ひねくれ〇の旅日記

ミレニアム・ヒルトン・バンコク 宿泊記①


この日は大晦日、バンコクホテルラリー4泊目は、
『ミレニアムヒルトンバンコク (Millennium Hilton Bangkok)』 です。

川沿いという事、ロビーが素敵だという事以外今まで全く興味の無かったホテルですが、
この日は川沿いでカウントダウンの花火が上がるので、ホテルからのんびり眺められると閃いたのです。

ヒルトン50%OFFキャンペーン中、ダメモトで大晦日を検索すると、キャンセル返金、朝食無しで13000円!
リバーサイドの有名ホテルは何処も満室&激高レートだと思い込んでいました。

きっと同じ事を考えいる人は沢山いるだろうし、ヒルトン会員でも無いこんな格安レートの予約客は、
花火とは反対側の低層階にアサインされそうですが、その場合はプールサイドか川沿いのテラスで見ればいい。

サパーンタクシンの船着場やアジアティークで見るよりは落ち着けるでしょう。帰りの足の心配も無いし。



スクンビットのダブルツリーからは、またまた郊外のバイパスを使い約120バーツで到着。
既に休日のバンコク市内、サトーン通りから行けば、時間もお金も節約出来そうですが…?

ホテル前の大通りはこんな雰囲気、バンコクマスターでもなければ 『ちょっと外に出て食事や買物』 とはいかないでしょう。
a0275945_1814590.jpg




大通りから入口を。
a0275945_18115454.jpg




敷地は鰻の寝床みたいに川に向かって細長い形です。
a0275945_18115976.jpg




エントランスへ向かう途中はショッピングアーケード。
a0275945_18144129.jpg




ただこの日は年末年始休暇中。空いていてもテーラーや皮・シルク製品の店ばかりなので利用する機会は少ないかも。
a0275945_18145321.jpg




タクシーで奥に進むと、広大な車寄せとエントランス。
a0275945_1815841.jpg




a0275945_18152088.jpg




a0275945_18153544.jpg




配車係とドアマンはしっかりと役割が分かれており、フロントまで気持ちの良い案内でした。
a0275945_18155293.jpg




a0275945_1816589.jpg






おお~!天井が高く、ダイナミックなロビーです。
a0275945_18162160.jpg




季節柄か吹き抜けの天井には逆さクリスマスツリー、なんだかアーティスチックです。
a0275945_18172475.jpg




客室フロア10数階分までは一部吹き抜けがあります。なんともグラフィカルな景色です。
a0275945_17585662.jpg




ラウンジもゆったり、この部分は飲食オーダー無しでも自由に寛いで大丈夫みたいです。
a0275945_1819211.jpg




a0275945_18193252.jpg




ヒルトンさん、こういう大空間をモダンかつ高級感も失わずに仕上げるのは上手いですね。
a0275945_18455336.jpg




何か特別高い材料やアートワークがある訳では無さそうですが、造作のバランスが素晴らしい。
a0275945_18201128.jpg

『旅行に来た! ホテルに来た~!』 という高揚感が感じられて、個人的にはかなり好きな空間。



さらに奥に進むと高い天井のエレベーターホール。コンラッドソウルを思い出しました。
a0275945_18204753.jpg




ガラスのエレベーターも開放的な空間のアクセントに。
a0275945_1821913.jpg




突き当たりは川沿いまで開けるメインダイニング 『FLOW』 です。
a0275945_18213182.jpg




a0275945_18224022.jpg




レセプションはエントランス右手に。
a0275945_1823251.jpg

酒屋の軒先にかかっている杉玉の巨大版みたいな天井オブジェが空間を引き締めます。


チェックインの際ダメモトで、

『花火が見えるサパーンタクシンピア側の部屋がいいんですが…』

とお願いしてみると、スタッフは少し戸惑いはしましたが
『ご用意出来ますが、14時までお待ち下さい。』

との事、やったーリクエストが通りました!





アサインまで時間つぶしに川沿いに出てみます。レセプション横が船着場へ続く通路の入口。
a0275945_18242218.jpg




a0275945_18244060.jpg




途中スパや、昔からある御神木のような菩提樹。
a0275945_18245454.jpg




川沿いにはパティスリーカフェ 『THE LANTERN』 もあります。
a0275945_1825365.jpg




ヒルトンなのでスノッブな高級感や艶やかさはありませんが、一定の高級感を保ったモダンで明るい雰囲気が心地よいです。
a0275945_18255427.jpg




a0275945_18512455.jpg




対岸のサパーンタクシンまでのシャトルボートは20分に一本、しかし滞在中一度も乗る事はありませんでした。
a0275945_18261918.jpg




a0275945_18265818.jpg




川沿いの入口です。
a0275945_18281610.jpg




見上げると、屋上に張りだした円形のルーフトップバーが見えます。
弧を描く壁面部分はリバーフロント、1フロアあたり2つのスイートが配置されています。
a0275945_1830933.jpg




川沿いを歩いて反対側の敷地端へ向かうと、地元の人達が利用する船着場・・・からの眺めです。
a0275945_18303931.jpg




そこから陸側に入ると、露店が並ぶ中にセブンイレブンがあります。
a0275945_1831553.jpg

ホテル自体は不便な場所ですが、このコンビニはありがたい。お酒も割と豊富です。


ヒルトンから来るとこの露天街とのギャップがまた楽しい♪
a0275945_18314273.jpg




セブンの隣にはこんな謎の像が祀られたスペースも・・・ちょっとビックリする(笑)
a0275945_18331379.jpg




14時になりフロントへ戻ります。
a0275945_18343280.jpg


希望の眺めを確約してくれた女性スタッフは他のゲストを接客中。
隣の男性スタッフにチェックインをお願いしますが、

ちょっと不安になり、『あの…私の部屋、サパーンタクシンピア側ですよね?』
と聞いてみると、

『いいえ、反対側です。』 との事。


やっぱり…タイのホテルではスタッフ同士の情報の共有・連携が薄いのは昨日のアナンタラで認識したので。

『隣の彼女が確約してくれましたよ。』

と伝えると、パソコン画面をしばらく眺めて希望の向きに変えていただきました!
あとはどれだけ川岸に近い部屋か気になります。



ドキドキしながら8階へ。
a0275945_18381453.jpg




あぁ、客室前のディスプレイ用ニッチにシーツが・・・(笑) 廊下は翌朝に撮影しました。
a0275945_18394047.jpg



客室自体は30階まであるので低層階ですが、希望の向きにしてもらえただけでも満足です。
だって格安の1ナイトステイですから…
[PR]

by soiconvent | 2015-01-20 09:00 | バンコク 2014.12~2015.1
<< ミレニアム・ヒルトン・バンコク... バンコクのホテルインディゴ い... >>