ひねくれ〇の旅日記

初めてのアジアンリゾートはプーケット&ピピ島


※旧型デジカメ撮影の為、画像が粗くなっております。


初めてのアジアンリゾートは2004年のプーケット&ピピ島。最近行きまくっているタイもこの時が初めてでした。
a0275945_13183011.jpg

映画『THE BEACH』を見て、ピピ島をこの目で見てみたいと思ったのがきっかけでした。



まずはプーケット島のパトン地区に前泊。
a0275945_1319155.jpg




大音量で流れるダンスミュージック、夜になると女かオカマかわからないゴーゴーがトップレスで踊り、
冷やかしで通りすぎたバービアでは、店に入らないとわかると呼び込みの女の子から腕をつねられたり足を蹴られたり、
無法地帯のバングラ通り。
a0275945_13192064.jpg

パラダイスホテル前の通りはG向けだったんですが、お店のシステムがわからずそそくさと通り過ぎただけでした。
(5年後リベンジに行きましたがw)


翌朝日本で手配したガイドにホテルに迎えに来てもらい、ピピ島行きの船着き場へ。
a0275945_13195042.jpg

待ち合わせ時間を過ぎてもガイドは現れません。隣を見るとエージェント名の入ったバッジを付けた人が。

『good morning』 と声をかけると、『あっ! あなた達でしたか~タイ人かと思ってました』 って(笑)
ガイドさんによると私はタイ人度70%、連れは80%だったらしいです・・・



高速船で約2時間(もっと早い船もあります)
a0275945_13202029.jpg




船着き場に着いた途端、綺麗な海、車の走っていない細い路地、生い茂るヤシの木の風景に
『うわー楽園に来た~!』 と思ったのでした。
a0275945_13204022.jpg




a0275945_13205388.jpg



東南アジア通から言わせれば 『メジャー過ぎる島』 らしいですが、小さい島なのに色んな国の観光客が集まって
各国料理のレストランが揃っていて、コンパクトなのに結構便利で楽しめました。
a0275945_13211738.jpg




宿泊はビーチ沿いの小さなバンガロー。泊まりたかったビルディングタイプのホテルが満室だったんです。
a0275945_13215946.jpg

ボロかったけど当時でも1泊9000円程しました。


満室だったホテルとは系列だったので、プールはそちらを利用出来ました。
a0275945_13474888.jpg

この旅行から半年後、こちらのホテルに津波が押し寄せる映像をTVで見て悲しくなりました。
今ではすっかり綺麗になっているみたいですが・・・周囲のヤシの木も押し流されて少し殺風景になっているようです。


風景は秘境感たっぷりですが、割とアクセスしやすい島というのも訪れるきっかけに。
a0275945_13224864.jpg




a0275945_1323125.jpg




毎日ボートをチャーターして(当時は半日600~800バーツ) アイランドホッピング。
a0275945_13234592.jpg




誰も居ないビーチで泳いだり、シュノーケルをしたり。初めてづくしの旅は今でも良い思い出。
a0275945_1324283.jpg




a0275945_1324252.jpg




a0275945_13243620.jpg




この期間は満月で夜も雰囲気ありました。
a0275945_1716897.jpg






最終泊はプーケットへ戻り、憧れていた『THE CHEDI (現THE SURIN)』 に1泊。
a0275945_1325384.jpg




a0275945_13251453.jpg




a0275945_13472060.jpg




a0275945_13261133.jpg




アジアの高級リゾートホテルにすっかり魅了されたのでした。
a0275945_13262175.jpg




a0275945_1326301.jpg


ただ、ホテル内にあるビーチ沿いのレストランにディナーへ行くと
一品頼んだだけでメニューを取り上げるウェイトレス・・・タイ特有の『白人優遇・アジア人ゲスト差別』 を受けました。

※今までこの話題には触れて来なかったのですが、検索すると山ほどそういう話題は出て来ます。
考え過ぎると被害妄想気味になるので、タイ旅行中はあまり気にせず行動しています。



この旅行は今までの人生でただ一度、マトモに御付き合いした人と行った旅行でした。

帰りの乗り継ぎ地台北にて、乗り継ぎ時の空港内ホテル代は無料と聞いていましたが
パスポートを取り上げられて入国出来ないというので夜中に市内へ出る事に。
初めての台湾だったので街の様子をひと目見てみたかったのです。

不意の出費でしたが、気になっていたデザインホテル『UNITED HOTEL (国聨大飯店) 』へ飛びこみました。
a0275945_13273857.jpg




今見るとごくフツーですが、当時は世界のデザインホテルズに登録されていた台湾唯一のホテルだったんです。
当時 『デザインホテル』 というものを見た事が無かったのでそれなりに感動しました。
a0275945_13275522.jpg


部屋の窓からは国父記念館越しに101が見えました。
野暮ったいデザインは苦手ですが、当時世界一の高さだったのでありがたみがありました。
a0275945_17124549.jpg

(当たり前ですが、まだWが無い!) 今ではありえない程ホテル代が高騰している台北。
ここは割とお得で今また狙い目かもしれません。


短い台北の滞在時間を思い切り楽しもうと急いで行動する私に、
『足にマメが出来てるから早く歩けないし、そんなに頻繁にタクシー使うんじゃねーよ勿体ない!』
a0275945_13291096.jpg

とキレた彼から忠孝復興のそごう前で蹴りを喰らい、パスポートと航空券を地面に叩きつけられましたが・・・
(ホテルもタクシーも自分持ちでしたが、彼の意志も聞かず完全リードしていたのが気に入らなかったらしい)

それでも自分にとってのハネムーンは、この旅行だったんだと思っています。

ほとんどの画像に自分が映っているのがその証拠です(笑) ビーチリゾートにつき裸が多くお見苦しい点はお詫び致します。
あまりにも風景だけの画像が無いので、今までお蔵入りにしていました~
[PR]

by soiconvent | 2015-03-19 09:00 | その他
<< シーロム地区に新たな4つ星ホテル開業 パリの現代建築巡り >>