉鎖的(笑) ムリ、入れない・・・
a0275945_14254247.jpg



他は愛用している国内デザイナーの旗艦店でずっと探していたブルゾンに出会えたり。
(そのわりに試着したら自分に似合わずww)

こんな緑溢れるお店が出来ていたり。
a0275945_1426754.jpg

やはりこんな雰囲気、こんなお店達が並ぶのは東京ならでは。まるで外国に行ったような気分になります。


あまり東京に熱中していると成田に間に合いませんね。表参道駅から新橋に向かい、
近くのカプセルホテルで1時間500円のシャワーを浴びて汗を流し
(シャワー室の天井がカビだたけでしたが、500円でさっぱり出来るなら文句はありません)

スーツケースをロッカーから取り出し銀座へ向かいます。今回の地下鉄&徒歩ルート、効率性は我ながら完璧(笑)
a0275945_14263742.jpg


銀座からシャトルバスで成田へ。平日の夕方、しかも雨で渋滞に巻きこまれたらどうしようかと思いましたが
60分で成田に着きました。料金も1000円だしこれは便利ですね。
[PR]

by soiconvent | 2014-05-09 09:00 | 国内

グランドハイアット東京 『チャイナルーム』 で飲茶ランチ


今回のギリシャ行きはエティハド航空利用。

スタアラなので、福岡~成田のANA切込みもお得かな…と、福岡~アテネで検索すると、成田発より3万高い…
普通差額は1万~2万ぐらいなんだけど、勿体無いな。

それなら早期予約でANAの羽田行きを予約して、久々の東京見物をしてから成田に行こう!
乗継のアブダビ発は21:20分だし、朝早く福岡を出れば夕方まで東京で遊べます。

まずは新橋駅のコインロッカーにスーツケースを預け、
少し南に歩いてアンダース東京の入る虎ノ門ヒルズを眺めます。この日は生憎の雨模様・・・
a0275945_1041836.jpg




悩みましたが、今のところ泊まる予定はありません。
a0275945_1043245.jpg




また少し歩いて、汐留駅から六本木へ。

目的はグランドハイアット東京の中華レストラン、『チャイナルーム』 の飲茶ランチ。
税サ込4537円で、飲茶30種類程の飲茶がオーダー出来る人気のランチです。

GW期間中とはいえ平日だったので、予約は直前でもいいかな…とHPを見ると、予約が取れない…

直接電話してみると、あっさり取れました。良かった~

『メニューは何になさいますか?』

と電話で聞かれ、とっさに高級ホテル向けの言葉が出なかった自分。

『飲茶食べ放題で…』 と言ってしまいました(笑)

『オーダー制の飲茶ですね』 とスタッフ。そう、それが正解。 食べ放題て…お里が知れますな(汗)



