ひねくれ〇の旅日記

カテゴリ:沖縄 2013( 12 )


竹富島探索



コンドイビーチを出て次に向かったのは星砂で有名な『カイジ浜』
a0275945_9135759.jpg




入口の写真を撮っている約1分間の間に、2人の女性が転びました・・・
a0275945_9141020.jpg

ここ、坂道のうえに途中で舗装が止まっているので足元に注意です!
(舗装と砂地の色が同じなので微妙な段差に気付きにくく、足元のバランスを崩すと坂道なので転ぶ・・・
というのが原因でしょう)



カイジ浜は岩場だらけ。
a0275945_9144483.jpg




星砂もよーく探さないと見付からないので、30秒で浜を出ます。
a0275945_915843.jpg

朝寄港したスタークルーズの、C国人乗客グループも来ていて賑やか(ウルサイ)でした。
一瞬海南島に来たのかと思いました。



駐輪場の奥にある木を撮っていると、目の前をかけまわる子供達。
a0275945_9155487.jpg

『コラ! 写真撮ってる人の邪魔でしょ、ハブが出るよ!!』 とお母さん。

素晴らしい、躾はこうでなくては(笑)






時間は13時前、『星のやの見学でもしてみようかな、ついでにランチも・・・』 と外周道路を半時計回りに進みます。
a0275945_9163585.jpg


しかし、看板も見当らず・・・噂通り集落からは完全に隔離された場所にあるようです。

建設の際の反対運動は、集落の景観が崩れるからだと思っていましたが、
あそこまで隔離されていると全く問題ないような・・・??




ママチャリで星のやへ行くのもなんだかな・・・と諦めて、集落探索をする事にしました。
a0275945_9172743.jpg




やっぱり有名になる島だけあって、美しい集落です。
a0275945_917453.jpg




a0275945_918670.jpg




a0275945_9182173.jpg




集落内の全ての道にはほうきの掃き目が付いていて、自転車の轍を付けてしまうのが申しわけないです。
a0275945_918375.jpg




『伝統的な沖縄の風景』 を求めるなら、ここ以上の場所は無い印象。
a0275945_919181.jpg




ここはどの辺り・・・という説明は今回は止めておきます。
a0275945_9194727.jpg




a0275945_9195293.jpg




自転車で1時間もまわれば必ず見ることが出来る風景ばかりです。
a0275945_9203978.jpg




a0275945_9204461.jpg








そろそろ飯も食べないと・・・と、午前中目をつけていた沖縄そばの店 『そば処 竹の子』 に行ってみると、
14時前にもかかわらず行列が・・・(画像はちょうど人がはけた時です)
a0275945_9211472.jpg




道を挟んだガーデン席も賑わっています。
a0275945_922188.jpg


『暑いところで待つのは無理!』 と一旦通り過ぎたものの他にあても無く、入口で名前を書いて待つ事にしました。



回転も早くて、15分程で食事にありつけました、まずはオリオン生(600円)。
a0275945_9223519.jpg

半日中炎天下の中を走りまわっていたので、美味いのなんの♪


三枚肉そば(800円) も来ました。カツオだしの効いた塩気のあるスープが
汗で失われた塩分補給代わりとなって体に染み渡ります。
a0275945_9225542.jpg




田舎なのにちょっと高いんじゃ・・・と思いますが、三枚肉も美味しくボリュームもあるのでお腹いっぱい。
a0275945_9232549.jpg










海に集落探索に食事に・・・目的は果しました。
a0275945_9234566.jpg


もういちどコンドイビーチに戻り、無料のシャワーを浴びて汗を流し(風呂代わりかww)




島の北西側の海沿いを廻ってレンタサイクル屋まで戻ります。


向こうに石垣市街が見えますね。
a0275945_9243134.jpg




途中、ちょっと怖い雰囲気の天然の井戸や。
a0275945_9244629.jpg




牧場などがありました。
a0275945_925961.jpg




a0275945_9251433.jpg

集落とビーチ以外には、ピークシーズンでも本当に人が居ない静かな島です。




レンタサイクル屋に自転車を返却し港まで送ってもらい石垣港へ帰りました。

最後まで沖縄を満喫します、ターミナルの売店でカットマンゴー(300円)をつまみます。
a0275945_9281986.jpg




石垣港近くの停留所から空港行きのバスに乗って帰りました。
a0275945_9284093.jpg







久々のビーチリゾート、3年ぶりの沖縄、長い事行ってみたかった八重山の離島巡りが出来て楽しかったです。
a0275945_929079.jpg

[PR]

