ひねくれ〇の旅日記

カテゴリ:LA 2008( 10 )


LAでの食事とその他色々・・・



LAでの食事、案内してくれた連れがグルメだったので、とても充実していました。

その時は分かりませんでしたが、後で調べると何処も有名店だったようです。



LAに着いてすぐに向かったのは、ラ・ブレア通り沿いのレストラン 『Campanile (カンパニーレ)』
a0275945_13493838.jpg

チャップリンの事務所として建てられたのですが、本人は一度も使う事が無く売り渡されたらしい・・・
とはいえ、歴史的建造物なので良い雰囲気。



フレンチベースらしいですが、何故か軽めのサンドイッチを注文していますね。
a0275945_13495220.jpg




近くの行列の絶えない有名なホットドック店は、連れいわく 『並ぶ程では・・・』 だそうです。
a0275945_13512617.jpg







初日のディナーは 『Crustacean(クラスタシアン)』 のカニ料理。
a0275945_135069.jpg

ガーリックの効いたピリ辛の秘伝オイルソースにまみれて大きなカニが出てきます。
もちろんカニ身も美味しいんですが、ソースが美味しすぎて印象的でした。

そして、手がベタベタになります(笑)





最終日のディナーは、『Lawry's The Prime Rib (ローリーズ・ザ・プライム・リブ)』 のローストビーフ。
a0275945_13515239.jpg

その大きさにビックリ・・・赤身なので以外とペロっと行けちゃいましたが(笑)
今は東京と大阪にも支店があるみたいですね。


アメリカでは、この店は何かお祝い事がある時に利用する人が多いらしく、
天井の高いアメリカンクラシックのコンサバなインテリアの中で、
大人数で食事しているグループ客を見ているとなるほどなーと納得。


誕生日が近かったので、連れがサプライズを仕掛けていたらしく。ケーキと共に5人のコーラス隊と共にバースデーソング♪
a0275945_1353468.jpg


ちょ・・・とても嬉しいけど、日本でも家族以外で誕生パーティーとかしてもらった事無いし、
しかも外国、グループ客ばかりのコンサバな店で男2人のバースデーディナー。

まわりからも注目されてすごく恥ずかしかったです(汗)


そして、『アメリカでは、大事な日に、大事な人にティファニーのアクセサリーを贈るんだよ。』 と
ペンダントを貰いました。

ところで、ティファニーって贈られた人が返品出来るようにレシートが付いているんですね。
自分は、別れた時に本人にお返ししました。





最終日のランチには、カルフォルニア州にしかないというバーガーチェーン 『IN-N-OUT』 に行きました。
a0275945_13562681.jpg

注文を受けてからパティを焼くスタイルが人気、この日も沢山の人がレジに並んでいました。



レストランやホテルのハンバーガーとは比較出来ませんが、なかなか美味しくいただきました。
a0275945_13565378.jpg

これ以来、初めて食べた時 『マズイ!』 と思って十数年避けていた、
〇クドナルドのビッグマックが食べられるようになりました。(味付けが似ているからでしょうか・・・??)





ブティックやレストランと同じく、LAのクラブは日本の国道沿いのカーディーラーやスーパーみたいに平屋の戸建です。
a0275945_1359273.jpg




日本だと音楽のジャンルでクラブの個性・客層って分かれますが、
LAだと、ストレート・ゲイ・レズビアンのクラブがひとつの建物の中に同居していたり、

さらにその中で、白人中心とか、ブラック・ヒスパニックばかりとか、
人種や性向で様々な客層に分かれていてとても興味深かったです。
a0275945_13592769.jpg




a0275945_13593296.jpg




a0275945_13593730.jpg




a0275945_13594221.jpg





やっぱり、現地に詳しい連れが居ると旅の内容が濃いですね~今でも感謝しています。


1人旅とは全く別物、最も思い出深い旅行のひとつでした。
a0275945_140405.jpg

[PR]

by soiconvent | 2013-07-21 09:00 | LA 2008

パームスプリングスの別荘(他人の)