グラハイに着きました。
a0275945_107475.jpg




1階のエレベーターホール前に鎮座する変なオブジェがいかにもハイアット。
a0275945_1072261.jpg

内装的にはグランドハイアットランクですが、これがある事によってぐっと空間に格の高さを与えます。


6階のレストランが集まる一角に来ました。よく写真で見かけるテラスっぽい空間はここだったんですね。
a0275945_1074723.jpg




両側にレストランが並んで、ホテルなのにちょっと珍しいなと思いました。もちろん雰囲気は抜群にスタイリッシュです。
a0275945_108823.jpg




チャイナルームに着きました。
a0275945_1081393.jpg




うーん素敵なエントランス! 飲茶も楽しみですが、一番の目的はトニー・チー氏が手掛けた内装を見る事。
a0275945_1083788.jpg


入るとすぐに、『お待ち合わせですか?』 と聞かれます。

『いえ、1人ですが…』 と名前を告げ案内されると、入口から1番近いセクションの1番手前に席が用意してありました。
a0275945_10104296.jpg

やっぱ1人だと露骨に悪い席だな…汗

小さい子供連れに対応するセクションだったので、フードコート並みの騒がしさ。でも満席っぽいし、仕方無いですね。
a0275945_1010292.jpg



空間は、モダンなダークウッドの壁に赤いランプやミラー使いがアクセント。
a0275945_10123640.jpg



a0275945_1012534.jpg




席には既に予約したメニューが置かれていました。
a0275945_10133249.jpg



上記の前菜、デザート、お茶と24種類から食べ放題・・・いえ、オーダー制の飲茶のコース。
時間制限は90分です。
a0275945_10285483.jpg

沢山食べすぎてあまり良く覚えていないので・・・印象に残ったものだけコメントします。


前菜はバゲットにフォアグラのパテが載ったもの。中華?? 美味しいですが。
a0275945_10163525.jpg




a0275945_10175276.jpg




北京ダックが皮の中に入っています、ダックは少なめ。
a0275945_10184044.jpg




a0275945_1019357.jpg



白身魚のガーリックソース蒸し。これが一番好きでした。香味油の香りが食欲をそそります。
a0275945_10195710.jpg




チャーハンもお米パラパラで美味しかったです。
a0275945_10212067.jpg




a0275945_10215589.jpg




手前のチャーシューパイも好きでした。普段こういうものはすぐお腹に溜まるので頼みませんが、
ひとつひとつの飲茶は小さめで1つづつ出て来るので(複数オーダーも可能)。頼んで良かったです。
a0275945_1022879.jpg




a0275945_10242256.jpg




酸辣湯は麺入りです。
a0275945_10253798.jpg




お茶もポットにたっぷり。
a0275945_10254540.jpg




a0275945_10263590.jpg




大根餅も普段は頼まないんですが、ここのは美味しかったです。
a0275945_10272870.jpg




画像だと小さく見えますが、器の底が深いので結構ボリュームがあったマンゴープリン。
a0275945_10284375.jpg

ソースは濃厚ですが、プリン自体はポメロの果肉が入ったあっさり味。
そう、香港のローカルデザート『楊枝甘露』 の味そのものでした。



最後にエッグタルト。
a0275945_10311613.jpg



平日にもかかわらず満席で、スタッフは忙しそうに動きまわっておりました。
オーダーの通し方などに問題は無いものの、高級ホテルらしいエレガントさには欠ける印象でした。

それと飲茶はオーダーした順番通りやってくる訳ではないので、飯や麺系が先に来たり。
最初に頼んでいたものが終盤に来たりといった様子。

ANAカード会計で、1%マイルが着きました。

ランチにしてはちょっと贅沢ですが、普段交際費ゼロに近い暮らしなのでたまにはいいでしょう。
(今年に入って、プライベートで他人と外食したのがなんと2回だけ・・・汗)


六本木ヒルズのモール側に出ると、中国を連想させる模様のブロック壁。
a0275945_10405245.jpg




ここの店の為だけに型枠を作ったのかな・・・凝ってますね。
a0275945_1041501.jpg




4階のバー 『MADURO』 のアプローチはいつみてもスタイリッシュ。
a0275945_10423362.jpg

こんなバーでかっこよく飲んでみたいものです・・・


福岡のグラハイは慣れ親しんでいますが、やはり東京は場所柄客層の雰囲気が違うし
(みんなお金持ちそう) レストランのインテリアも大変スタイリッシュ。

客室の方は、今ではアジアのパークハイアットに泊まり歩いてきているのでそう魅力は感じませんが、
パブリックスペースはいつ行っても楽しいですね。
[PR]

by soiconvent | 2014-05-08 10:51 | 国内

お休みと言いましたが・・・小ネタの大阪


普段はデスクワークばかりなのですが、突然大阪に出張に行く事になりました。
先月プライベートで行ったばかりなのに・・・

これだったら、わざわざ先月ハルカスのマリオットに泊まり行かなくても・・・と思いましたが
先週末は何故かホテル代が高騰していて、結果先月泊まっておいて正解でした。
(一泊素泊まりが、先月の航空券+宿泊代(朝食付) より高かったです)



大した仕事では無かったので仕事は昼過ぎに終了、大阪の友人とランチに行きました。

JR天満駅前、初めて降りましたがなかなかディープな雰囲気です。
a0275945_17121444.jpg



店構えも個性的なものが多く、地元九州では味わえない雰囲気。
a0275945_17122532.jpg



周辺には安くて美味しそうな飲食店が沢山並んでいました。旅行者は梅田から一駅足を伸ばして
ここでお店を探すのも楽しいかもしれません。
a0275945_17124982.jpg





