ひねくれ〇の旅日記

カテゴリ:ソウル 2011( 6 )


ソウルの朝のとっておき?? その②


2軒目は、『スアッチェ・コンナムルクッパ』 豆もやしのスープの店です。


雑誌曰く・・・ 今回の2泊3日の取材中、3度も行ってしまった

らしい、値段も4000ウォン (当時280円) と格安。

しかし、場所が地下鉄江南駅から徒歩10分程。雑誌では地図も無い。グーグルアースで住所入力して見つけました。
a0275945_9302381.jpg

地元の人にとっては新都心、街は綺麗でエリートビジネスマンが闊歩する羨望の街だとしても。
観光客にはあまり用事の無い地域ですよね。明洞や東大門からは車でも地下鉄でも遠いし・・・



駅近くにはサムソン本社。
a0275945_9312124.jpg



形状の凝ったビルもあって面白い。
a0275945_9313651.jpg


a0275945_9434548.jpg




明洞から川を渡った場所に、こんな都会があったんですね~ちょっと新鮮な気分。
a0275945_94491.jpg


a0275945_944185.jpg





お店の前に着きました。
a0275945_9342763.jpg


17時ぐらいだったせいか広い店内はガラガラ。


緑豆のチヂミも美味しいとあったので、

『コンナムルクッパ、ピンテドッ ジュセヨ』 とアジュンマに伝えると、またまた

アジュンマ 『ピンテドッ~〇×▲※▽・・・』

どうやら、1軒目の店といい日本人観光客が来ない店って結構お店の方が愛想無いですね。
言葉がわからないから親切に説明しようとはしません。


緑豆のチヂミは諦め、コンナムルクッパのみを注文。

豆もやしとご飯、卵が入った熱々のクッパです。
a0275945_9351839.jpg



ここでもアミの塩辛登場♪ 隣の青唐辛子と共に味を調節して食べます。
a0275945_9354887.jpg



こちらも美味しくいただきましたが、『2泊3日中3回も通う』 程では・・・

そして、干しダラのスープといいこの豆クッパといい、
一見あっさりしたスープでも下味にニンニクを使っているせいかなんかお腹がムカムカ、頭もぼーっとして来ます。
(自分、軽くニンニクあたりを起こす体質みたいです)

付け合わせのキムチも大量に出て来るので、あっさり食事のつもりが結局
『ニンニク・唐辛子たっぷり』 の食事に・・・

雑誌の特集に惹かれて試してみましたが、次のソウルも絶対にリピート!! まではいかなかったです。

やっぱり、焼肉やカンジャンケジャン食べてみたい・・・韓国は2度目ですが未経験(泣)
[PR]

by soiconvent | 2013-03-06 09:40 | ソウル 2011

ソウルの朝のとっておき?? その①



雑誌『BRUTUS』で見かけた朝ごはん特集。
a0275945_1133887.jpg


そのなかで、『ソウルの朝のとっておき』 というページが大変気になって雑誌を購入。
a0275945_1135931.jpg


焼肉やピビンバだけではない、地元の人が日常に食べる食事。しかも辛くない系の韓国料理を食べてみたかったんですよね。



今回のソウルでの食事はこの雑誌掲載の店を巡る予定。
代休も取らず土日だけの旅行、金曜の20:50発KEに。

そんなに乗客が多くない仁川~福岡線なのに、なんで2階建てのボーイング747が?? と搭乗すると自分の席は・・・

2階のビジネスでした♪
a0275945_1144724.jpg


人生2度目のアップグレード。
a0275945_11539.jpg


というか、多分イレギュラーな機材の割り当てと思われます。
席数が多過ぎるので適当に振り分けられただけでしょうが(笑)
a0275945_1152250.jpg

欧米などのロングフライトでこんな席だったら快適でしょうね・・・


フライトも50分程度なので、ビジネスの快適さを存分に堪能出来ないまま仁川到着。

空港のコンビニで 『T-money』 を買い終電間近のA'REXに乗り込みます。
a0275945_1172874.jpg





翌朝、三清洞にある 『ブヨン ドカニタン』 へ。
a0275945_1113211.jpg


雑誌曰く・・・80歳を超えたおばあさんが30年間作り続ける、
牛アキレス腱と野菜を4~5時間煮込んで作るスープ・・・だそうな。美味そう♪


地下鉄『安国』駅からは2km程あるのでタクシーに乗り。
(この地下鉄駅は竹島のジオラマがあります。気分悪い・・・)

朝8時過ぎにお店の前に到着。うーん、北朝鮮にありそううな素朴な外観。
a0275945_11164443.jpg



店に入るとおばあさんが1人。

自分 『アニョハセヨ ドカニタンジュセヨ』 と言うと

ハルモニ 『〇×※▼△〇×~!!』 と韓国語でまくしたてられる。

自分 『ドカニタン イッスムニカ(ありますか?』

ハルモニ 『〇×※▼△〇×~!!』

自分 『アニエヨ?? (無いの??) 』

ハルモニ 『〇×※▼△〇×~!!』


うーんどうやらドガニタンにはありつけなんさそう・・・
もしかしたら、まだ準備中だったのかな??

