ひねくれ〇の旅日記

カテゴリ:上海 2008( 4 )


水郷の村 『烏鎮』 を訪ねる


2003年に初めて上海郊外の水郷の村を訪れて、中世そのままの雰囲気にすっかり魅了されてしまい
2005年には 『朱家角』、2008年には今回記事の 『烏鎮』 を訪れました。

他にも『同里』 や映画ミッションインポッシブルⅢの最終シーンロケで使われた 『西塘』 など
何処も上海市内から車で2~3時間程の距離に点在しています。

上海からはどの村も往復バス代+入場券の付いたチケット(当時60元) で行く事が出来ますが
往復共時間が決まっているので、朝~夜まで時間はかかります。
a0275945_9554959.jpg




途中の町はどこもこんな感じ、やはり上海都心に比べ素朴ですね。
a0275945_956658.jpg




烏鎮到着。景観地区は2つに分かれており、西柵区の方が規模が大きいものの
バス停から3キロ離れているらしいので目の前の東柵区へ。
a0275945_9571139.jpg




新しい建物が混ざっていたり、規模が小さい日本の 『古い町』 に比べ、
こちらの水郷の保存状態はなかなかのもの。
a0275945_9574725.jpg




歴史的純度が高いといったところでしょうか?
a0275945_958848.jpg




東アジア人って新しい物好きだし昔は木造文化だったので、なかなか古い建物や街並みが残りにくいですよね。
a0275945_101919.jpg




a0275945_1012180.jpg




ただ広大な国土と人口の中国と言えども、美しい村や町は観光化の波には逆らえません。

日本や他の国と同じ、歴史地区を出るとこんな普通の町・現代の生活が営まれております。
a0275945_102423.jpg




a0275945_1022029.jpg


『昔ながらの生活を営む村にお邪魔する』 というのは、現代では相当な秘境にいかない限り難しいかも知れません。


歴史地区の通りの商店も、ほとんどがお土産店ばかりです。
a0275945_1031190.jpg




広場の演劇は観光客の為? 地元住人向け??
a0275945_1033182.jpg




こういう光景を見ると、歴史保存地区で普通に生活している人も居る事がわかります。
a0275945_1035736.jpg




a0275945_1041657.jpg




a0275945_1042676.jpg




『わーおばあさんが手芸してる!』 と近付くと胸にはなにかの身分証が。
a0275945_1044230.jpg




こういう藍染の天日干しも、観光地での見せ場の一環なんでしょうか?
a0275945_1045668.jpg

(後で調べると、染物もこの地区の特産品らしいです)





昼食は適当に入ったレストランにて、映画に出てきそうな雰囲気ですね。
a0275945_1052647.jpg




どうやらこの地域の名物らしい羊肉の煮込みは固くて臭みがありましたが、
青菜が詰め込まれた揚げ豆腐や麺はあっさり味で美味しい(麺はどん兵衛みたいな味でした)
a0275945_1054353.jpg

写真も英語メニューもありませんでしたが、適当に頼んだ割にはまぁハズレなかったです。



食後は船に乗りました(当時80元)
a0275945_106637.jpg




a0275945_106241.jpg




a0275945_1063663.jpg


水郷の村は3回も行ったのでもう再訪する事はありませんが、最初に訪れるとその風景に感動すると思います。
[PR]

by soiconvent | 2015-03-13 09:00 | 上海 2008

グランドハイアット上海 画像集 +パーク



2003年に初めてツアーに参加し上海を訪れて、
ここで送迎のバンを降りていくツアー客が本当に羨ましかったグランドハイアット上海。
a0275945_19354859.jpg




開業して数年は、発展する中国の象徴として扱われていたホテル。
当時は中国一高いビルだった金茂タワー内の上層階に入っています。
a0275945_19353613.jpg




どうしても泊まりたくて、2005年に再訪し宿泊。そして2008年にも連れが関係者だった事もあり無料で宿泊。
未だに自分の中での最多泊高級ホテルです(4泊ですがww)
a0275945_19362130.jpg