LAに行く約2年前ぐらい、グーグルアースでパームスプリングス上空を見ていると・・・
a0275945_10422283.jpg




建物が蛇行して立ち並ぶ、ジオメトリックな町並みが現われました。
a0275945_10423183.jpg


『すごいな~地上から見るとどうなっているんだろう。でも、ここに行く機会は無いんだろうな。
大体外国で車運転とか絶対無理だし・・・』

と思った記憶がありました。






2年後、そのジオメトリックな町並みの中に降り立っていました。
a0275945_10424747.jpg




ここの正体は、平地のゴルフコースを取り囲むコンドミニアム。
a0275945_10433025.jpg




各ブロックは高い塀に囲まれ、入口にはセキュリティ。アメリカでは沢山あるらしい『ゲーテッド シティ』 の一種でした。

連れの御家族が、たまたまここに別荘を所有していたのです。


数件おきに配されたパブリックプールの向こうにゴルフコース、さらに向こうには乾燥地帯の山脈。
初めて見る風景です。
a0275945_10434246.jpg

気になっているけど多分行けないな・・・と思っていた場所に、不意に訪れる事が出来るって刺激的ですね。





LAからの長距離ドライブ、私を案内するのに集中していた連れは、給油を忘れて
敷地内でガス欠してしまいました。ガス欠なんて生まれて初めての体験、しかも異国の地で・・・


エンストした目の前にあったお宅の住人が、たまたま外出するところだったので、
近くのスタンドまで送迎していただきました。ありがたや~
a0275945_10441397.jpg



しかしこの時私は 『も~短い観光の時間をロスしてしまうじゃん・・・』 と思ってしまいました。


連れは、あまり乗り気ではないパームスプリングまで自分を連れて来てくれたのに
(彼は幼少期から何度も来ているのでこの町は退屈らしい)

自分ときたらなんて自己中なんでしょう、私も免許は持っているので 『そろそろ給油じゃない?』
と気付かなかったのが今となっては恥ずかしい。

そんな性格なので、その連れとは帰国後3ヶ月で縁を切る事になってしまいました。

『わー大変、自分はどうしたら良い?』 と心から思えるようにならない限り、
私に彼氏や新しい友達は出来ない気がします(汗)




スタンドで買って来たポリタンクのガソリンを入れてとりあず外へ。
a0275945_10452461.jpg




給油し直しに来ました。
a0275945_10454861.jpg




イカした(死語ww)車に、ユルい風貌のドライバー(笑)
a0275945_10461148.jpg






パームスプリングスを出る途中、車窓からこんな素敵な建物が。
a0275945_10463590.jpg

太陽の光が強いのか、空も建物もすごく鮮やかに見えますね。

同じ地球上なのに、何が違えばこう見えるんでしょう・・・??
[PR]

by soiconvent | 2013-07-20 09:00 | LA 2008

LAの街並み



夕暮れのハリウッド・ブルーバード。
a0275945_21173711.jpg




通り沿いのレトロな建物、コンクリートの格子窓が雰囲気たっぷり。
a0275945_21175466.jpg




今では注目度ガタ落ちの彼女ですが、当時はこんな大きな看板もありました。
a0275945_21181358.jpg






ラ・ブレア通りにある、絵に描いたような西海岸っぷりの中古家具店。
a0275945_21182661.jpg






信号待ちの車窓から。2008年当時大統領選まっただ中でした。
a0275945_21184476.jpg

2013年現在、彼はスーパーマンになれたのでしょうか??・・・なんて(笑)





