ひねくれ〇の旅日記

マイアミの鶴


友達が『マイアミに行くけれどホテルが高い』 と言うので久々にトリップアドバイザーを見ていると
久々に強烈なホテルを見付けました。

『Viceroy Miami』 北米を展開している高級ホテルグループです、アジアではバリ島1件のみ。
a0275945_9283798.png



大手の高級ホテルチェーンのように、落ち着いたカラーリングや計算し尽くされた造作のバランスやライティングで高級感を演出というより
アートディレクターやデザイナーの、ゴージャスでエキセントリックな邸宅といった雰囲気(笑)
a0275945_928556.png



マイアミなのに、ヘッドボード上には鶴の絵画・・・
a0275945_9291095.png

でもこの街は大きなアートイベントも毎年開催されているらしいので、納得出来る気もします。
しかしテイストとしては大好きですが、2泊以上すると息が詰まりそう(汗)


ロビー階のエレベーターホールも鶴(・・・ですよね?) 強烈な演出です。
a0275945_9293470.png

壁画って、インパクトが大きい分ゲストによって好き嫌いの分かれやすいものなのでなかなかチャレンジング。
ラグジュアリーホテルでやっている所が凄いです。

でも色味を統一しているので悪趣味に映らないのでしょう(少なくとも私にはw)


最近バンコクのホテルばかりに泊まっているし、ホテルリサーチもアジア地区ばかりですが
まぁ何処も想定内のインテリア。

たまにこういうホテルを見ると、見た事の無い素敵なインテリアっていつも欧米から
(最近は主にアメリカ)やって来るな~と実感します。
思い切り遊んでミックスしても統一感・高級感を損なわない仕上げ方はあちら生まれの方々には敵いませんね。
[PR]

by soiconvent | 2015-03-14 09:00 | その他
<< 初めてのヨーロッパはパリでした 水郷の村 『烏鎮』 を訪ねる >>