友人のオススメでイタリアンのお店に行きました。(名前は覚えていません・・・)
a0275945_1713476.jpg



まずはサングリアで乾杯♪
a0275945_17131399.jpg



タタミイワシのシーザーサラダ。
a0275945_1713287.jpg



巨大な岡山産のムール貝のパスタ。ムール貝は磯の香りが強かったです。
a0275945_17133831.jpg



これからオマール海老をいただきます。
a0275945_17135027.jpg

結局食べるんですが、いざ生きてる食材を『こちらを調理します』 と見せられると心が痛みます。

私は昔から食材をすぐ人間だったら・・・と空想してしまう変なクセがあって、
巨大なモンスターが(もちろん空想です)人間を食材として同じように扱ったらさぞ苦しいだろう
それならこの生き物達も・・・と想像してしまうんです。


オマール海老が丸々一匹入ったパスタが出て来ました。美味しい~(さっきの感情はいずこへ・・・)
a0275945_1715010.jpg




友人と別れて、中之島までやってきました。
a0275945_17152567.jpg



昨年完成したダイビル本館の見学です。
a0275945_17152762.jpg

大正14年に完成した当時の建物を下層階に復元した注目の複合ビル。


立派なエントランスです。
a0275945_17171780.jpg



深い彫刻の列柱が印象的ですね。
a0275945_17172389.jpg



エントランスのレリーフは、よく見ると色々な動物や顔が重なっています。
a0275945_1718740.jpg



a0275945_17181679.jpg



a0275945_17183961.jpg




西洋建築ですが、日本独自に解釈されているというか・・・とにかく独特の存在感。大阪の歴史の深さを感じます。
a0275945_17185060.jpg



a0275945_17191144.jpg





内部ホールです。部分的に復元された部材が使われてレトロモダンな空間です。
a0275945_17192466.jpg




a0275945_1719461.jpg




a0275945_17194348.jpg




a0275945_1720999.jpg




ビルの下層階には、当時の様子を伝えるサロンや(内部撮影禁止)
a0275945_17201996.jpg



ドイツのハプスブルグ王室御用達だった高級食材店 『ダルマイヤー』 のカフェ。
a0275945_17211688.jpg



雰囲気お高そうですが、コーヒー500円~と良心的。店内はゆったりしており雰囲気良かったです。
a0275945_17212727.jpg




こだわりがありそうなブーランジェリーに、
a0275945_172211100.jpg



ちょっと敷居の高そうなイタリアンなどが並んでいます。
a0275945_17222828.jpg


梅田からは少し離れていますが、街の喧騒から離れてゆっくり食事やお茶をしたいならオススメです。





梅田エリアに歩いて戻る途中・・・あっ、堂島ホテルだ。
a0275945_17225033.jpg



a0275945_17232237.jpg



印象的なアプローチですね。
a0275945_1723452.jpg



コンランショップ好きとしては、大阪店も見ておかなければ・・・とブリーゼブリーゼに来てみましたが、
福岡店と品揃えは変わらず。しかもライトな店構えに拍子抜け。
a0275945_1730123.jpg





JR大阪駅前に戻って来ました。
a0275945_17295673.jpg



夕食は、グランフロントB1Fのマンゴツリー・カオマンガイへ。
カオマンガイ800円。アルミのトレイやコップの色がカワイイですね♪
a0275945_17303478.jpg



カオマンガイは何度も食べているのにいつも、『味薄いな・・・』 と思いながら半分ぐらいまで食べ進み
やっとテーブルのタレの存在に気付く 。というミスを犯してしまいます(汗)
a0275945_17303179.jpg

タレは4種類あるので、少しずつかけて楽しむのがいいですね。


ちょっと時間を持て余してしまいました、インターコンチやセントレジスのラウンジに潜入してみたかったんですが
土曜の夜、1人じゃちょっと・・・

またまたグランフロント南館9階のデッキにやってきました。夜景が綺麗です。
a0275945_17311386.jpg



a0275945_1731297.jpg



デッキに面したダイニングバー『コスモポリタン』 はとてもクールな空間ですね。
(外から画像取りまくる自分はとても怪しいですが・・・)
a0275945_1732134.jpg



a0275945_17323524.jpg



グランフロントのレストランフロアは何処も行列が出来ていたので、ここならゆっくり食事出来そうでした。
a0275945_17324037.jpg



日帰りながら、結構楽しみつくした大阪出張でした(仕事しろww)
a0275945_1746169.jpg

[PR]

by soiconvent | 2014-04-21 17:10 | 国内

大阪で行った所、食べたもの。


今回の関西旅行、行きのフライトはドジってばかりでした。

まず、SKIPだからと余裕こいてフライト30分前に空港到着。
朝食にパン買って、スタバでカプチーノ買って・・・いたら15分前(汗)

