ひねくれ〇の旅日記

カテゴリ:シンガポール 2009( 3 )


だらだら語るシンガポール散歩~その②



ILUMAからアラブストリートへ向かう間に、こんなパンチの効いたカラーリングのアパート。
a0275945_14234364.jpg

最近のシンガポールの建築は何処でもオシャレでスマートな印象ですが、きっと80年代までは
こんな建物がほとんどだったんでしょう。



アラブストリート裏からの風景。
a0275945_14241186.jpg

初シンガの時に初めて見付けた、ショップハウスとモスクのドーム、そして時代を感じさせる変わったデザインの高層ビル。
異国情緒たっぷりで、好きなアングルです。



最初にシンガポールを訪れたら、この地域は外せませんね。
a0275945_14243020.jpg







アラブストリートからラッフルズホテルに向かいます。途中こんなオフィスビル。
画像左側のように、片側が鋭角に切れこんだデザインなので・・・
a0275945_14245189.jpg




見る角度によってはペラペラ、一反木綿状態(笑) 華人が多い国なんで、風水とか関係あるのかな??
a0275945_1425546.jpg






ラッフルズにやって来ました。(ここは過去記事、2009年シンガポールに詳しく書いています)
a0275945_14451329.jpg





ラッフルズを出て、周囲のイギリス植民地時代の西洋建築を見てまわります。
a0275945_14253750.jpg




a0275945_14255183.jpg




海も近いし、建物も緑地帯も手入れが行き届いているし、爽やかな街ですね~
a0275945_14261972.jpg




a0275945_1426252.jpg




ボートキーの南側は、落ち着いたバーやレストランが点在します。
a0275945_14271069.jpg




前回ディナーした、インドシン・ウォーターフロント。シンガポール川沿いで素敵なロケーションですが、
今はマリーナベイサンズが眺められる海沿いのレストランの方が人気でしょうか?
a0275945_142972.jpg






この辺りに来たらやっぱり見とかないとでしょう♪
a0275945_14292564.jpg




今となっては貴重な、サンズの建設風景。
a0275945_14294175.jpg




この時点で夕方5時ぐらいだったでしょうか? 雲行きが怪しい・・・
a0275945_1430118.jpg



と思って早足でタンジョン・パガーに向かう途中、やっぱり来た~スコール!



シントンウェイのビルの回廊で一時間程雨宿り・・・ん?? あのビル強烈!
a0275945_14302972.jpg




雨が止んでチャイナタウンを横切ると・・・なんだあれは(汗)
a0275945_14304468.jpg

巨大なビルなのに、色も側面の看板も強烈なので凄まじいインパクト。
うんうん、つい20~30年前のシンガポールって、こんなセンス普通だったんだよ。と自分に言い聞かせます(笑)




タンジョンパガーに着きました。グーグルアースで見たこの一角の写真が素敵だったんですが、
実際はまぁまぁ・・・かな? (写真のChina Town Hotel、外観は素敵ですね)
a0275945_1431824.jpg




このあたりはどのショップハウスも塗り替えられていてカラフル。
a0275945_14312778.jpg





入っている店もオシャレなバーやレストラン、雑貨の店ばかりです。
a0275945_14313431.jpg





ここタンジョンパガーに来た目的は、大手旅行代理店Hの現地スタッフがブログで絶賛していた福建麺を食べるため。

1階が市場、2階がホーカー(屋台村) の建物の一角にあるストールです。
a0275945_1432568.jpg




a0275945_14322847.jpg




味付けはとても美味しいし、大きなエビの具材も◎。ただ麺が相当フニャフニャ・・・
福建麺って麺のコシを求める料理じゃないですが、こんなものかな??
a0275945_14323627.jpg