ビルの外観もそうですが、パブリックスペースのアールデコ×チャイニーズのアレンジが素晴らしく、
ハイアットブランドを好きになるきっかけにもなりました。
a0275945_19361230.jpg




a0275945_19365761.jpg




当時は名所にもなっていた、客室フロアのアトリウム。
a0275945_19365754.jpg

幾何学的な視界の中、通路を行き交う人々が小さく見えて
ずっと見下ろしていると頭がクラクラしてしまいそう。

エレベーターの中、最上階のバーへ見物に行く観光客を尻目に客室フロアに降りる瞬間は優越感もありました。



漢詩が書かれたヘッドボードが印象的な客室。
a0275945_19375641.jpg




a0275945_19373957.jpg




2000年代前半って、濃い木目のインテリアが流行りましたね。今は逆ですが。
a0275945_19384210.jpg




バスルームも開業当時は最先端のデザイン。置かれているオブジェがいかにもハイアットです。
a0275945_19382811.jpg




ガラスの洗面ボウルが懐かしいです。
a0275945_1939108.jpg

当時最高級ホテルだったのに、バスタブにお湯を張ると黄色くてドブ臭い水が出てきてビックリしました。
(最近の高級ホテルでは透明な水が出てきます)


客室は60~80階ぐらいの位置なので、天気が悪い日には雲の中で景色が見えません。
a0275945_1938556.jpg




a0275945_19393756.jpg




a0275945_19391525.jpg




56階のロビー階ぐらいの高さがちょうど良いかも。高すぎるのも考えものです。
a0275945_1940115.jpg




当時はIFCモールやリッツカールトンも建設中でした。
a0275945_1939436.jpg






朝食は付いていなかったので、お隣のパークハイアットに見学を兼ねて行ってみました。
a0275945_19402565.jpg




a0275945_1940111.jpg



私は東京のパークにランチしに行った事しかなかったのでドキドキ。
連れは関係者なので平気(笑) お任せして付いていきます。
a0275945_1940565.jpg




時間は11時ぐらいだったので、もうランチかな~と思っていたら。連れが 『朝食を取りたいんですが』 とスタッフに。
a0275945_19404096.jpg




ちょ・・・お決まりメニューの朝食ブッフェよりランチがいいな~(汗) 連れて来てもらっているので何も言いませんでした。
a0275945_19414618.jpg




87階、ロビーの奥にあるダイニングは今見ても素敵。
a0275945_19424048.jpg




今まで宿泊したホテルの中では、こちらが自分にとってベストインテリア。
a0275945_19425239.jpg

というか、トニー・チーのデザインって今でもほとんど雰囲気が変わっていないですね。


初めてのパークハイアットでの朝食。卵料理やドリンクをオーダーして持ってきて貰うシステムを覚えました。
a0275945_1943394.jpg

グランドはもう再訪する気はありませんが、パークはまた泊まりに行きたいですね。
アジア地区のシティホテルで、ここ以上に好きなインテリアのホテルは未だ現れておりません。
[PR]

by soiconvent | 2015-03-09 09:30 | 上海 2008

外灘~方浜中路を探索


アジア旅行でこんな事を言うのは、今では陳腐な気がしますが、
『数時間でハイ&ロー、最先端&昔へタイムスリップしたような空間』 を体感出来るのが上海の面白いところ。

中心部の旧市街は路地をまっすぐ歩くだけで新旧の街並み、アジアと西洋、ブロックごとに景色が変わります。

他の国でも新しい街・庶民的な下町はありますが 『なんとなくみんな中流以上』 に見える日本や韓国・香港・台湾に比べ、
住む地域によって生活様式や身につけるものが極端に違うので、見た目だけでなく時代感も歪んで見えるのが中国。


この日は外灘三号にあるモダンチャイニーズのお店でランチ。当時、片車線をトンネル化しており大工事中でした。
a0275945_15591867.jpg




租界時代の歴史的西洋建築をリノベーションした施設。周囲はまだまだ下町の風情が残っている中
古い建物の中に高級ブティックやレストランが入っていてなんともエキゾチックです。
a0275945_15594434.jpg