入れ違いに入っていった地元客は、そのまま店を出て来ませんでしたが・・・

ここを一番楽しみにしていたのに残念(泣)



さて、すぐさまプランB実行。タクシーをつかまえ『シチョンクァンジャンへ~(市庁広場)』
a0275945_11102577.jpg


a0275945_11105766.jpg




市庁近くの干しダラスープの名店 『ムギョドン・ブッオグッチブ』 へ。
a0275945_1111289.jpg

ここは日本人にも知られた有名店みたいですね。行列も日本人だらけ。


雑誌では、

韓国で散々旨いものを食べて帰ってきた食通の友人が、一番旨かったと言ったのがここの干しダラスープ。

だそうです。あっさりしていそうな味付けが朝食にうってつけ♪


先程の店と違い、店員さんは日本人の案内には慣れたもの。そして親切。

すぐにスープが運ばれてきました~
a0275945_1112443.jpg

スープはあっさり、タラの身は淡白で脂がのったイメージでしたが、干しダラって結構パサパサで魚臭さが残ってるんですね。
玉子スープにいりこが入っている感じ・・・でしょうか。

普通に美味しくいただきましたが、雑誌の記事が絶賛する程??


それよりご飯に載せて食べる干しアミの塩辛が美味しいのなんのって。
初めて食べたけどこれ、日本でも食卓に欲しい(笑)

スープとご飯で500円程度なので、胃が疲れている時なんかに良いかもしれないですね。
ロッテやウェスティンホテルからも徒歩圏内です。
[PR]

by soiconvent | 2013-03-05 11:18 | ソウル 2011

パークハイアットソウル 宿泊記④



1人旅で、しかも韓国料理のあまりのニンニク使いに飽きてしまって(一見あっさり味でも下味に必ず使っている気が・・・)
夕食はルームサービスで。

ラムチョップのグリル・・・だったっけか(汗) 50000ウォン(約3500円) ぐらいでした。
a0275945_17283946.jpg

美味しいパンがどっさり付いてくるのが嬉しい♪ ですがこれ1皿の値段だと思うとやっぱりホテルは高いですね。
a0275945_17285626.jpg

事前にロッテマート・新世界・現代百貨店でワインかスパークリングワインのハーフボトルを探したんですが
全く見当らない・・・ 1人で乾杯したい方は日本から持って行きましょう(泣)

料理を運んで来たスタッフに、グラスの赤の値段を聞いてみるとメニューを指差した先には『35000W』

『オ、オッケー・・・』 と両手を胸の前で挙げてストップの仕草をするとスタッフ失笑ww

やはりホテルのワインはピッサダヨ。



ちなみにすぐ前にあるCOEXの現代百貨店は、明洞のロッテや新世界と比べてパッとしないですね。
少し遠いけど、高速ターミナルの新世界は衣料・食料品共圧巻の品揃えでした。







夜出掛ける前、コーヒー豆とボディソープの補充をお願いしておきました。

夜中部屋に戻ると、テーブルにはコーヒーと共に頼んでないシャンプーにボディーバーム。太っ腹~!!
a0275945_17305390.jpg

スーツケースで来て無かったので、空港にて没収覚悟で手荷物検査を受けましたが大丈夫でした。


アメニティが2セット、イソップ祭りじゃww (自宅にて)
a0275945_17324824.jpg








朝食は2階のホテル唯一のレストラン 『コーナーストーン』 へ。
a0275945_17332922.jpg

ロケーション的には2階なので、他のパークみたいに『ハイパー感w』 はありません。


北京やドバイの、『アラカルトをオーダー+ビュッフェ』 ではなく普通のビュッフェ形式でした。

どれも質が高そうなものばかり。
a0275945_17335172.jpg


というか、ソルト&ペッパーやコーヒー用のミルク入れがセッティングされて無いですね・・・
このあと持って来ましたが、これが滞在中唯一のマイナスポイントでした。
a0275945_1734272.jpg