by soiconvent | 2013-08-02 09:00 | 沖縄 2013

コンドイビーチ



西桟橋を出て、コンドイビーチに向かいます。
a0275945_10174846.jpg

竹富島も集落は島の中央、海沿いには建物が全くみあたりません。



ビーチの沖合いが見えてきました!
a0275945_10181561.jpg




ビーチ入口は沖縄らしい木の茂みがあります。
a0275945_10183483.jpg




今まで画像で見てきた勝手なイメージで、ビーチ沿いには木陰が沢山あると思っていましたが、実際はここだけでした。
a0275945_10185942.jpg


ここは観光客も沢山、旅行全体で思った事ですが関西の方が多かったです。
ピーチの石垣直行便が就航したからなのか、声が大きな方が多いので目につきやすいのかはわかりませんが、
『ここは南紀白浜?』 と思う場面もありました(汗)



ビーチは広く、レンタルパラソルなどもありますが・・・
a0275945_10195474.jpg




ビーチは超遠浅、手前は岩やナマコがいっぱいであまり綺麗ではありません。
a0275945_10201620.jpg




a0275945_1021373.jpg




向こうに砂の島が出来ていて、そちら側の砂浜が綺麗そう・・・と向かってみます。
a0275945_10205252.jpg

お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、カメラの内側にホコリが入り込んでいます。
背景が薄い色だとモロに影が出ますね・・・そろそろ買い換え時かな。





砂の島はとても広く、ある程度進むと足元はひたすら真っ白。
a0275945_10232157.jpg




島の向こうも遠浅でした、どこまで行っても水位は膝下。泳ぐより眺める方が良いビーチですね。
a0275945_10241147.jpg




夏場の強い太陽の光の下、目の前に広がるのは白とブルーのグラデーションのみの風景・・・
a0275945_10235765.jpg




思わず 『天国に近い〇〇』 という言葉が浮かんできそうなビーチです。
a0275945_10243215.jpg





a0275945_10244898.jpg





しかしそんな場所でも、何かにつけイジけて泣き止まない子供と、それを遠くで怒鳴りつけながら放置する父親。
小一時間喚き声が止まず、本当に迷惑でした。

皆さんお金と時間をかけて遠い島に非日常を求めてやってきているのに、
親御さんは迷惑だとか恥ずかしいとか思わないのかな・・・全く理解できません。




向こうの島、手前の比較的はっきり見えるのが小浜島。奥が西表島です。
a0275945_10253975.jpg




コンドイビーチは、今年の国内の美しいビーチランキングで2位だったそう。
a0275945_1034717.jpg



昨日は1位、今日は2位のビーチに行く事が出来て貴重な体験でした。
[PR]

by soiconvent | 2013-08-01 09:00 | 沖縄 2013

竹富島へ



旅行最終日も晴れ、今回は本当に天気に恵まれました♪
a0275945_13292957.jpg




この日はスタークルーズが入港して来ました。
a0275945_1330922.jpg





ホテル前の離島桟橋から竹富行きの船へ。(往復1260円)
a0275945_13302443.jpg




石垣からは約15分と近いうえに、集落やビーチなど見所も多いので、30分おきに船が出ており簡単にアクセス出来ます。
a0275945_1331030.jpg




竹富島が見えてきました。海の色が鮮やか♪
a0275945_13311028.jpg




港が見えてきました、こちらも波照間と同じく港だけ。
a0275945_13323743.jpg




港周辺には何も無く、船の到着にあわせレンタバイク・サイクルのお店が送迎用のバンで待機しています。
a0275945_1332516.jpg


バンに乗り込み、集落内のお店で手続きを行ないます。
(小さい島ですが、歩いて集落まで行ったり探索するにはキツイと思います、
坂道もほとんどない島なのでこちらは自転車レンタルが最適ですね)