食べながらふと足元に目をやると・・・にゃんこ♪ しかもダンボールの中で寝てるし(笑)
a0275945_14325556.jpg




かわええ~ホーカー暮らしだけあって丸々太っています。
a0275945_1433108.jpg


前出のチキンライスも福建麺も400円ぐらい。シンガポールはホテル代が高いですが、
ローカルグルメが安くて美味しいのが嬉しいですね。



ホーカー前のライティングの美しいビルをカメラにおさめて・・・もういちどオーチャードへ向かいます。
a0275945_1434040.jpg








オーチャードの ION(アイオン) 地下エスカレーター。天井すごいですね・・・
a0275945_14342245.jpg




地上に出たらまた雨でした、目的はIONの夜景を見るためです。
a0275945_14343276.jpg




a0275945_14344051.jpg




地上階は高級店がずらり、最新の壁面ライティングと相まってモダンゴージャスです☆
a0275945_143548.jpg






MRTに一駅乗ってサマセットで降りました。

目的は『ANBUSH』 という裏原系(もう死語??) のお店。
a0275945_14352946.jpg

ガラじゃないですが、地元で取り扱っていなかったダウンジャケットを探しに来たのでした。
(当時機能的でデザインも良い、スケーターブランドが気になっていた時期でした)



熱帯のシンガポールにダウンジャケットなど置いているわけも無く・・・すぐお店を出ました。
a0275945_14355715.jpg


なんでこんな店がここに・・・?? と思ったら、サマセット駅前は広場になっていて
毎日沢山のスケーターが集まっていました。そういう地区なんですね~納得。

ファストファッションの大型店も集まっていて、オーチャードよりカジュアルなショッピングエリアです。




2000年代後半から急速に変わり続けるシンガポール。

ずっとこの目で確かめたかったので、1日だけでしたが駆け足で巡りました。
今こうやって書いてみるとすごい移動距離ですね・・・若かったなぁ~今は出来ないかも(笑)

あまり内容濃くないですが、お付合いいただきありがとうございました。
a0275945_14375216.jpg

[PR]

by soiconvent | 2013-12-05 14:46 | シンガポール 2009

だらだら語る、シンガポール散歩~その①



プーケットからシンガポールに着いたのは夜23時前。(第2ターミナル、天井改装したよ・・・ね?)
a0275945_16415421.jpg


福岡行きは深夜1時なんで乗り継ぎは間に合うんですが、
1日シンガポール観光がしたかったので明日に回して入国します。


宿のあるゲイラン地区に着きました。11月、雨季に入ったせいか雨です・・・
a0275945_16422768.jpg



普通の外国人観光客ならまず訪れないこの地区、シンガでは珍しい赤線地帯なのです。
しかしこの地区のホテルは市内で一番安い。空港のトランジットホテルが満室だったのでここにしました。

外観は安ラブホ風(実際連れこみ宿としても使われているんでしょうが) ですが、内部は普通のビジホ風。
当時一泊4500円でした。シンガにしては破格値。
a0275945_1642573.jpg


フロントのおにーさんが愛想無いのは仕方ないにしても(お願いした事はちゃんとやってくれます)

部屋のブレーカーが落ちたり、壁が薄くて廊下の足音や声が聞こえたり、
ベッドが硬くて毛布は擦り切れ(布団+シーツではない)

なぜかマットレスのシーツの下にビニールシート
(多分マットレスに汗シミやら〇〇〇シミを付けたく無いから・・・やっぱ連れこみじゃんww)

全然安眠出来ませんでした・・・うーん『安いものにはワケがある』 を身を持って実感。




缶ビールを買いに街に出てみます。

いかがわしい場所というイメージが先行していましたが、地元では安くて美味しい食堂が集まる地区としても有名
(あとドリアン屋台も)深夜でもそこそこの人で賑わっておりました。
a0275945_16433947.jpg