急いで保安検査に向かったら、座席表発券機に時間オーバーで拒否されました。地上職員に怒られてなんとか通過。

伊丹に着いて空港を出て、携帯を出そうとしたら見当たらない!空港に戻って探してもらったら、機内でも見当たらないとの事。

『えー信じられない!』 と、もういちど上着を探すと、普段絶対に使わない腕のポケットに入っていました。
急いで機内に乗り込んだので、上着を持ったまま搭乗、携帯をしまう時胸ポケットと間違えたんですね。

ANAさん迷惑かけっぱなしでごめんなんさい・・・





大阪は何度も来ているのに、伊丹空港に降り立つのは初めて。
a0275945_1129288.jpg




関空が出来るまではここが日本第二の都市圏の玄関口だったんですよね・・・
a0275945_113089.jpg


関空に比べて市内までのアクセスが早く安いのが魅力。

モノレール+阪急なら梅田まで440円ですが、モノレール1駅分(約1.5キロ)が200円、
空港最寄の蛍池から梅田までは220円。

私はモノレールのコスパの悪さに納得出来ず、なんと歩いて阪急の駅まで向かいます(笑)
a0275945_1131079.jpg

どれだけケチなんだ・・・と思いますが、リッツ京都のランチ。ワイン代の足しにでもなれば・・・
リストの一番上を恥ずかしそうに頼まなくても良いのなら(小さい見栄ww)



距離にして約1.5キロ。モノレールの下を歩いて行けば20分程で着きます。
a0275945_11311271.jpg




梅田に着きました。まずはグランフロントでランチ♪
a0275945_11315475.jpg

毎年アジアの主要都市を訪れているのに、『わー都会!』 とビルを眺める万年かっぺな私です(笑)


一応ここと決めていたものの、他で食べたい店があったら・・・と10時45分頃レストランフロアに向かうと
(レストランオープンは11時)

お目当ての『Joe's Shanghai』 は開店待ちの行列! 慌てて並びます。
a0275945_1133486.jpg

待っている間に、袋いっぱいに入った冷凍エビ餃子を持ったコックさんが、
行列の間を通って厨房に入っていったのは興醒め・・・

黙ってても客が入る店は違います。そういうの隠さなくても平気なんでしょう。


開店と同時に席に案内、1人だったので入口すぐの両側に挟まれた通路に案内されました
『気が引ける、席悪い、沢山頼んで食べ比べ出来ない・・・』 の三重苦。そろそろ卒業したい気も(汗)


店内は少し高級感のあるモダンチャイニーズなインテリアです。
a0275945_11364755.jpg




a0275945_11373938.jpg




限定30食の、小籠包と海鮮あんかけの焼きそばランチ(1480円)をオーダー。

まずは大きめの蟹肉入りと豚の小籠包が1つずつ。
a0275945_11371015.jpg




皮は厚め、餡はコラーゲン多めの印象。
a0275945_1138440.jpg




海鮮あんかけの焼きそばです。野菜に隠れてますが、大ぶりのホタテや海老も入っています。
a0275945_11373389.jpg




デザートに杏仁豆腐。
a0275945_11383037.jpg

どれも美味しくいただきましたが、NYで人気のダイニングと謳うわりにはこれと行った個性が見当たらない。
まぁランチですからね。

グランフロントは飲食代が高めなので、そこそこの値段で近所では食べられない料理と雰囲気
ボリュームもあってお腹もいっぱいになれるのが行列の理由でしょうか?