ロサンゼルス群立美術館(LACMA)の屋外展示アート。
a0275945_2119212.jpg

この日の入場料は、『あなたが払いたい額で』 という驚きの設定。日本じゃまずありえないな・・・




LA有数のおしゃれストリート、ロバートソン通りの『3.1 Phillip Lim』
a0275945_21193084.jpg




同じくラルフ・ローレン。
a0275945_21194737.jpg




有名な老舗セレクトショップ 『マックスフィールド』
a0275945_21201182.jpg




メルローズ通りのアメリカンアパレル。
a0275945_2120292.jpg


こういうブティックは、普通大都市の繁華街の中にあるものだけれど、
LAは田舎の国道沿いのファミレスやコンビニみたいに平屋建てで、

車で店の前の駐車場に乗り付けて買物するのがすごく不思議な感覚でした。

通りを走っているとずっと地方都市の郊外みたいなゆる~い風景なのに、
良く見ると高感度なブティックやレストランが点在していて、自分の大都市に対する既製概念が全くあてはまりません。





ロデオドライブのプラダです。
a0275945_212258.jpg




東京もNYも、建築家とコラボして先鋭的なブティックを作っていますね。
ここも、外との仕切が一切無い珍しいファサード。
a0275945_21221910.jpg






アップルの洗練された広告と、珍百景的な虎の置物が並ぶガソリンスタンドが並ぶのもLAならでは(笑)
a0275945_21223614.jpg





空港に向かう途中、映画でギャング同士が撃ち合いしていそうなリカーショップ。(あくまでもイメージ)
a0275945_21225591.jpg




60~70年代に建てられたであろう洗車場。
a0275945_2123656.jpg

とても個性的ですが、地元の国道沿いのドライブインにも
ここまで大げさでは無くとも似たようなテイストを模したものが沢山あった気がします。

80年代まではそんなお店も営業していましたが・・・今はほとんど廃墟ですね。




田舎なんだか都会なんだか、オシャレなんだか野暮ったいのか・・・LAって不思議な街ですね。
a0275945_21305764.jpg

[PR]

by soiconvent | 2013-07-19 21:00 | LA 2008

ウォルト・ディズニー コンサートホール



冬の昼下がりのLAダウンタウン。
a0275945_1711552.jpg




LAの日光のせいなのか、ビルに反射する光のせいなのか、はたまたカメラのせいなのか、
なんとも現実離れした光の写り方です。
a0275945_1714593.jpg






目的はフランク・O・ゲーリー設計の 『ウォルト・ディズニー・コンサートホール』 の見学。
a0275945_1715815.jpg



同氏設計のスペイン・ビルバオのグッゲンハイム美術館が、街の観光産業を復活させた事例をきっかけに、
彼の手がける公共建築=人を呼べる場所 という図式が世界中に定着しました。
a0275945_1723387.jpg

時間が無く、連れが路駐している間に急いで外観の写真だけ撮りました、内部も見てみたかったんですが
車を運転してくれているのは連れなもので・・・




歪曲した金属の壁がが光を反射して、まわりの空間自体を変えてしまう雰囲気。
a0275945_1744357.jpg




数年前、avexのグループのPVでここを歩くシーンがありました。
a0275945_1752829.jpg


建物見学や内部のお土産店に行くのも良いですが、
インスタグラムやツイッターのネタに記念撮影するには最高のロケーションですね。



ホール前には、abcのアンカーウーマン?
a0275945_176858.jpg

米映画やドラマで見る雰囲気そのまま(アメリカ国内なんであたりまえですが)

刷り込みって凄いもので、幼い頃からTVや映画で見てきたものが目の前に現われると
どんな事でもいちいち感動してしまいます。
[PR]

by soiconvent | 2013-07-18 17:09 | LA 2008

Indian Canyons



自分 『パームスプリングスって、砂漠にサボテンな風景ってあるの? 行ってみたいな。』

連れ 『そういうのはアリゾナ州に行かないと無いよ、LAからは遠いし』


という事で、パームスプリングスについて色々ネット検索していたら、度々目にするこの風景。
a0275945_15112273.jpg

荒野の中の大きな岩の間を流れる小川、そのまわりにはパームツリー。


うーん、これは見てみたい・・・と、グーグルアースの画像ポイントを開きまくって調べた結果
『Indian Canyons』 と呼ばれている場所らしく、市内からそう離れていない場所にあることがわかりました。
a0275945_15525424.jpg