別に客引きや立ちん〇さんも見当らず・・・ちょっと店の看板が場末っぽいぐらいで、普通の下町でした。
a0275945_16441327.jpg







全然眠れなくて7時にはホテルを出ました、向かうはチャンギ空港。

朝のゲイラン地区、ショップハウスに年季が入ってます。オシャレに塗装された中心街とは違う風景。
a0275945_16444269.jpg




a0275945_16444845.jpg





a0275945_1645280.jpg




ゲイランだから『GAY WORLD』 なんでしょうか?(笑) ちなみに本当のGワールドは他の地区です。
a0275945_16453457.jpg





最寄のMRTカラン駅。シンプルで陰影の強い構造体からヤシの葉だけが見えてグラフィカル。
自分なりに旅情を掻き立てられる好きな写真です。
a0275945_16461785.jpg





チャンギ空港の第3ターミナルに着きました。
細かい造作が規則性をもって広がると、実写画像でもかなりCGっぽい見え方になりますね。
a0275945_1647143.jpg

片隅にあるコーヒービーンズで朝食を取りながら眺めます。


夜帰る時にも空港に行くのに、どうして朝来たかというと昼間の天井の様子を見たかったから。
どんだけ空港建築マニアやねん(笑) でも、旅行好きな人ならご理解いただけるかと・・・?



MRT駅内の、ターミナル2と3を結ぶ連絡通路はSF映画の宇宙船のようなデザイン。
a0275945_1647327.jpg







空港からMRTでオーチャードStへ向かいます。大きな街路樹、ゆったりとした歩道、気持ち良い繁華街です。
a0275945_16475481.jpg




ヒルトンを過ぎて、通りが大きくカーブするこのあたり、
a0275945_16482084.jpg

2004年に初めてここを訪れた時、街路樹の向こうにある赤瓦屋根のスタバがとっても素敵で印象的だったのですが・・・



5年後見てみるといたって普通でした。(といってもスタバの中ではかなり素敵な店構えだとは思います)
a0275945_16483578.jpg

記憶力ってあやふやなものですね。






オーチャードから1駅、ノベナの威南記にやってきました。12時過ぎるとすぐ満席になるらしいので11時過ぎに到着。
a0275945_164957.jpg




名物のチキンライス。(詳しい記事は2012年シンガポール旅行で書きました) 美味しかったです♪
a0275945_16492260.jpg

ちなみにこのノベナ本店、移転して今は無くなっているそう。

こういう年季の入った店で食べるのが雰囲気あったんですが・・・多分再開発とかなんでしょうか?





ランチの後はまたまたMRTでアウトラムパーク駅へ。目的はショッピングモールの『VIVO CITY』
a0275945_16501796.jpg




伊東豊雄設計の外観、完成予想写真は大変近未来的で美しかったんですが・・・壁面塗替え中??
a0275945_16503693.jpg




a0275945_16504296.jpg


こういう流線型を多用した近未来的な建築は、実現させると汚れが目立ったりハリボテ感があったり
なかなか予想図通りの雰囲気って出せないものですね。

例えれば、SF映画やアニメのキャラクターの等身大フィギュアを見ても、映画やアニメの中に入った気分にはなれない・・・
そういう感情と同じようなものでしょうか。

そういう点では、内部の視覚効果を狙ったチャンギ空港の方がリアルに近未来感が出ていると思います。



VIVO CITY、セントーサ島に面するハーバー沿いにはレストランが集まっています。流線形の壁が爽やか。
a0275945_1651447.jpg




屋上は広場になっています。鉄棒にぶら下がったこの人形、定期的に回転します。
a0275945_16521194.jpg




あ、動いた!! (動くまでの間隔が長いので、じーっと見といて下さいww)
a0275945_1652298.jpg







次の目的地、MRTの乗り換えが面倒で、VIVO CITYからタクシーに乗りました。


当時建設中だったマリーナベイサンズ。
a0275945_16525592.jpg


写真を撮っていたらタクシーの運転手が 『スピード落とそうか?』 と。親切やわ~
シンガのタクシードライバーって話好きが多いですね。英語が公用語なんで外国人にも構えないんでしょうね。