島に上陸しての第一印象は 『バリ島に似てるな』 でした。
a0275945_1333345.jpg




だから何?? と言われればそれまでですが・・・亜熱帯の海のそばに畑と赤瓦の屋根。というのがその理由かも。
a0275945_13335164.jpg







自転車を借りて早速集落を探索します。
a0275945_13341475.jpg




やっぱりバリっぽい??
a0275945_1334283.jpg




出発していきなり名物の水牛車に出くわしました。
a0275945_13344384.jpg

使い手さんの島唄を聞きながらの観光は、とても情緒があって思い出深い体験になりそうです。



体の大きさもさることながら、黒光りした皮膚も印象的。
a0275945_133539100.jpg



美しい白砂の道は、自転車ではタイヤを取られて(特に砂の溜まった道の両脇)
結構運転しづらい場所もありました。





おーこれも名所の 『なごみの塔』 ではないですか。
a0275945_13393936.jpg




噂通り、凄まじい角度の階段です。
a0275945_1339593.jpg




昼間は常に順番待ちが出来ていて、15分程待って上る事が出来ました。
a0275945_13401592.jpg






おおー! これがガイドブックや旅行パンフで良く見る眺めですね。
a0275945_13403334.jpg

順番待ちがいるのでその名の通りの 『なごみ』 は無理ですが、 海風を全身で感じられて心地良かったです。



下りの画像です。体感角度は垂直に近い・・・手摺を抱き抱えるように掴んで下ります。
a0275945_13405239.jpg




有名な島だし、石垣からのアクセスも良いので観光客も多いのでしょう。
昨日訪れた波照間に比べてお店も垢抜けています。
a0275945_1343379.jpg



a0275945_13434459.jpg




それぞれの民家やお店の屋根には、様々な姿や表情のシーサーが。
a0275945_1345459.jpg




a0275945_1345823.jpg




ちょっとしつこいですが、面白かったので色々載せてみます(笑)
a0275945_1346684.jpg




a0275945_13461220.jpg




a0275945_13461784.jpg




a0275945_13462715.jpg




a0275945_13463382.jpg








そろそろ海が見たい・・・西桟橋に付きました。
a0275945_13471990.jpg




元々船着場だったんでしょうか、細長い堤防が1本あるだけ。
a0275945_1347374.jpg




a0275945_13475134.jpg






海は相当な遠浅です。
a0275945_1348830.jpg




a0275945_13481446.jpg





向こう側にコンドイビーチが見えます、砂浜が広いな~どんなビーチなんでしょう??
a0275945_13483645.jpg

[PR]

by soiconvent | 2013-07-31 09:00 | 沖縄 2013

石垣の夜



1人旅で困るのが夕食・・・


スーパーの弁当やファストフード、いくらでも腹を満たす店はあるのでしょうが、せっかく遠くに来たのなら
その土地ならではの食も堪能したいものです。


1日目は空港でイマイチなステーキを食べてしまったので、とりあえず下見に街を探索。

デジカメでの撮影は明日で良いや~と手ぶらで来たので画像は携帯で撮ったこれだけです。
a0275945_1784934.jpg




焼き鳥屋の店先でおこぼれを待つ猫。カワエエ・・・
a0275945_179199.jpg




路地裏に、お客さんでいっぱいの居酒屋を見つけました。

『美味しそうだなー連れが居たらこんな店に入りたいな・・・』 と思いながらホテルに帰ったんですが、

翌日、同じ1人旅のお仲間さんが見つかったので誘って行ってみました。




お店に入ると三線のライブ中。
a0275945_17103316.jpg

どうやら観光客向けの、三線と島唄が聞けるのがウリの居酒屋だったようです。



演奏中の掛け声や最後の踊りは全員強制参加(汗)
a0275945_1710473.jpg


好き嫌いがハッキリ分かれそうなお店ですね。たまにはこういう店も良いかな?
演奏中は食事のオーダーも提供も止まってしまうのが気になるけど・・・(スタッフも参加するのでww)



注文した食事の方は、ジーマミ豆腐にもずく、
a0275945_17111810.jpg




新鮮な刺身。
a0275945_17113216.jpg




南の島だけあって珍しい種類も並びます。
a0275945_1711476.jpg




濃厚で美味しかったイカ墨チャーハン。〆というよりビールのおつまみだなこれは。
a0275945_17121880.jpg



値段は都会の居酒屋並みといった印象、島にしてはちょっと高めだと思いました。

しかし、行きたいなと思っていた店に不意に行く機会に恵まれて嬉しかったです。
[PR]

by soiconvent | 2013-07-30 09:01 | 沖縄 2013

再びニシ浜ビーチ



今は15時過ぎ、16時50分出発の石垣への最終便までニシ浜で過ごす事にしました。
a0275945_1705864.jpg




やっぱり綺麗なビーチが好き~♪
a0275945_171741.jpg




入口手前ののレンタルショップで、ランチ替わりのエネルギー補給に黒糖ソフトクリーム(350円)を。
a0275945_1711564.jpg



お店の方と話していると、『さっきうちのヤギが浜まで遊び行ったみたいでさ~』 と。
やっと謎が解けました、先ほどの小ヤギはここで飼っていたんですね。

『一応柵はあるんだけど、子供は小さいからよく抜け出すんだよ~』 との事(笑)