チェックアウト前、24階のロビーからの景色。
a0275945_17351689.jpg

やっぱり高層階がいいな~次回はリクエストしてみよう。
a0275945_17352913.jpg




チェックアウト後は、COEXのバスターミナルまでの無料タクシーサービスを使い
KALリムジンで仁川へ向いました。

1泊ながら、憧れのホテルを満喫出来て良かったです。
[PR]

by soiconvent | 2012-12-04 17:36 | ソウル 2011

パークハイアットソウル 宿泊記③


夜の客室
a0275945_1365147.jpg


a0275945_137177.jpg




電気を消すと外の景色が浮かびあがります。
a0275945_1371913.jpg

クールでモダンなアーバンライフ・・・などと口にするのも恥ずかしいセリフが思わず頭に浮かんでしまう光景(笑)
a0275945_137284.jpg








バスルーム
a0275945_1374312.jpg



a0275945_1375945.jpg

見えているかも知れないけれど、昼夜問わず一度もロールスクリーンは降ろしませんでした。
客室は4階からなんで、低層階はホントに丸見えだと思います。
a0275945_1381428.jpg


夜景はそれほどでも無いですが、通りが大きいので車のランプが多くてダイナミックな眺め。
a0275945_1382037.jpg


電気を消して入って見ても良い雰囲気ですね。
a0275945_13102499.jpg






24階に行ってみました。
a0275945_13104920.jpg


ラウンジもカッコイイ。シンプルな空間に上質なレザーの椅子、バランス感が最高です。
a0275945_1311789.jpg





プールは天井から沢山下がった、青く光る透明なバーが印象的。
a0275945_13112758.jpg


昼に比べ、暗くてラウンジから見えにくいせいか泳いでいる人が沢山居ました。
a0275945_13114075.jpg



真ん中のカップルの女性が 『何よあの人!ウリを撮ってるニダ~(怒)』 という感じで彼氏に話している様子だったので
そそくさと退散しました。すみません違うんですよ、撮りたいのは人が居ないプール・・・
a0275945_1312538.jpg





外に出てみます。相変わらずカッコ良いエレベーター
a0275945_13123993.jpg


a0275945_1412164.jpg



窓の明かりを見る限りなかなかの稼働率ですね。
このシャープに折れ曲がったグラスBOX状のビルのデザインが大好きです。
a0275945_1314555.jpg



ガラスの外側はミラーグラスでは無いので・・・
やっぱりリビングもバスルームも見えてますね。双眼鏡で見ない限り、人影程度しか認識出来ないぐらいですが。
a0275945_13142165.jpg

[PR]

by soiconvent | 2012-12-04 13:18 | ソウル 2011

パークハイアットソウル 宿泊記②



長年憧れつづけたこのお部屋、嬉しくて画像を沢山撮ったんですが・・・

ソウルという場所柄と開業して7年。既に多くの方が宿泊記を書いていらっしゃるので
説明はそこそこに、感想と画像を列挙致します。



0706号室、ドアを開けるとすぐにこの眺め。
a0275945_13542782.jpg



ミニマルな内装、フルハイトの窓、チェアが大変にモダンです。窓枠が白っていうのも◎
a0275945_13544162.jpg



ベッドまわりもシンプル、ホテルというより高級コンドミニアムとかオフィス付帯の宿泊施設のような。
a0275945_13545830.jpg



テーブルや備品収納の家具まわりは素っ気無いですね。ハイアットらしいといえば、らしいですが(笑)
a0275945_13553782.jpg




クローゼットは洗面所からも両方開く仕様。
a0275945_13555318.jpg

収納力も十分、開放的で好きなレイアウトです。





備品の食器と、アメニティのお茶。コーヒーはネスプレッソでは無くフレンチプレス式でした(2011年12月現在)
a0275945_13561957.jpg

フレンチプレスで美味しくコーヒーを淹れられた経験が無いんですが・・・誰か教えて下さい(笑)