お店は香港の有名デザイナー、アラン・チャン設計の 『黄浦会』
a0275945_1601340.jpg




アールデコ×シノワズリのエントランスが素敵です。
a0275945_1602960.jpg




a0275945_1603866.jpg




長くて広いアプローチを抜けて客席へ。
a0275945_1605875.jpg




a0275945_161674.jpg




エントランスの重厚感と違い、シンプルで明るい空間にカラーガラスが印象的。
a0275945_161413.jpg




オーダーしたのはコースランチ。茶器もスタイリッシュ♪
a0275945_1614933.jpg




前菜、まずますだった記憶。
a0275945_162451.jpg




スープとメインの東被肉。
a0275945_162126.jpg

スープは魚の頭が入っていて味も薄めでビジュアル的にムリ、東被肉は見た目角煮っぽくて美味しそうですが
中国なのでガッツリと苦手な八角が効いておりました・・・

盛り付けはオシャレなんですけどね・・・調理云々より口に合わなかったです。


ご飯ものと点心、このあたりは普通に美味しい。
a0275945_1623360.jpg




a0275945_1624081.jpg




デザートは苺のチーズケーキと御汁粉。スイーツですがちょっと重めに感じました。
a0275945_1635180.jpg

当時でおそらく3000円ぐらいだったと思います。まぁ雰囲気代という事で(笑)



外灘三号にはギャラリーもありました。
a0275945_1641048.jpg




福岡にも沢山あるマイケルグレイブス設計のアトリウム。カッコイイですね。
a0275945_1643174.jpg




彼の作品は、時代が経ってもそう古さを感じない事。あまり細かい装飾を使わないせいでしょうか?
a0275945_1643844.jpg




ギャラリーの窓からは浦東の風景。
a0275945_1671453.jpg




隣の外灘六号には出来たばかりのドルチェ&ガッバーナがありました。バー併設でカッコ良かったです。
a0275945_1627106.jpg

当時アルマーニも外灘沿いにお店を構えていましたが、ドルガバ共新しいショッピングモールに移転した模様。
外灘のラグジュアリー計画は、ホテルとダイニングだけが残ったようです。



建物を出て路地に入るとすぐにこんな風景。
a0275945_1681886.jpg




黄浦江にはこんな遊覧船も、いやー思い描く中国そのもの(笑)
a0275945_169331.jpg




ここから豫園~新天地までを散歩するのが好きだったのです。
a0275945_1693076.jpg




今はもう飽き飽きしていますが、豫園に寄って。
a0275945_1694756.jpg




a0275945_1695915.jpg




a0275945_16101053.jpg




a0275945_1610227.jpg




南翔饅頭店で小龍包を。
a0275945_16274131.jpg




最初に訪れた時は、16個で8元(約150円) でした。
a0275945_16104999.jpg

安い1階のテイクアウト専門店は毎回1時間程並びます。そして酢醤油と思ってたっぷり掛けたタレが黒酢でショックでした。
慣れるまであの風味はキツイですよね。


豫園外側の、ガラクタっぽいお土産屋をひやかし、
a0275945_1611334.jpg




方浜中路へ入ります。
a0275945_16114359.jpg




a0275945_16115417.jpg




a0275945_1612423.jpg




豫園~新天地への抜け道的な路地なんですが、初めて歩いた時の衝撃は忘れられません。
a0275945_16122943.jpg


『タイムスリップしたような』 とは良く聞く表現ですが、
ここは本当に空間自体が違う雰囲気に感じられました。50年前にタイムスリップしたような・・・
a0275945_16125579.jpg

すごく昔ではなく、ちょっと昔っぽいのもやけにリアル(現実空間なので当たり前ですが)。



遠い異国ならすんなり受け入れるのに、なんとなく似ている隣国だけに新鮮でした。
ドキドキしながらシャッターを押し続けます。
a0275945_1615272.jpg




3回目である今回の探索では、通りの片側は更地になっていました。
今ではもう高層マンションが立ち並ぶ通りに変わっているのかもしれません。
a0275945_16155796.jpg