ビーチへ下ります。今回はサイクリングで火照った体を冷やす為、入口手前で泳ぎます。
a0275945_1714460.jpg




防波堤がすぐ背後に迫って雰囲気はありませんが、砂地である程度深さがあるのでガッツリ泳げるのはここです。
a0275945_1715147.jpg






ちょ・・・午前中に泳いだ浅瀬に比べて海の輝きが違う。
a0275945_172477.jpg




なんだこれは・・・
a0275945_1721159.jpg




一面が淡く輝く水色♪
a0275945_1721930.jpg




こんな美しい海の色は初めてかも~!!
a0275945_1722775.jpg






午前中は、『本当に日本No1ビーチ?』 と思いましたが、今は 『さすが日本一』 に気持ちが変りました(笑)
a0275945_172428.jpg





いつまでも浸かっていたいですがキリが無い・・・船の出港30分前にビーチを出ます。
a0275945_1725894.jpg




a0275945_173887.jpg






港はすぐそこ、レンタサイクルを返し(ちなみに鍵は付いていません。この島では自転車など盗る意味が無いのです)
a0275945_1731710.jpg




石垣行きの最終便に乗り込みます。
a0275945_1732688.jpg




ずっと行きたかった日本最南端の島に日本で一番美しいビーチ、天気も良くて満喫できました。
[PR]

by soiconvent | 2013-07-30 09:00 | 沖縄 2013

波照間島サイクリング



ニシ浜ビーチを出て、これから何処に行くか考えます。
a0275945_9393019.jpg



3時間ビーチで泳いだり歩いたりしたので体は疲れ気味、
ビーチとは真逆に位置する、『日本最南端の碑』 も気になるのですが、ここからは5キロの距離。

坂道もあるらしいし、昼食と観光両方を取ったら帰りの船に間に合わないかもしれません。


取りあえず考えながら、気になっていた食堂のある集落へ向かいます。
a0275945_9413466.jpg




行けども行けども集落は見付からず・・・どうやら島の外周道路をまわっているようです。
a0275945_9415578.jpg




『えーい、もう日本最南端の碑まで行ったれぃ!』 と、ヤケクソ気味に自転車のペダルを漕ぎます。


微妙な上りと向かい風で相当キツイ・・・泳いで走って、トライアスロンか!? と自分にツッコミながらひたすら走ります。
ママチャリなので変速も出来ずペダルが重い(汗)

集落は島中央にしかないので、まわりはひたすら畑のみ。聞こえるのは風の音だけ(詩人ww)



たまに出会うのはヤギか。
a0275945_9425057.jpg




牛です。この日は日曜だったので農作業もお休みだったのでしょうね。
a0275945_9431274.jpg

都会育ちの人には新鮮な体験でしょうが、高校生まで南九州の田舎道をひたすらチャリンコ漕いでいた自分にとっては
(しかも実家周辺はとうもろこし畑や畜産農家もあったので微妙に風景が似ている)

ヤギ以外は何の感動もありません。他の離島観光を経験済みなのもその理由かも。





やっと日本最南端の碑へ続く細い道に入りました。帰りきつそう・・・
a0275945_9435536.jpg




着きました~ここに来ると観光客もちらほら見かけます。自転車は自分だけでした。そりゃそうだ、遠すぎるもの(笑)
a0275945_9441063.jpg




周囲は沖縄というか、地元で言えば山口や佐賀の日本海側と似たような雰囲気。
a0275945_945015.jpg

星空観測台もあります。夜に民宿に泊まると送迎サービスがあるようです。



日本最南端 (の有人島) って言われても別に何があるわけでもないんでしょう?・・・と思っていても、
存在するからには無視出来ない自分(笑)
a0275945_9452892.jpg