市内から向かいます、陽射しが強過ぎて逆光だと全部こんな風に写ってしまいます。
a0275945_15115138.jpg



それにしてもなんと鮮やかな空の色。
a0275945_1512773.jpg



岩山とのコントラストが合成画像みたいです(笑)
a0275945_15123051.jpg



この町を何度も訪れている連れも知らなかったらしく、適当に走ってみるとそれらしき場所に向かう一本道へ。
a0275945_15125051.jpg



見渡す限り荒野だけの風景に。
a0275945_15133991.jpg



途中の映画に出て来そうな廃屋、何に使っていたんでしょうね・・・
a0275945_1529797.jpg



振り返ると違う惑星に来たような・・・
a0275945_15291759.jpg



さらに進むと、パームツリーが見えて来ました。
a0275945_15143148.jpg



こんなスリリングな天然のゲートもあり。
a0275945_1515038.jpg






着きました~! 谷底に小川が流れ、パームツリーが群生する。いわば『オアシス』ですね。
a0275945_15152339.jpg



a0275945_15153978.jpg



谷底に下りました。パームツリーの幹上部のもさもさが独特、こんなの初めて見ました。
a0275945_15161396.jpg



南国リゾート好き=ヤシの木好きな自分なので、相当テンション上がります↑
a0275945_15161880.jpg



父が画像を見て、『成長する時、古くなった葉っぱを剪定していないんだろうね』 と。なるほど~
a0275945_15165997.jpg

という事は、地元の国道沿いにバンバン植えられているヤシの木も放っておいたらこうなるのね・・・


ここはトレッキングコースになっておりました、時間があればのんびり散歩してみたかったです。
a0275945_15172050.jpg



『インディアンの谷』 の名前通り、先住民族の住居が再現されていたり。
a0275945_15294049.jpg



これが行く前に画像で見た風景、荒野の中の小川に岩とパームツリー。
a0275945_15264736.jpg



よそではまず見られない独特の風景に感動しました。
a0275945_15271674.jpg

[PR]

by soiconvent | 2013-04-25 17:00 | LA 2008

The Standerd Hollywood でブランチ



LA・マイアミ・NYでホテルを展開する 『The Standerd』
a0275945_1753121.png


HPを見ると、何処もアメリカらしいポップなオシャレ感が漂うインテリアで気になりまくり。

(NYの2件は新築だし、場所柄高級路線っぽいです、新名所 『High Line』 を跨いで建つ有名なホテルです。HPより)
a0275945_17284081.jpg


NYの客室、ロケーションやフルハイトの窓の影響も大きいでしょうが、かなり自分好み♪ (HPより)
a0275945_17304463.jpg

しかしNYなので宿泊料金は最低4万円~ しかもスタンダードルームは30㎡以下。
インテリアもオシャレですがお金はかけてないのでコスパに欠けますね・・・
(上の画像の部屋は素敵ですが10万近くします・・・MOとかピエールと同じぐらいなんてww)



話をNYからLAに戻します(笑) ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


朝食を食べに 『Standerd Hollywood』 内のレストランに行きました。

エントランス。
a0275945_17313373.jpg



看板が逆さま~日本でもたまにラーメン屋の逆さま看板見掛けますね(笑)
a0275945_1732414.jpg



ロビー。
a0275945_17322367.jpg



ソファースペース。床からカーペットが天井まで続いてる・・・
a0275945_17331879.jpg



『60~70年代の西海岸風モダニズム』 的な演出がカッコイイ~
a0275945_17341140.jpg




バーラウンジ 『Cactus Lounge』 壁一面のサボテンのグラフィックに籐イスの組み合わせが最高。
a0275945_17342838.jpg

このフェイクっぽいような、人を食ったようなデザインがとてもLAっぽい。


バーからプールの間にはDJブースもあって、昼間からクラブ状態。
a0275945_17344519.jpg



おそらく建物は既存のものを改装したと思われますが、
ちょっとチープで鄙びた雰囲気とパームツリーとのマッチングがツボ(笑)
a0275945_1735316.jpg