お約束の 『湯沸かしポットはどこ!?』
a0275945_13563894.jpg



答え 『壁からジャジャーン(笑)』 このポットカッコ良過ぎ、家に欲しい♪
a0275945_13565156.jpg






チェアは見た目の硬さよりずっと快適でした。テレビ横の壁は韓国の伝統的な漉き紙、とても良い質感です。
a0275945_1357827.jpg



ガラス越にバスタブも見えてます。窓側にこうして切り込みを入れると空間に拡がりが生まれて良いですね。
a0275945_13583417.jpg

もちろんロールスクリーン付なんでバスルームを隠す事も可能。



ウェルカムフルーツのブドウとお茶を淹れてほっこり。7階なんで窓からは通りを行き交う人や車が丸見え。
a0275945_13584718.jpg












さて、このホテル一番の特徴はこのバスルーム。何度も言いますが、7階だと本当に通りが丸見えで・・・
a0275945_1359119.jpg


a0275945_1465672.jpg


a0275945_147550.jpg



リビングとの間仕切が一部ガラスになっているので開放感も抜群ですね。
a0275945_1472065.jpg



反対側の窓側はミラー貼、こちらも空間に拡がりが出て素晴らしい。
a0275945_148690.jpg

テレビも付いてます。
a0275945_1482518.jpg



バスタブも大きいです、それにしても絵になるわー(笑)
a0275945_1484057.jpg

ただ直方体なんで出入りや背もたれが普通のバスタブより不便かな。



この岩の壁、最初画像で見た時は度肝を抜かされました。
a0275945_149069.jpg

日本人設計だけあって、嬉しい洗い場付方式。画像には無いですがもちろんレインシャワー付いてます。

水栓もスタイリッシュで♪ 岩くり貫いて収めるのは大変だったでしょうね・・・
a0275945_1494045.jpg



イソップのアメニティとヘチマのボディスポンジ。ヘチマは硬過ぎて使いませんが、見た目は◎
a0275945_1410375.jpg

イソップは日本で買うと高いんで、ここで使用出来るのを楽しみにしていましたが、
ボディーソープとボディバームは◎。シャンプー・コンディショナーは髪がパッサパサになって
自分には合いませんでした。



木製の椅子とバスソルトも、このあたり温泉旅館みたいですね。
a0275945_14121344.jpg




トイレも広々、もちろんウォシュレット付。
a0275945_14124622.jpg




シンプルな洗面台。チェアがあるのが旅館や住宅っぽい。
a0275945_14125947.jpg


シンクはひとつ、シンプルですが美しいレイアウトですね。
a0275945_1413990.jpg



アメニティに合わせてコップも黒。 隅々にまでこだわりが行き届いているのがパークらしい。
a0275945_14132221.jpg



建物の構造、立地、インテリアが相まって明るさと開放感、モダンなデザインの高揚感、
安らぎを感じる事が出来ました。

ちなみに、スーパーポテト設計の特徴。

『見せ場の特徴ある材料は、必ず天井から床まで一面貼り』

なんです。途中で止めている物件を見た事が無い。
この手法、最近はややマンネリ気味にも感じますが、好きなデザインです。
[PR]

by soiconvent | 2012-12-03 13:53 | ソウル 2011

パークハイアットソウル 宿泊記①

ソウルのパークハイアット、開業以来ずっと気になっていたんですが・・・



近くて安く行けるのに、韓国という国に観光的魅力を一切感じない自分はいつも後回しに。

しかし2010年12月に北京にてパークハイアット初体験以来、パーク病にかかってしまい
ここに泊まるだけの為にソウルにやってきました(笑)
a0275945_21293041.jpg




HPやガイドブックで見るこの画像。『窓の向こうは江南の高層ビルとCOEX』
a0275945_2130111.jpg




そして、『窓際のバスタブは、窓に向って横置き』
a0275945_21301719.jpg


このレイアウトと眺めは絶対だったので入念にリサーチして、

『パークデラックスルームの末尾6・8・9番の部屋が該当』 と判明(笑)
a0275945_21305610.jpg

リクエストが通りやすいように、ハイアットのHPより予約して希望を伝えました。


『入口がわかりにくい』 との感想が多く見受けられましたが、昔は無かったサインが出ていて問題ありません。
a0275945_21311452.jpg

車寄せは入ってすぐの裏側なんですが。路地を入ってまわり込むのでタクシー乗車時は注意ですね。
a0275945_21312996.jpg


12月初め、エントランスのリースはパークらしく大変シック。
a0275945_21334664.jpg





入るとすぐにスタッフに名前を聞かれ、エレベータに案内されます。

エレベーター内の天井は高さで照明の色が変わって綺麗。
a0275945_1410878.jpg

a0275945_1485299.jpg

ボタンもタッチ式で、柔らかい光が渋めの近未来感を出していてカッコイイです。

a0275945_149595.jpg





24階のレセプション。
a0275945_21364365.jpg

シンプルで明るくて、それでいて上品な空間。

噂通り、というかたまたまかも知れないですが
ソウルの特1級なのにスタッフは日本語を話しません、早口の英語で聞き取るのが大変・・・

カードキーを受け取り、自分で部屋に向います。



レセプションからラウンジを抜けるとガラスの向こうにプールが
a0275945_2138220.jpg
a0275945_2138117.jpg

昼間はラウンジでお茶している人からバッチリ見えます(笑)




客室フロアの廊下。
a0275945_21393252.jpg

明るい木目というのはイマイチ高級感に欠けますが、さすがのパーク様。スタイリッシュな仕上です。


客室は4~22階までですが、その中の7階706号室でした。
一応部屋のレイアウトと向きのリクエストは通っていましたが、7階は低いですね・・・




ドアを空けると・・・わー憧れていたこの空間♪
a0275945_21401610.jpg

[PR]

by soiconvent | 2012-11-30 21:40 | ソウル 2011