この他にもいろんな記念碑があります。
a0275945_9454859.jpg



日本とはいえ緯度は既に台北より南、台湾の真横に居るんですね。
ここからだと那覇より台北が、福岡よりマニラや香港が近いのです。




妙な達成感から体力も回復(笑) 島のもうひとつの浜、『ペムチ浜』 を眺めに島の南側の海岸線を進みます。


日本最南端のビーチ、ペムチ浜が見える高台に着きました。誰も居ないし、ビーチは遊泳禁止らしいです。
寂しすぎて泳ぐ気にはなれないですね・・・
a0275945_9462621.jpg



a0275945_947720.jpg



a0275945_9471241.jpg







さぁ集落へ向かいましょう。


島の中央に向かって上り坂になるので自転車では結構キツイです。
a0275945_9474024.jpg




海水浴と島内一周を両方体験するなら、レンタルバイクが良いですね。
a0275945_9475959.jpg







集落が見えてきました。
a0275945_948203.jpg




珊瑚の石垣、赤い瓦屋根、フクギの生垣。観光地として整備されていない、素朴な沖縄の原風景。
a0275945_9494882.jpg




a0275945_9495347.jpg




a0275945_9495894.jpg




a0275945_950390.jpg




a0275945_9503965.jpg






集落の中心部です。
a0275945_9505995.jpg




a0275945_951454.jpg






民宿もかなり素朴な雰囲気。
a0275945_9512421.jpg




結局、お目当ての食堂はこの日はお休みでした。朝7時のホテル朝食から水しか飲んでない・・・
a0275945_9514369.jpg

[PR]

by soiconvent | 2013-07-29 09:00 | 沖縄 2013

ニシ浜ビーチ



日本一美しいといわれるニシ浜ビーチ。
a0275945_10353563.jpg




なぜ『西浜』 では無く『ニシ』 かというと、この地方の方言で 『 ニシ=北 』 という意味なのです。
a0275945_1036056.jpg

その名の通り島の北側、石垣からの船が到着する港の隣に位置しています。



この日は、午前中から引き潮でかなりの遠浅。
a0275945_10362754.jpg




期待していた鮮やかなブルーはかなりの沖合い、手前は限りなく透明に近いブルーです。
a0275945_10364988.jpg




うーん、本島北部や鹿児島の与論島、宮古島の美しいビーチを見てきているせいか、
『さすが日本一!』 とは思えなかったのが第一印象。遠浅のせいもあるのかな・・・

もちろん世界でも有数の透明度なのは言うまでもありませんが。



2つの船には150名程の乗客が乗っていましたが、到着後は方々にばらけるので
ピークシーズンながらビーチにはさほど人も多くなく快適です、広さもあるし。
a0275945_10442742.jpg




ガッツリ泳げるのはドロップオフ(珊瑚礁が切れた崖状の場所)の先しかないので、
浅瀬に寝転がってぼーっとするのが気持ち良いです。
a0275945_103815.jpg







ドロップオフ付近まで行ってみます。本島のビーチ近くの珊瑚はほとんど死んでいますが、
ここは珊瑚が活き活きしています。
a0275945_10382919.jpg

ドロップオフに行ってみたいんですが、これ以上進むとサンゴを踏んでしまうし、
引き潮なんで泳いで行くとサンゴが腹や足に当たってケガをしてしまいそう。



あーシュノーケルセットをレンタルすれば良かったな・・・しかし浜まで戻るのも面倒で、
手前の窪み(画像中央の水色の部分) で競泳用のゴーグルを付けて潜ってみました。
a0275945_103996.jpg




水中画像は無いのが残念ですが、ここでも色んな種類の熱帯魚が泳いでいて十分シュノーケリングを楽しめました。
a0275945_10392363.jpg




グーグルアースからお借りしましたが、こういう切れこみ部分なんか
密集したサンゴの間に深い谷があって、美しいのとゾっとするのと・・・初めて見る海底の景色でした。(白丸部分です)
a0275945_11121444.jpg


わたくし、いきなり足が着かなくなるドロップオフ恐怖症みたいです。
沖合いなら水深5mぐらいでもライフジャケット無しで平気で飛び込むのに・・・なんでだろ?