[PR]

by soiconvent | 2015-03-07 09:00 | 上海 2008

ハイアット オン ザ バンド 画像集



2008年に宿泊した上海の 『ハイアット オン ザ バンド』
a0275945_1005196.jpg



オーナーが 『ハイアットの上級ブランドを誘致したい』 と思ったものの、
上海では既にリージェンシーブランドしか空きが無く、『でもリージャンシーじゃイヤ』 と
特別な名前になったと言うのがホテル名の由来と聞きました。
a0275945_1035592.jpg




2つの客室棟を繋ぐ大きなロビー、ハードはリージェンシーカテゴリーより上のクオリティです。
a0275945_1064230.jpg

といいつつ、リージェンシーなのに豪華だな~とか、パークにしては質素じゃない?? というホテルもあるのがハイアットの特徴のような気がします。ヒルトンもそういうとこありますね。



この時は、連れがこちらの関係者でして・・・無料宿泊でした。世界中どこでもタダって羨ましい・・・
a0275945_10133224.jpg




広さは40㎡ぐらいだったでしょうか、モダンですっきりとしています。
a0275945_10142636.jpg




茶系ベースのくすんだ色使いの組合せは中国のホテルらしいですね。
a0275945_10144314.jpg




窓際にはベンチと、天井から下がるこんなペンダント照明も。
a0275945_10154138.jpg




眺めの良い部屋に案内していただいたようです。左端には浦東の高層ビル群が。
a0275945_10232633.jpg




正面には外灘の西洋建築。客室によっては黄浦江を挟んだ新旧の上海を両方眺められるのがこちらのホテルのいいところ。
a0275945_1026239.jpg




シースルーバスは見慣れていたけれど、扉を開ければバスルーム自体がベッドルームと一体になるレイアウトは
当時は珍しかった記憶があります。今はなんとも思いませんが・・・時代の流れは早いものです。
a0275945_10194810.jpg



バスルームの画像はこれしかありませんが、ハイアットらしいシンプルな御影石仕上げです。
a0275945_11414419.jpg




こちらのホテル、画像はありませんが無料で瓶入りのお茶が2種類置いてあります。
1階でお菓子を買ってきて、お部屋でアフタヌーンティー。
a0275945_1022757.jpg




この日は雨、しかも大気汚染がありますが、高級ホテルから眺める分には水墨画(中国だけに) と思って眺めれば風情もあります。
a0275945_1028918.jpg

あまりに酷くて視界ゼロの場合はさすがに勘弁して欲しいですが。



夜の客室の様子です。(これ以降、夜景画像は旧式デジカメにより画質が悪いです)
a0275945_10301965.jpg




最上階のバーにやって来ました。
a0275945_1031221.jpg




設計はスーパーポテトですが、結構暗いので当時は気付きませんでした(笑)
a0275945_1032149.jpg




a0275945_10322357.jpg




2フロアもあって結構広い、当時は最先端だったんじゃないでしょうか?
a0275945_10332246.jpg




テラス席もあって、そこにはジャグジーが・・・入る人居るのかな? 貸切だったらアリかも。
a0275945_10342868.jpg




窓際やテラスからは、こちらも新旧上海の象徴が目の前に。(浦東だけのアングルですみません)
a0275945_10344633.jpg

夜遅すぎてビルのライトアップが消えてしまいました。



こちらのホテル、ロケーションが少し不便。近くに地下鉄駅は無いし
当時はタクシーの運転手の認知度も低かったです。

ちなみにシースルーのエレベーターから見える景色はこちら。
a0275945_10382967.jpg

当時ホテルの裏側はとても庶民的な街並みで、たまにいかがわしいお店なんかもあったんですが
再開発の波が押し寄せている様子。

パークは別格として、グランドハイアットと泊まり比べてこちらの方がサービスが良いという話を良く聞きます。
今や高級ホテルが山のように存在する上海、個性は薄れてきている印象ですが
5つ星の中では割合リーズナブルだし、良いホテルだと思います。
[PR]

by soiconvent | 2015-03-06 09:56 | 上海 2008