レストランフロアは地元福岡や九州の有名店が沢山出店していました。
都会の人にとって『九州』 とか 『北海道』 って食に関してはブランドなんでしょうね。




9階の庭園に行ってみました。
a0275945_11383329.jpg




今は寒いですが、テラスのあるレストランは良い雰囲気♪ せわしない梅田地区ながらシティリゾートを感じられそうです。
a0275945_11385365.jpg




こんなダイナミックな吹き抜けもあるんですね。流線型の柱が印象的。
a0275945_1139587.jpg




光と影のコントラストを楽しみます。
a0275945_1139154.jpg




地下の階段状の滝は、春~秋は心地良さそう♪
a0275945_11392675.jpg




滝の前にはDEAN & DELCA。そろそろ福岡にも来て欲しい・・・マーブルの床とディスプレイの組みあわせがお洒落過ぎ。
a0275945_11394082.jpg




なんかタイの街角の匂いがする・・・と思ったら、マンゴーツリーカフェがやっているカオマンガイの店がありました。
a0275945_11395583.jpg

タイ米が炊き上がる時の匂いですね。タイが恋しくなった方はぜひこの店へ(笑)





ホテルの部屋で食べる用に、阪急でケーキ買って行きましょう。あぁ都会、大都会・・・
a0275945_11403631.jpg




待たなければバトンドールも・・・と思ったら凄い行列!
a0275945_11404755.jpg

お店から結構離れたエレベータホール前で、待ちの人が固められていました。






友人はお昼は披露宴、自分は明日リッツでランチ予定という事で、ディナーは気軽に食べられるお好み焼きを食べたいなと
宿泊していたマリオット近く、食べログの『お好み焼き 天王寺』 地区でランク一位の 『はやし』 へ。
a0275945_11411243.jpg


団地の商店街にある、地元の人がメインのとても庶民的なお店でした。
学生の頃帰宅途中で立ち寄ったお好み焼き店のような、懐かしい雰囲気。
a0275945_1141278.jpg




牡蠣ミックス、オムそば、イカ玉子、とん平焼きと生中2杯で約2500円。安い~♪
a0275945_11413894.jpg

お好み焼きは生地がフワフワ、キャベツがホクホクとした焼き上がりでいくらでも食べられそう。
小さめなので、2つぐらいは余裕でイケそうです。


高校生の時、初めて自分だけで大阪に行った時、『せっかくなら本場のお好み焼きを』 と
よくわからないまま道頓堀の千〇に入りました。

地元では450円で食べていたミックスモダンが1680円・・・当時高1の私は大変ショックで痛手でした。
支払いの後、友達と無言で店を後にしたのは言うまでもありません。

そんな体験から、地元の人が行く安くて美味しいお店に行ってみたかったんです。
こういう時、ネット時代は素晴らしいなと思います。





翌日、京都から帰って来た後はまたまたグランフロントでヒマつぶし。

新しいのもありますが、本当にピカピカしていて綺麗な街。
a0275945_1143549.jpg




建築や商業空間が子供の頃から好きなので、思わず見入ってしまいます。
a0275945_1143568.jpg




北棟の吹き抜けには、マジックアートのカーペットが。
a0275945_1143273.jpg




真ん中に立つと、プールの底に居るような風景に。
a0275945_11432578.jpg




福岡でもお洒落なお店や洗練された空間はそこそこあるんですが、やっぱり大阪や東京あたりはスケールが違いますね・・・
a0275945_11435242.jpg




気になっているのに今回も見送る事になったインターコンチの入口を撮影。
a0275945_11435111.jpg




そろそろ伊丹へ向かいましょう、九州から手軽に都会を楽しむのは大阪が最適ですね。
a0275945_11442491.jpg

[PR]

by soiconvent | 2014-03-18 11:44 | 国内

ハルカス300


旅先では必ず3~4時間で目が覚めてしまう自分。やっぱり6時前には目が覚めました(汗)
疲れが残りまくりですが、折角なので展望台 『ハルカス300』 に向かいます。


一旦16階まで降りて、チケットを渡し60階直通のエレベーターへ。
a0275945_10293518.jpg




ホテル宿泊者は6時と6時30分より入場出来て、7時30分には退出するスケジュール。

朝早すぎ・・・ですが、無料で入れるのはありがたいです。
そして対応してくれるスタッフの皆さん、早朝からのお仕事お疲れ様です。
a0275945_10285830.jpg