パブリックスペース(といっても30秒で廻れるぐらいのスペース) の見学のあと、
エントランス横のレストラン 『 24/7 Restrant 』 へ。

エッグベネディクトを注文しました。
a0275945_17353936.jpg



60~70年代のダイナー風のインテリアにテンション上がりまくり・・・と言いたいところですが、
a0275945_17361522.jpg

前日寝たのが朝の5時、そして昨晩は酔い潰れてとある理由で大号泣・・・

朝食のつもりが、ここに来たのは14時でランチタイムも過ぎているという(汗) せっかくの短いLA滞在なのに、モッタイナイ・・・


ちなみにこちらHollywoodの客室はこんな感じです(HPより)。 ちょっと大味かな・・・
a0275945_1740120.jpg


バスルームはかわいい色使いで好きです(HPより)。
a0275945_17422722.jpg


やはり客室が魅力的なのはNYの High Line と East Village の2件。
シンプルモダンで軽快なんだけど渋みもあってカッコイイです、HPもオシャレ。



Standerd Hollywood の場所はサンセットブルーバード沿いで、近くにはAndazやスタルクが手がけたMondrianなんかもあります。

映画やファッションブランドのビルボードがいかにもLA。
a0275945_17373673.jpg



a0275945_17374278.jpg



外国では車の運転が怖いので自分から行く事はないと思いますが、
このあたりのお店やホテルをゆっくり巡ってみたいですね。
a0275945_17382159.jpg



a0275945_17382783.jpg

[PR]

by soiconvent | 2013-04-20 09:00 | LA 2008

ラグナビーチ


LA2日目、初日は夜中までクラブで踊って飲んで、理由は伏せておきますが帰りにまさかの号泣(笑)
寝たのは明け方5時・・・

ホテルを出たのは昼過ぎ、ランチをして市街を南下。
a0275945_13295999.jpg



アナハイムやニューポートを通り過ぎ映画や米ドラマで良く見るような海岸線へ・・・
a0275945_13301356.jpg



目的のラグナビーチに着いたのは夕暮れ時(車窓より)。
a0275945_13304665.jpg


当時MTVのリアリティドラマの『The Hills』 にハマっていて、
メインキャストのローレン・コンラッドが生まれ育ったこの街がとても魅力的に写った訳で・・・ミーハー(笑)
a0275945_13474733.jpg

ストーリーはともかく、登場人物達の暮らす素敵なコンドミニアムや
陽気な西海岸とオシャレなレストランやクラブのロケ、挿入歌も当時のヒットチャートばかりで
見ていて楽しかったんです。 だんだん登場人物達にもハマってしまいましたが(笑)


海はハワイみたいに青くないですが、ニューポートからラグナビーチの海岸線は
ずーっとリゾート地のような景観で感動しました。
a0275945_13312227.jpg


a0275945_13312773.jpg


実際海岸沿いにはかなりの数のホテルが点在していました。
a0275945_1332386.jpg





タウンには雑貨店やブティック、ギャラリーやレストラン。LAの日帰りリゾート的な位置付けの町なんでしょうか??
a0275945_13323259.jpg


a0275945_13323749.jpg




ビーチにはバレーをしたり散歩をしたり、沢山の人達が楽しく過ごしている様子。
a0275945_13331311.jpg


a0275945_13333416.jpg




あ~アメリカの青春ドラマの中にいるみたい(笑)
a0275945_13335011.jpg




夕焼けの空も美しい・・・
a0275945_13343190.jpg


a0275945_13343598.jpg


a0275945_13344020.jpg



LAの街なかは日本で言うなら地方中核都市の、郊外の国道沿いの風景が延々と続く感じだったんですが、
この辺りは緑が多くて建物も綺麗でした(高所得者が多いみたいですからね、『The OC』 なんてドラマもありました)