ビーチに戻ると、かすかに『メェェ~』 という鳴き声が。『ん!? なんで??』 と思いビーチ入口を見ると・・・
a0275945_10402079.jpg




小ヤギがいました(笑)
a0275945_10394882.jpg




a0275945_10405126.jpg




家畜? 野生?? 人懐っこくて全然逃げません。か・・・かわえぇ~♪
a0275945_1041364.jpg




a0275945_1041968.jpg




岩場の苔をはむはむしている様子であちこち動き回っておりました。
a0275945_10413211.jpg




南国のビーチとヤギが一緒の画面におさまるとなんともシュール(笑) とても良い記念写真になりますね。
a0275945_10421960.jpg




ビーチは結構長いです、向こう側まで歩いてみます。
a0275945_1045733.jpg




入口から遠くに行くにしたがって岩場が増えてきます。
a0275945_1044492.jpg




引き潮なんで、岩だらけの広い干潟が現われています。
a0275945_10452929.jpg




帰りはこの干潟を歩いてみる事ににました。
a0275945_10454921.jpg






半分だけ体を穴に隠したヒトデの一種や。
a0275945_1046874.jpg




色鮮やかなサンゴ。
a0275945_10462184.jpg




スポンジゴムみたいにグニュグニュした海藻? サンゴ??
a0275945_10463388.jpg




磯遊びをしながら戻りました。
a0275945_115932.jpg








沖縄の南端の島なんで緑が濃いんだろうな~と思いきや、
台風や日射が強過ぎて乾燥するせいか、木々はそこまで生い茂っているものはありませんでした。
a0275945_10504849.jpg

ジャングルっぽい風景は、ある程度高い山が無いと生まれないのかもしれませんね。




10時にビーチに着いて色々遊んでいると、あっという間に13時を過ぎてしまいました。
a0275945_1053197.jpg




雲も多くなってきたし、隣で泳いでいたカップルの女性がものすごく大きく下品な笑い声を出しながら彼氏とじゃれ始めたので
(本当に静かなビーチなので、人の声がよく響くのです・・・)

無料のシャワーを浴びてビーチを出ました。
a0275945_10471132.jpg

[PR]

by soiconvent | 2013-07-28 09:00 | 沖縄 2013

波照間島へ



2日目の朝、天気予報通り今日も晴れです。
a0275945_9291534.jpg

先週の3連休前は台風が来たらしいので、連休に飛行機の席が取れなかったのは今となっては良かった事になりますね。



ホテル目の前の離島ターミナルへ向かいます。
a0275945_9294889.jpg




a0275945_9302345.jpg




離島行きというイメージだけで、小さく鄙びた建物を想像していましたが、結構大きく立派なターミナルでした。
a0275945_9304211.jpg

定期便だけではなく、船での観光ツアーの発着も兼ねているので、多くの人で賑わい活気があります。


ネット予約していた波照間行きのチケットを購入、WEB割で5%引きの往復5400円ぐらいでした。


1日4本と便数が少ないので予約しましたが、この日は乗客が多く臨時便が出ていました。
おそらく予約無しで訪れても何とかなりそうな感じでした。(キャンセル料はかからないので、予約した方が良いですが)
a0275945_931523.jpg

帰りも『どの便でも良いですよ~』 と結構アバウト。




8:30の始発便で出港です。
a0275945_931334.jpg




a0275945_9331340.jpg




波照間島は先島諸島からは少し離れたところに位置しており、波が高い日は欠航が多いと聞いていましたが
今日は波も穏やか、とはいえものすごい疾走感です。
a0275945_9325191.jpg



30分程して黒島や新城島を通り過ぎると、外海に出るのでたまに波に当たってドーンと揺れます。
a0275945_9335173.jpg




a0275945_9335645.jpg




a0275945_935233.jpg




先に出港した第1便に追いつきました。
a0275945_9345437.jpg








石垣港を出てちょうど1時間、波照間港が見えてきました。港以外何も無い・・・
a0275945_93656.jpg




a0275945_9361179.jpg







日本最南端の有人島、波照間島上陸です!
a0275945_9365833.jpg




a0275945_937343.jpg




a0275945_937851.jpg





港からすぐに、レンタルバイク・サイクルのお店があります。
a0275945_937361.jpg

バイクが楽そうですが(6時間3000円) のんびり島の景色を堪能したくて自転車をレンタル(6時間1000円)

自転車はピークシーズンでも借りっぱぐれる事は無いぐらい用意されていると思います。



自転車で坂道を越えてすぐ、大きな建築現場の向こうに綺麗な海。
a0275945_938866.jpg

ん!? ここは新築のリゾートホテル?? と思いきや精糖工場でした(笑)



坂を下るとすぐにニシ浜ビーチが見えてきます。
a0275945_9385283.jpg

[PR]

by soiconvent | 2013-07-27 09:00 | 沖縄 2013

ホテル イーストチャイナシー 宿泊記



今回の宿は離島ターミナル桟橋近くの 『イーストチャイナシー』
a0275945_11312930.jpg




a0275945_1131445.jpg




a0275945_11314964.jpg



ホテル好きとしては、ANAインターコンチや星のや竹富も気になるんですが、高すぎて私には無理。
インターコンチにいたってはこの日のレートが10万!でした、あのグレードでありえん・・・