エレベータの奥に立って天井を見上げると、上昇感が楽しめる演出になっています。
a0275945_10302051.jpg







地上300m、60階の展望フロアに着きました。朝日が眩しい!
a0275945_10292871.jpg




着いてすぐに太陽が厚い雲に隠れたので、館内部を撮影します。余計な装飾のないすっきりとした内装で好印象です。
a0275945_1030492.jpg




a0275945_10295265.jpg




内部は吹き抜けになっていました。
a0275945_10311531.jpg




a0275945_10301825.jpg




このアングル、透明感・浮遊感が凄いですね。内部の吹抜け、大正解です!
a0275945_10313843.jpg






あんまり興味無い南側をささっと撮影して・・・
a0275945_10304452.jpg




とはいえ長居周辺は小学生の頃、親の知人に連れられて2回関西旅行で訪れた時に
よく通った場所なので良く覚えています。フェリーで行ったので南港に着くんですよね。
a0275945_1032682.jpg

人生初大阪は知人の方がフェリーで体調を崩して救急車で市内に入りました、
当時小2の自分にとっては強烈な記憶でした。

そして、大人が『ながい、ナガイ』 と口にするのを聞いて、『永井って人の名前みたいだな~変なの』
と勝手に漢字を人名変換していました(笑)






早く雲の上に太陽が上って来ないかな~と東側に向かうと・・・うわー神秘的!
a0275945_10311916.jpg




雲の隙間から差しこむ朝日が、建物をキラキラと輝かせています。
a0275945_10324494.jpg

部屋からの眺めとそうかわらなさそう・・・とあまり期待していなかったんですが、早起きして良かったです。



ちなみに東側の足元はこんな風景です。
a0275945_10321766.jpg








太陽が上って、雲の影が消えた頃に北側を撮影。
a0275945_10333842.jpg




やっぱり北側が一番見応えあります。
a0275945_1033566.jpg




a0275945_10342474.jpg




a0275945_10332546.jpg




ビルに埋もれていますが、大阪城も見えました。
a0275945_10341937.jpg




北側の真下はこんな感じです。60階まで来ると、さすがにセットバック部分の屋上は
真下を見下ろさないと視界に入らないですね。
a0275945_10354474.jpg








こちらは西側の大阪湾方向。
a0275945_10355467.jpg




ズームしてみると、かすかに明石海峡大橋が見えました。
a0275945_103685.jpg

ホテルは西側に上級ルームが配されているということは、一番良い眺めとされているんでしょうが、
自分は北側が好きです。



西側の窓際は床がガラス貼り、おもしろ写真撮影に良いですね(笑)
a0275945_10364433.jpg






吹き抜けの下、ウッドデッキがある58階に降りてみます。
a0275945_10371068.jpg




カフェレストランがありました。
a0275945_10371868.jpg





メニューもマリオットに比べればぐっとリーズナブル。マリオット57階のレストランはハードル高そうですもの・・・
a0275945_10374357.jpg




南北の窓側、そしてデッキにもテーブルがありますが、数が少ないので競争率高そうですね。
a0275945_10375320.jpg




早朝だから薄暗いだろうし、さらっと流して帰ろうと思っていましたが、一時間も滞在してしまいました。

しばらくは予約制で気軽には入れないそうなので、いち早く体験出来て良かったです。
そして、展望台の造りがシンプルで透明感があって素晴らしかったです。
[PR]

by soiconvent | 2014-03-12 10:38 | 国内

大宰府天満宮


竈門神社を出たあとは、大宰府駅まで歩いて帰る事にしました。

約2キロの道のり、紅葉期間中は日中30分に1本バスが出ていますが、渋滞で時刻表通りに来ない状況だったので・・・

前回の神社の画像を見ると周囲もさぞ・・・と思われるでしょうが、なんてことない風景なので画像は省略します。



途中、天満宮の裏手に抜ける小さなトンネルがあります。
a0275945_15151843.jpg




レンガで覆われて風情がありますね。
a0275945_15154373.jpg




a0275945_1516304.jpg




トンネルって大人になってもわくわく、そしてちょっと恐怖を感じますね。
a0275945_15161567.jpg







トンネルを抜けて天満宮の裏手の敷地に入ります。様々な色の樹々が屏風のように広がっています。
a0275945_1516503.jpg




a0275945_15165699.jpg






トンネル近くの『お石茶屋』
a0275945_15172438.jpg




うどん、丼物、名物の梅ヶ枝餅、ぜんざいが主なメニューのお茶屋さんです。
a0275945_1518587.jpg


紅葉や初詣の時期は賑やかですが、2年前訪れた時は本当に静かで落ち着けました。
普通にお宮参りだけだとまず気付かない場所にあるので・・・



大宰府に来たらやっぱ梅ヶ枝餅でしょ♪ 参道にずらっと並ぶ店先で買い食いしても良いのですが、

ここお石茶屋は、座敷に座って焼きたてが食べられて、しかもお茶が付いて来る! 一個(105円)でも(汗)
a0275945_15184663.jpg

本当は2~3個注文したかったのですが、夕食が食べられなくなるので・・・
お店にしては大変迷惑な客だったでしょう、ごめんなさい!


