ひねくれ〇の旅日記

初めての上海は怪しい人だらけ・・・


※フィルム写真を取りこんでいるので、画質が大変粗くなっております。

2003年、初めての海外一人旅は上海。
a0275945_12533495.jpg




3泊4日のツアーに1人参加、フリープランだったので空港送迎以外は自由行動でした。
a0275945_12543874.jpg

浦東のビルが少ないですね(笑)

ちなみに現在はこれです。
a0275945_13114616.jpg



南京東路のど真ん中、ソフィテルハイランドにチェックインし、ホテルを出ると通りは大音量のBGMと輝くネオン看板。
a0275945_12552732.jpg

子供の頃にTVで見た『灰色の街並みに人民服で自転車を漕ぐ人民』 は1人もいませんでした。



有料のポラロイド記念撮影をしたり、
a0275945_12563753.jpg




初めての雑技団鑑賞、当時は1000円ちょっとで楽しめました。
a0275945_12572494.jpg

上海商城の雑技は演出が古いし会場がそう大きくなかったですが、その分間近に鑑賞出来て感動しました。




しかーし・・・今はだいぶ少なくなってきていますが、当時1人で歩いていると
まぁ怪しい輩が声をかけて来る事。
a0275945_1301145.jpg

南京東路では、日本の流行を意識した出で立ちの女の子が 『こんばんは!』 『今何時ですか?』
と50m置きに現れます。

多分、バーやカラオケに連れていかされて支払いの際怖い人が出て来て金を巻き上げられるパターン。



早朝の外灘にて、絵に描いたような中国の風景を眺めているとおじさんが寄って来ました。
a0275945_130453.jpg

『私は大学の先生で美術を教えています』 と流暢な日本語、少しおしゃべりをしたあと
『日中友好・・・』 といいながら、紙とハサミを取りだし切り絵で私の似顔絵を作り始めました。

『あーこれは噂に聞いていた切り絵おじさんだ!』 とそそくさにその場を立ち去ります。
似顔絵を作ったあと(腕は確か) 『はい、1000円ちょうだい』 と言うそうです(笑)



ある日は豫園の近くを歩いていると 『タバコの火を貸してくれ』 とおじさんに英語で話しかけられました
a0275945_1312773.jpg




『持っていない』 と言うと、『お前はどこから来た』 『俺は大連から仕事で来た。上海や北京、各地を回っている。
お前は日本の何処から来た?』 と延々と話しかけ続けます。
a0275945_1315334.jpg

怪しいので 『忙しいからバイバイ』 と言うと 『福岡の奴は冷たいな、大阪人はフレンドリーだったぞ』と、
そりゃーそうだ、私に話しかけたのが失敗です(笑)



3日目は、郊外の水郷の村 『周荘』 へ行きました。

JTBなどに日帰りツアーを頼むと1万円近く、個人で行くと往復1000円以下だったので
ローカルバスを乗り継いで4時間、やっとたどり着きました。
(ここまでのエピソードで1記事書けますが長ったらしいので端折ります)


周荘のバスターミナルへ付くと、バスの出口に群がる人力車の運転手。
振り払い歩いて行こうとすると、おばあちゃんが人力車に乗って追いかけて来ます。

地図を見せながら、『村まで長いから乗っていけ』 みたいな事を言っています、地図を見たら本当に長かったので
30元で話をつけて乗りこみます。

走りだすとすぐに太鼓橋、坂道なのでおばあちゃん客を乗せて超えられず。結局歩く・・・


橋を渡ると5人程の村人が、下の川を指差し『船に乗れ』 と誘導されます。

怖い! 身ぐるみ剥がされて湖に沈められたらどうしよう!? と捕まれた腕を振り払うと
今度は横に泊まったバイクに乗れとヘルメットを被せようとする。

訳がわからないので、20元を押しつけて走って逃げました。


もしかすると本当に船で水郷めぐりをしてくれるつもりだったかもしれないし、バイクで村まで運んでくれたかもしれませんが、初めての中国の田舎町。本当に怖かったんです。

しばらく歩くと村の入口が見えて来ました。警察が立っており何か話してきますが
通じないと見ると中に通してくれました。

後で調べると、村民以外は正規の入口から入場料を払わないといけなかったらしい(当時40元程度)
もちろん私は違う入口に来てしまったという訳です。



中世のまま時が止まったような水郷の村は素晴らしく、
a0275945_136775.jpg




a0275945_1352471.jpg




a0275945_1363458.jpg



観光客を乗せて唄う船頭の声に感動しました。苦労して来た甲斐があった~
a0275945_1365789.jpg

(本当は、市内から往復1000円程度で日帰りツアーが出ておりこんなに苦労しなくて良い)


帰りも懲りずにもと来たルートで(笑)

ボロボロのシート、時速20キロしか出さない乗り合いバスに乗り、大陸の大地を眺めながら
『お母さん、私は今中国の見知らぬ村に居ます』 と、この光景を見せたい気分になっていました。

今の上海では、怪しい輩も居なくなっているだろうと思いきや・・・2012年も外灘で若い女の子に話しかけられました。

そして、昨年一人旅した子と話した時、やはり街で声をかけられてボッタクリバーに連れて行かれたそう。
しかし若いのに度胸のあるその子はなんとかボられずに切り抜けたらしい。

皆さんもお気を付け下さい。上海の観光地で、日本語や英語で話しかけて来る中国人。
『写真取って下さい』 と話しかけて来る女性2人組は要注意です。
[PR]

by soiconvent | 2015-03-09 12:52 | その他
<< 3日間で2つの犯罪に逢ったKL グランドハイアット上海 画像集... >>