ピークシーズンの石垣島ですが、宿泊料が跳ね上がるのはリゾートホテルだけで、
ビジネスホテルは結構安く、約4500円からありました。


イーストチャイナシーは、中級シティリゾートホテルという位置づけなんですが(プールは無いです)
土曜日の1泊目は約7500円。日曜はなぜか土曜より高い11000円、
a0275945_11332516.jpg




今回ホテルは寝るだけですが、せっかくのリゾート滞在なのでここにしました。
a0275945_11333528.jpg





エレベータは外にあります(セキュリティ的に大丈夫なんでしょうか?)
1機しかないので午前中は朝食やチェックアウトで結構込み合います。


エレベータ横にはクマノミが泳ぐ水槽も。
a0275945_1134348.jpg




廊下も屋外タイプ、風が通り抜けて気持ち良いです。
a0275945_11355669.jpg




13階中12階の部屋でした。廊下からは石垣市街を一望出来ます。
a0275945_11361757.jpg




a0275945_11362266.jpg




結構都会ですね、そして街なみが東南アジアっぽい。
a0275945_1136459.jpg







部屋に入ります、私が予約したのはスタンダードツインオーシャンビュー。
a0275945_126723.jpg




全ての部屋はツインベッドです。25.7㎡ですが、平米数より広く感じます。
a0275945_1137913.jpg




2人で泊まっても狭さは感じにくいかもと思いました。
a0275945_1141552.jpg




少し古さも感じますが、白い壁にクセの無い調度品、床の暗めなタイル張りがシンプルで落ち着きます。
ベッドのマットレスは薄くて固めです。
a0275945_11411733.jpg


このブログは5つ星ホテルの滞在記を見に来ている方も多いかと思いますが、
高級過ぎたりスタイリッシュ過ぎると興奮してしまい寛げないんです自分・・・(あ、言っちゃったww)
このぐらいのグレードや広さが一番心地よい気がします。



液晶テレビ・冷蔵庫(空です)・電気ポット・お茶・ドライヤーがありました。
a0275945_11384378.jpg




やはり全面サッシ窓は開放感がありますね。バルコニーも付いています。
a0275945_11385848.jpg




バルコニーからは港が一望出来ます。目の前は離島行きのターミナルなので観光にも便利。
a0275945_11391911.jpg




a0275945_11392446.jpg




a0275945_11392987.jpg





バスルームです。
a0275945_11395321.jpg




アメニティはひととおり揃っています。
a0275945_1140244.jpg




バスタブも大きめで◎
a0275945_11401374.jpg




クローゼットもこの部屋の広さにしては大きめ。有料ですが、段ボールまで置いてありました。
a0275945_11403033.jpg







今回は朝食付のプランにしましたが、(別に頼むと1300円)
『宿泊のお客様は1050円でサービス中』 との案内がフロントにあったので、

事前予約も、当日の気分で選ぶのも変わらないようです。


3階の朝食レストランにはバルコニー席もあります。
a0275945_11414762.jpg




a0275945_11415340.jpg





夜はビュッフェレストランになるせいか、このクラスのホテルにしてはメニューが充実。


サラダ類。
a0275945_11421520.jpg




ホットミール類。
a0275945_11423645.jpg



a0275945_11424141.jpg




焼き魚に蒸し芋、沖縄の豆腐やもずくなども。
a0275945_1143452.jpg




a0275945_1143911.jpg





パン類です。
a0275945_1144666.jpg




フルーツにヨーグルト。
a0275945_1144221.jpg




ドリンクもエスプレッソマシーンから紅茶まで、ファミレスのドリンクバー並みの充実度。
a0275945_11444053.jpg




ジュースも数種類。
a0275945_1145554.jpg






こちらが1日目に選んだ料理です。煮物や炒め物もあるので旅先でも栄養バランスが取れて嬉しいです。
a0275945_11452278.jpg




2日目です、この日はマンゴージュースもありました。
a0275945_11453871.jpg




a0275945_1156346.jpg


食事は朝ということもあるのか全体的にあっさりめの味付け、
ドリンクはいかにも業務用という感じでしたが、この種類の多さは素晴らしいですね。


ホテルから100mぐらい歩くと、お土産店や飲食店の集まる観光客向けの中心街、
コンビニもあるので、ショッピングと食事に困る事はありません。


ちなみに、到着した日の空港での石垣牛ステーキに不満たらたらだったので、
コンビニでおつまみを買ってお口直し・・・

コンビニにマグロの刺身が置いてあるのも驚きですが、この量で315円!!
a0275945_11505947.jpg

味は、パック詰めだけど臭くは無いな・・・程度の感想です、まぁこの値段ですから。



観光にも食事にも便利、客室からの眺めも開放的な良いホテルでした。
[PR]