ところで、中学の修学旅行で天満宮を訪れて初めて梅ヶ枝餅を食べるまで、
名前の通り梅味の餡が入っているのかと勝手に思い込み思いわくわくしていましたが、普通の粒餡でした(笑)






裏手から天満宮に入ります、こちらも大変賑わっています。そして韓国人観光客がとても多かったです。
a0275945_15195712.jpg




a0275945_1520290.jpg





境内では菊の展示会がありました。
a0275945_15203333.jpg




どれも大輪の花を咲かせた立派なものばかり。
a0275945_15213437.jpg




菊ってこんなに種類があるんですね・・・
a0275945_15225434.jpg




a0275945_1523140.jpg




a0275945_1523661.jpg


何事も、その道を極めた世界というものは興味深いものです。








参道に出ると・・・うわーすごい人・人・人!
a0275945_15234430.jpg




こちらは紅葉寺で有名な光明禅寺に続く路地です。ちょっと京都気分に浸れます。
a0275945_1524065.jpg



中学の修学旅行で初めて訪れて、その頃から歴史や建築、街並みに強い興味があった変わった子だった私は
現代の建物ばかりながら和風で綺麗に整備されたこの参道や駅前にとても感動した記憶があります。
(生まれ育った南九州には、こういう場所無かったので)



この参道沿いに、建築家の隈研吾がデザインしたスタバがあります。
a0275945_15242810.jpg




皆が思わず『え!? これがスタバ??』 と足を止める特徴的な外観。
a0275945_15244834.jpg




a0275945_15252320.jpg




印象的な木組は、外から店内の壁一面に広がっています。
a0275945_15251096.jpg



モダンで大胆ながら和を感じさせる、天満宮の参道という地域特性に対応したデザイン。

2年前オープンした直後に店内でコーヒーを楽しみましたが、そのデザインコンセプトの強さか
鰻の寝床状の平面形ゆえ、ソファ席が無くあまり落ち着けませんでした。

この建物が交番や観光案内所だったら『変ってるなー』 で終わるんでしょうが、

『あのスタバがこのデザイン!?』 というのが、建築にそう興味の無い人にも目を引くのでしょう。
大宰府の新名所といっても良いかもしれません。
a0275945_1528036.jpg




神社やお寺、紅葉にモダンな建物。大宰府はたまに訪れると旅行気分で色々楽しめますね。

福岡って、住む分にはとても快適なんですが(市街地の風景も変化に富んで、自然も近いし、都会の洗練もそこそこ体験出来る)
他県の観光客を案内するとなると困ってしまうんです。

特に、東京大阪在住の方には 『繁華街で買物』 というプランが消えてしまうので。食に走るしかないという(汗)

大宰府は安心して案内出来る数少ない観光地だと思います。
[PR]

by soiconvent | 2013-11-27 15:30 | 国内

竈門神社~その②



本殿手前に、昨年末完成した社務所があります。(逆光写真すいません)
a0275945_11255084.jpg




神社建築で有名な種村強氏(今までこの方存じ上げませんでした)の設計。
a0275945_1126222.jpg



その建物内の、御守りを販売する授与所を世界的インテリアデザイナーの片山正通氏。

東京は原宿・青山あたりのブティックには彼のデザインしたお店が沢山ありますし、
海外ではリッツカールトン香港のバー『オゾン』や、パリのプランタン百貨店の改装も手掛けています。
(ちなみに、自宅の近所にも彼の手掛けた小さなお店があります)