こんな所に住んでみたいな~と思わせるラグナビーチでした。
a0275945_1335678.jpg

[PR]

by soiconvent | 2013-02-18 13:35 | LA 2008

PARKERでディナー

ホテルには宿泊出来なかったけれど、いたく気に入っている自分の為に連れがディナーを予約してくれました。
a0275945_11162733.jpg




夜のロビーやラウンジも雰囲気ありますね~
a0275945_11164352.jpg
a0275945_11164793.jpg
a0275945_11165110.jpg





まずはレストラン横の小さなバーで一杯。
a0275945_1117761.jpg

モヒートのアルコールが強くてこの時点で酔ってしまいました・・・


レストラン 『MISTER PERKER'S』 は、
誕生日祝いらしき10人ぐらいのグループ客と、"パパ"&"ボーイ" のGカップルのみ。
予約の必要は無かったですね(笑)
a0275945_11174416.jpg

フラッシュを炊くとこんな店内、すんごい濃厚なテイストですね・・・
a0275945_11324895.jpg



ウェイターが 『そのシャツカッコイイね!どこの?』 と聞いて来たので
『日本のデザイナーだよ(海外では知られていないブランド) 』 と言うと
『ヨウジ?? ギャルソン?? ここは全然いい店ないから自分は服を買いにLAまで行くの』 と
まぁ、この方もお仲間さんですね(笑) パームには多いって聞くし。



ワインリストのカテゴリー(価格帯)分けがこのホテルらしくて(笑)
a0275945_11181799.jpg




料理はアラカルトで、フレンチビストロベースのメニューです。

最初に頼んだオニオングラタンスープ(画像無し) はかなりの量で、これ一杯で既に満腹。

前菜はマグロとアボカドのタルタル、こちらもポーション多め。
a0275945_11184270.jpg


連れはフォアグラソテー。
a0275945_11201859.jpg




自分が頼んだメインはブイヤベース、巨大・・・
a0275945_11203814.jpg


連れは鶏肉の何か(笑)
a0275945_11212173.jpg



前菜は一皿20$~ メインは40$台~ と、今ではそこまで高いと思いませんが
当時は絶対自分では行かない価格帯だな・・・と思ってました。


味の方はというと・・・連れの方が毎回ブーブクリコをボトルで注文するので
すぐに酔っ払い覚えてません(汗) 美味しくいただけたけどちょっと大味だったような・・・

グルメな連れ曰く 『わざわざ来る味では無いかも』 との事。


それでも、来たくても簡単には来れない場所なんで自分にとっては貴重な体験でした。
[PR]

by soiconvent | 2012-11-07 11:24 | LA 2008

PARKER PALM SPRINGS



出発前、パームスプリングスについて色々調べているうちに偶然見付けたホテル 『PARKER Palm Springs』
a0275945_14382580.jpg


スターウッド系列のメリディアンブランドながら、『PARKER』 と名の付くホテルはこことNYのみ。
HPも雰囲気もとてもセンスが良かったので行ってみました。

ジバンシィのホテル&スパを改装したホテルとの事で(聞いた事も無い、ジバンシィのホテルとか・・・)
建物自体は古いし、敷地も他の高級ホテルグループよりは広くありません。
(パームスプリングスはゴルフ場併設の広大なリゾートホテルが沢山あります)



ブロック壁の中にポツンと扉だけあるエントランス。
a0275945_14385241.jpg

車で来る人しかいないので、バレーサービスがあります。


小じんまりとしたロビーにはアンティークなんだかどうだか、とにかく味のある家具やオブジェが沢山。
a0275945_143946100.jpg
a0275945_14395135.jpg
a0275945_14395711.jpg


西海岸っぽい、それでいてカジュアルに走り過ぎない絶妙なミックス加減(笑)
a0275945_14403130.jpg



暖炉のあるラウンジ。
a0275945_14415053.jpg
a0275945_14415470.jpg



外に出るとカジュアルダイニング。
a0275945_14421432.jpg

テントの色と空、庭園の緑のコントラストが素晴らしい!!