by soiconvent | 2013-07-26 09:00 | 沖縄 2013

新石垣空港



那覇から石垣行きの飛行機は、沖止めに変更になりました。
a0275945_932619.jpg




小さい雲が点在していますが、飛行中はずっと海上が見えました。
a0275945_935939.jpg




ちょうど宮古島の南側を通り過ぎます。
a0275945_941148.jpg




与那覇前浜に来間島、橋も見えますね。5年前訪れましたがあの海の美しさは今でも忘れられません。
a0275945_942996.jpg




伊良部島にも、来年に橋が開通する予定です。
a0275945_952561.jpg







今年3月に開港した新石垣空港に到着。 (※到着・出発時の画像が混在しています)
a0275945_96517.jpg




a0275945_982067.jpg




a0275945_983757.jpg




那覇空港も海沿いですがあちらは滑走路沿い、こちらは到着口前が海・・・
a0275945_972526.jpg




マスコットキャラクター『ぱいーぐる』 です。癒し系ゆるキャラ全盛の今、鋭い目つきが新鮮です。カワエエ♪
a0275945_9911100.jpg




チェックインカウンターは那覇と同じく、JAL/ANAがきれいに建物の左右に分けられています。
(LCCはJAL側でしょうか??)
a0275945_9102014.jpg




初めて石垣島に来たので昔の空港を知りませんが、フードコートの飲食店やお土産店は、
離島にしてはかなり充実していました。
a0275945_911541.jpg




a0275945_9111031.jpg




a0275945_9111437.jpg





日本最南端のスタバです。石灰岩に覆われたブース状のお店がやたらモダンでツボです。
a0275945_9113851.jpg




フードコートの種類は海鮮・寿司系。
a0275945_91358.jpg




沖縄そば、石垣牛専門店。
a0275945_9132125.jpg




デザートにはジェラート店、地元の有名店ばかりの充実のラインナップ。
a0275945_9135161.jpg




石垣に着いたのは18時過ぎ、1人なんで市内での食事も億劫だし、ここで済ましちゃおう。
しかもお店は島内の有名店だし・・・と、

『いしなぎ屋』 の石垣牛ビッグステーキ (3300円) とオリオン生(550円) を注文。
フードコートなのに奮発しすぎです(汗)
a0275945_9142185.jpg




ステーキの方は・・・うーん、火が通り過ぎていて硬い。旨みも感じられないし、石垣牛ってこんなものなんでしょうか・・・??
近所の定食屋の1300円のステーキ定食の方がよっぽど好みです。ライスもふやけた感じで×。
a0275945_91444100.jpg




ここでは牛丼(850円)やハンバーグセット(1280円)を選んだ方が良さそうです。
a0275945_9152539.jpg

ああ~最初から千円札を無駄にしてしまった・・・



少し気持ちが沈んだまま、スタバ片手に市内行きの路線バスに乗り込みます。
今回のホテルにはコーヒーマシーンは置いて無いので、飲めるうちに美味しいコーヒーを飲んでおかねば(笑)
a0275945_9161937.jpg




市内に入るまで自分1人でした。あれ!? 今はピークシーズンなのに・・・皆さんレンタカー??
a0275945_9184510.jpg

帰りの夕方のバスはかなり乗客が居ました。どうやら行きは到着便が少ない時間帯だったようです。




こちらは帰りに食べた、『ミルミル本舗』 のジェラート (ハーフ&ハーフ350円)
a0275945_9195447.jpg

黒糖ジンジャーとグァバという沖縄らしいフレーバーを選んでみました。

黒糖は甘くて濃厚、グァバはソルベっぽい食感で結構あっさりしていました。




島内で食事やお土産買いを逃しても、空港で十分間に合いそうです。

帰りは竹富島観光が暑くて疲れたので、出発2時間前に空港に行ってくつろいでおりました(笑)
新しい空港は気持ち良く過ごせて良いですね♪
[PR]

by soiconvent | 2013-07-25 08:59 | 沖縄 2013