そして、筑紫野平野を望むテラスの椅子のデザインは、
これまた世界的なプロダクトデザイナーのジャスパー・モリソンという凄まじく贅沢なコラボレーション。


東京都心辺りなら、『やっぱり都会は違うね~』 で片付けられるこのプロジェクト。
福岡の町外れの、しかも神社内で実現している事に強い興味が沸きました。


建物自体は、現代的でシャープなフォルムを取り入れたもの。
a0275945_1130963.jpg




L字型の片側の庇はガラスを使用しており、神社建築としては斬新です。
a0275945_11301975.jpg





縁側から見た内部の様子です。
a0275945_11304020.jpg




すぐに俗世と比べるのはどうかと思いますが・・・高級デザイナーズ旅館のよう。
a0275945_11305349.jpg





こちらが建物の一角にある授与所です。
a0275945_1133468.jpg




a0275945_11331266.jpg




ガラス越しに風景が透過/反射したり、内外の人の影が交差したり、なんともモダンで詩的な光景。
a0275945_11333189.jpg




a0275945_11334477.jpg





内部です。女性の参拝客が多い事を意識されたそうで、柔らかい印象。
a0275945_11341670.jpg


しかしそこはただ可愛らしいとか、神社だからジャポニズム全面押しといったものではなく
片山氏ならではの世界観が表現されています。


奥のブロック状の装飾は、なんと白~ピンク色の天然大理石でした! うーん贅沢&手間がかかっている・・・
a0275945_1135652.jpg




天井にはアクリルの桜模様が一面に、光を反射してこちらも綺麗。
a0275945_11352198.jpg




a0275945_11352720.jpg




絵馬や御守りに書き込む為の筆記具も、テーブル天板から見えてオシャレな演出。
a0275945_11361876.jpg


まるで現代アートの一作品のようですが、そこは商業建築メインのデザイナー
親しみ易さを感じさせつつ、最高にモダンな空間が演出されていました。





裏手のベランダに行ってみます。
a0275945_1137587.jpg




・・・が、すごい人だかりで全景が見渡せません。
a0275945_11373299.jpg




こちらは壁沿い、木格子やフレームの存在をなるべく薄くしたガラスのフェンスがシャープでモダン。
a0275945_11374795.jpg




こちらには、ジャスパー・モリソンデザインの椅子。
a0275945_1138686.jpg

彼らしい過度な主張の無い、機能を優先にフォルムをとことん突き詰めたと思われるデザインです。



2人掛けベンチが1つと、1人掛けが3つ。
a0275945_11383310.jpg

この椅子、御影石で出来ているんですが、とても座り心地が良かったです。



そして、見た目に反して回転します。(ぐるぐる~と回転させて童心に帰るオジサン・・・笑)
a0275945_11384938.jpg


しかし、この4つの椅子だけの為にジャスパー・モリソンにデザインを依頼。
しかも竣工の際には現地まで来たんですから、費用はどれだけかかっているのか・・・?? と下世話な疑問が(汗)



ベランダの向こうに、神社の参道と筑紫平野を眺める事ができます。
a0275945_11392510.jpg




a0275945_1139317.jpg



紅葉の季節じゃなければ、もっと落ち着けるのになぁ・・・と思いつつ、
『なんかカッコイイねこの建物』 とか、『この椅子回るよ~』 と声が聞こえ、紅葉をバックに記念撮影している人を見ると
この施設を楽しんでいる様子に嬉しくなりました。




下のテラスもスタイリッシュな雰囲気ですね、降りてみましょう。
a0275945_11444817.jpg




a0275945_11445363.jpg




a0275945_11454546.jpg




この階は宝物庫になっているそうですが、そこの前は紅葉期間の参拝客を見込んでか、
近所に工場がある地場大手菓子メーカーやホテルが屋台を出して、神社内らしからぬオシャレな食のラインナップ(笑)
a0275945_11452757.jpg




スパークリングワイン(400円)を一杯引っ掛けて帰るつもりが、朝パンを食べただけで出かけた事もあり
軽い昼食を兼ねて、シーフードのクリーム煮(600円。ガーリックトースト付)も購入。
a0275945_1146614.jpg

ラップに包んで、蒸篭で保温していました。そういう提供の仕方ってあるのね・・・
洋食=ステンレス鍋のイメージだったので新鮮。

ホテルメイドだけあって、食材や調理はしっかりしたものでした。



紅葉も一番綺麗な時期だったし、好きなデザイナーの施設は予想以上に感動出来たし、
近場でこんなに楽しめるとは思いませんでした♪

鹿さんもいますよ(笑)
a0275945_11472987.jpg

[PR]

by soiconvent | 2013-11-26 11:47 | 国内