庭園も、適当に植栽しているようで結構計算されてそうな雰囲気。
a0275945_14424650.jpg

低めの植物はイングリッシュガーデンのようにも見えます。


陽気でカジュアルな西海岸テイストを洗練させた感じ・・・というのか、まぁとにかくツボに入りまくり。
a0275945_14433887.jpg
a0275945_1443441.jpg



プールも小さいながら周囲のデザインは完璧。
a0275945_14455427.jpg

こういうテイストがハマるのはこの地ならではなんでしょうね~


もうひとつのプールと。
a0275945_14455878.jpg


プールサイド。
a0275945_1446459.jpg


巨大チェスに興じるファミリーはフランス語を話していました。
a0275945_1450302.jpg

翌日避寒で別荘に来ているカナダ人と会いましたが、このファミリーはケベックからだったのかな・・・?




客室も、内装・調度品の豪華さは無いもののセンスの良い組み合わせ(HPより)
a0275945_145136.jpg
a0275945_1451997.jpg
a0275945_1451141.jpg
a0275945_14511953.jpg

カジュアルに、でも深みや凄みは演出したいような場合のインテリアに大変参考になりそうです。


実際、ここより広くて設備も豪華なホテルチェーンは沢山あるのですが、(ハイアット・マリオット等)
スタンダードルームの宿泊料金はここが一番高い部類でしかもあまりディスカウントしないんですね。


ハリウッドセレブが集まる映画祭や音楽祭のパーティでも時々使われているみたいで、
カジュアルな雰囲気ながらある一定の格を保っているホテルなんでしょうね。


訪れて4年経った今でも、画像をみるたびうっとり・・・

当時はホテルにそこまで予算を掛けないスタイルだったので、宿泊しなかったのが悔やまれます。
HPがとてもかっこよくて各施設のPRビデオも面白いので見てみて下さい。
http://www.theparkerpalmsprings.com/index.php
[PR]

by soiconvent | 2012-11-06 14:52 | LA 2008

LAからパームスプリングスへ



LAからパームスプリングスまでは車で約2時間半。

途中ハイウェイを降りて、郊外のチャイナコミュニティにある飲茶店でブランチ。
a0275945_10123262.jpg


店内はどうみても、香港なんですが(笑)
a0275945_10124668.jpg




さらに向うと中間地点辺りには広大なアウトレット 『デザートヒルズプレミアムアウトレット』
a0275945_1013591.jpg

ヨーロッパのブランド店が大充実でした。



さらに進むと、『カバゾン (Cabazon)』 と呼ばれるドライブイン。
a0275945_10135791.jpg


店はガソリンスタンドとコンビニしかないんですが、
恐竜のオブジェと周囲の荒野がとってもアメリカっぽくて記念撮影したかった場所。
a0275945_10141436.jpg






カバゾンを超えると名物、砂漠の中にひたすら立ち並ぶ風力発電の風車。
a0275945_10144139.jpg




a0275945_10151119.jpg


a0275945_10151880.jpg


a0275945_10152790.jpg


a0275945_10153229.jpg



ずっと行ってみたかった場所でしたが、自分1人ではまず来られない場所(海外で運転とか絶対無理だから)
ラッキーな事に当時、地元で連れて行ってくれる人に出会ったのでした。
[PR]

by soiconvent | 2012-10-30 10:24 | LA 2008