タクシーはブギスジャンクションに到着。ここは初シンガで泊まったインターコンチネンタルがある思い出深い場所。
2004年当時1泊12000円! でした。飛行機もホテル代もここ数年で本当に値上がりしていますね・・・



目的はショッピングモール『ILUMA』 の見学です。
a0275945_16532679.jpg




夜には壁一面が光るようです。
a0275945_1654587.jpg


ブギス地区、ここILUMAや西友・パルコの入るブギスジャンクションなど綺麗なモールはありますが、
周囲には市場を感じさせるホーカーや小さい店が多く、ローカルでいつも賑わっており
オーチャードやマリーナでは感じられない 『アジアの喧騒』 を少し感じられる、シンガにしては珍しい地区。



地元のデザイン事務所が手掛けたモールは、天井が奇抜~!
a0275945_165617.jpg

地元の若者に人気の地区らしく、ILMAのショップ構成も若者向け。



モール内の吹抜け、造作は奇抜でも、モノトーンや茶系でまとめてあるのでチープ感は無いです。
お店はカジュアルなものばかりですが。
a0275945_16561735.jpg




その②に続く・・・
[PR]

by soiconvent | 2013-12-04 17:09 | シンガポール 2009

ラッフルズホテルがこのレート??


説明不要、シンガポールの名門ホテル、ラッフルズ。
a0275945_17303926.jpg



敷居の高さと宿泊料金に、訪星の際は全く眼中に無かったのですが、

たまに『ん!?』 と目を疑うレートが出る予約サイト 『Hoteltravel.com』 にて来週の3連休中のレート(税別)。
a0275945_17305917.png

これなら市内の他の5つ星ホテルと変わらない価格で、ちょっと心躍ってしまいました。

ただ冷静に考えると、気品ある雰囲気だけど部屋が古いとか、プールが小さいとか思ってしまうのですが・・・

※10/3再チェックしてみると、このレートは消えていました。
『本当!? 予約しなきゃ!』 と思っていた方いらっしゃいましたらすいません。



2009年、2度目に訪れたパブリックスペースの雰囲気は、その優雅さにいつ見てもうっとりしてしまいます。
a0275945_17325196.jpg




a0275945_17332074.jpg




アーケードショップの看板も素敵です。
a0275945_17334525.jpg




a0275945_17335551.jpg




2階の回廊です。
a0275945_17344548.jpg




a0275945_17345172.jpg






コートヤードのバーやカフェの奥に、程よい大きさの中庭があります。
a0275945_17354876.jpg




ここまではビジターもあまり来ないので静かです、建物と植栽の色合いと大きさのバランスが良くて見とれてしまいます。
a0275945_17363447.jpg




泊まってもいないのにおこがましいですが、自分の中では『シンガポールのシークレットガーデン』 です(汗)
a0275945_17372520.jpg






せっかくなので、発祥のシンガポールスリングでも・・・と思ったんですが、

熱帯の街を夜まで歩き回る事を考えるとアルコールは危険、コートヤードのオープンバーで
トロピカルジュースのモクテルをいただきました。
a0275945_17374676.jpg




7月に沖縄に行ったのに、持病の『トロピカルな雰囲気に埋もれたい病』 発症中でして・・・
(海は綺麗ですが、やっぱり熱帯地方とは違いますよね)


9月の3連休、SQがキャンペーンやっていて安っ! と思ったらF1期間中でホテル代鬼高だったり。

ホテルは安いけれど、10月の連休TGバンコク行き7.5万かぁーと迷っていたら
10月に入って一気に倍の値段に跳ねあがったり。

たった2泊しかしないのに、無理して行かない方がいいんじゃない? と自分に言い聞かせて、
過去の画像を眺めて気を紛らわしています。
a0275945_17393895.jpg

[PR]

by soiconvent | 2013-10-01 17:40 | シンガポール 2009