ひねくれ〇の旅日記

2013年 11月 26日 ( 1 )


竈門神社~その②



本殿手前に、昨年末完成した社務所があります。(逆光写真すいません)
a0275945_11255084.jpg




神社建築で有名な種村強氏(今までこの方存じ上げませんでした)の設計。
a0275945_1126222.jpg



その建物内の、御守りを販売する授与所を世界的インテリアデザイナーの片山正通氏。

東京は原宿・青山あたりのブティックには彼のデザインしたお店が沢山ありますし、
海外ではリッツカールトン香港のバー『オゾン』や、パリのプランタン百貨店の改装も手掛けています。
(ちなみに、自宅の近所にも彼の手掛けた小さなお店があります)

そして、筑紫野平野を望むテラスの椅子のデザインは、
これまた世界的なプロダクトデザイナーのジャスパー・モリソンという凄まじく贅沢なコラボレーション。


東京都心辺りなら、『やっぱり都会は違うね~』 で片付けられるこのプロジェクト。
福岡の町外れの、しかも神社内で実現している事に強い興味が沸きました。


建物自体は、現代的でシャープなフォルムを取り入れたもの。
a0275945_1130963.jpg




L字型の片側の庇はガラスを使用しており、神社建築としては斬新です。
a0275945_11301975.jpg





縁側から見た内部の様子です。
a0275945_11304020.jpg




すぐに俗世と比べるのはどうかと思いますが・・・高級デザイナーズ旅館のよう。
a0275945_11305349.jpg





こちらが建物の一角にある授与所です。
a0275945_1133468.jpg




a0275945_11331266.jpg




ガラス越しに風景が透過/反射したり、内外の人の影が交差したり、なんともモダンで詩的な光景。
a0275945_11333189.jpg




a0275945_11334477.jpg





内部です。女性の参拝客が多い事を意識されたそうで、柔らかい印象。
a0275945_11341670.jpg


しかしそこはただ可愛らしいとか、神社だからジャポニズム全面押しといったものではなく
片山氏ならではの世界観が表現されています。


奥のブロック状の装飾は、なんと白~ピンク色の天然大理石でした! うーん贅沢&手間がかかっている・・・
a0275945_1135652.jpg




天井にはアクリルの桜模様が一面に、光を反射してこちらも綺麗。
a0275945_11352198.jpg




a0275945_11352720.jpg




絵馬や御守りに書き込む為の筆記具も、テーブル天板から見えてオシャレな演出。
a0275945_11361876.jpg


まるで現代アートの一作品のようですが、そこは商業建築メインのデザイナー
親しみ易さを感じさせつつ、最高にモダンな空間が演出されていました。





裏手のベランダに行ってみます。
a0275945_1137587.jpg




・・・が、すごい人だかりで全景が見渡せません。
a0275945_11373299.jpg




こちらは壁沿い、木格子やフレームの存在をなるべく薄くしたガラスのフェンスがシャープでモダン。
a0275945_11374795.jpg




こちらには、ジャスパー・モリソンデザインの椅子。
a0275945_1138686.jpg

彼らしい過度な主張の無い、機能を優先にフォルムをとことん突き詰めたと思われるデザインです。



2人掛けベンチが1つと、1人掛けが3つ。
a0275945_11383310.jpg

この椅子、御影石で出来ているんですが、とても座り心地が良かったです。



そして、見た目に反して回転します。(ぐるぐる~と回転させて童心に帰るオジサン・・・笑)
a0275945_11384938.jpg


しかし、この4つの椅子だけの為にジャスパー・モリソンにデザインを依頼。
しかも竣工の際には現地まで来たんですから、費用はどれだけかかっているのか・・・?? と下世話な疑問が(汗)



ベランダの向こうに、神社の参道と筑紫平野を眺める事ができます。
a0275945_11392510.jpg




a0275945_1139317.jpg



紅葉の季節じゃなければ、もっと落ち着けるのになぁ・・・と思いつつ、
『なんかカッコイイねこの建物』 とか、『この椅子回るよ~』 と声が聞こえ、紅葉をバックに記念撮影している人を見ると
この施設を楽しんでいる様子に嬉しくなりました。




下のテラスもスタイリッシュな雰囲気ですね、降りてみましょう。
a0275945_11444817.jpg




a0275945_11445363.jpg




a0275945_11454546.jpg




この階は宝物庫になっているそうですが、そこの前は紅葉期間の参拝客を見込んでか、
近所に工場がある地場大手菓子メーカーやホテルが屋台を出して、神社内らしからぬオシャレな食のラインナップ(笑)
a0275945_11452757.jpg




スパークリングワイン(400円)を一杯引っ掛けて帰るつもりが、朝パンを食べただけで出かけた事もあり
軽い昼食を兼ねて、シーフードのクリーム煮(600円。ガーリックトースト付)も購入。
a0275945_1146614.jpg

ラップに包んで、蒸篭で保温していました。そういう提供の仕方ってあるのね・・・
洋食=ステンレス鍋のイメージだったので新鮮。

ホテルメイドだけあって、食材や調理はしっかりしたものでした。



紅葉も一番綺麗な時期だったし、好きなデザイナーの施設は予想以上に感動出来たし、
近場でこんなに楽しめるとは思いませんでした♪

鹿さんもいますよ(笑)
a0275945_11472987.jpg

[PR]

by soiconvent | 2013-11-26 11:47 | 国内