ひねくれ〇の旅日記

ソフィテル ソ バンコク 宿泊記①



バンコク2・3泊目は『ソフィテル・ソ バンコク (Sofitel So Bangkok)』
a0275945_13482168.jpg

2年前から気になっていたホテルにやっと泊まれます。


本当は、ここ1泊+スコータイ1泊の予定でしたが、バンコクにある日本の旅行代理店
ニューグリーンホリデーさんにて、2泊するともう1泊プランがあったのでこのホテルで〆ます。

最後の1泊、本当は余分なんですが最終日は深夜2時の出発。
空港に向かうまで安心してホテルで寛ぐのも良いかなと・・・


スタッフの衣装はクリスチャン・ラクロワ監修。
客室はタイのインテリアデザイナーによる4つの内装タイプと、なかなか気合いの入ったデザイン系のホテルです。

Wホテルの成功以来、どのホテルグループも似たようなコンセプトで新ブランドを出しましたね。
Andaz、Indigo、Sofitel So、Edition ・・・

ちなみにインテリアは 『Fire・Metal・Wood・Water・Earth』 の5つの自然がテーマ。
(そのうち『Fire』はレストランに、残り4つは客室に反映されています。)


『Wood』 の客室です。悪くないけど、すごく泊まりたい感じでもありません。
a0275945_13495817.jpg




『Metal』 の客室です、どちらかというとWaterにピッタリな気がします。
真っ白な部屋に、壁の雲オブジェが自分好み。
a0275945_13501152.jpg




『Earth』 すいません、無理!! ここにアサインされたらルンピニ公園で寝ます。(好んで選んだ方すいません・・・)
a0275945_13512855.jpg




やはり『Water』の部屋が内装もレイアウトも一番魅力的。(こちらの方がMetalっぽいイメージが・・・)
a0275945_1350501.jpg

目的はただひとつ、『So Comfy ルームのWaterエレメント ルンピニ公園ビュー』


ちなみにWaterだけは下から二番目グレードの 『So Comfy』 以上からしか選べません。

最下カテゴリーの『So Cosy』 は 『So Comfy』 と 部屋の広さは同じですが、
他の部屋タイプも同じくルンピニ公園と反対側の眺めになります。

ここのルンピニ公園ビューは本当に期待出来るので、ここだけは譲れないところ。


代理店に、『Water のルンピニ公園ビューをリクエストします。この部屋タイプに泊まる事が予約した目的です』
と強めにお願いすると、『ホテルには伝えますが確約は出来ません』 との事。

不安だったので、宿泊4日前にもういちどホテルのメールに直リクエスト。

英文だったので詳しい内容は不明ですが、『出来るだけお答え出来るよう努力します』みたいなニュアンス。
そんなに難しいのかな・・・とやっぱり心配でしたが予感的中、波乱のチェックインに・・・



ホテルの正面エントランスは南側のサトーン通り側。(すいません写真撮り忘れました。)

入ると一旦右のカウンターで予約確認をして9階のロビーに向かいます。
a0275945_13522583.jpg




a0275945_13523418.jpg




左側はインテリアや雑貨のショップ。
a0275945_1353141.jpg




建物真ん中にエレベーターホール。スタイリッシュですね♪
a0275945_13531236.jpg




エレベーターホールを抜けて北側 ( ラマⅣ通り・ルンピニ公園側) のホールです。
a0275945_13542099.jpg




こちらにはチョコレートショップがあります、周囲に甘い匂いが漂っています。
a0275945_1354185.jpg

天井から垂れ下がるチョコレートの雫オブジェが印象的。
(今見返すと、18時以降は全品50%OFFのイラストがありますね、気付かなかったです。)



店頭にはアイスクリーム屋台もあります。
a0275945_1354816.jpg




ちなみに北側にもエントランスが、こちらも立派ですがタクシーの乗降は南側に回り込む決まりになっているようです。
(建物の周囲は車路で巡回出来ます)
a0275945_1357996.jpg




a0275945_13562072.jpg




a0275945_13562614.jpg




さらに外へ出てみました。
a0275945_13564865.jpg




開業から2年、タクシーの運転手の1/3ぐらいは知っているといった印象でした。
a0275945_13565713.jpg

エントランスでスタッフがホテルの名前と地図が書かれたカードを渡してくれますので、
それを常に携帯していると安心です。

とはいえこのホテルにタクシーは頻繁にやってこないので、急いでいる時は表通りに出て拾っていました。





エレベーターで9階に向かいます。
a0275945_1421626.jpg




9階のロビーラウンジです。
a0275945_14344.jpg




大きな窓からルンピニ公園越しに、都心の高層ビル群を望む眺めが圧巻!
a0275945_1455333.jpg

9階と高さはそうなくても、ロケーションでここまで迫力ある風景が切り取れるとは・・・
よくこの場所を押さえましたねアコーホテルズさん。


天井・壁面にルーバー状の木目調パンチングウッドを貼り巡らせた、モダンで凝った空間です。
a0275945_1445715.jpg




天井の照明はカマキリの卵みたいでちょっとグロいですが、この空間ならアリでしょう。
a0275945_1410985.jpg




ソファまわりのデザインは、モダンながら落ち着きある色合い。
a0275945_148376.jpg




a0275945_1491528.jpg




a0275945_1483587.jpg




a0275945_1484986.jpg




レセプションカウンターの反対側にはバーカウンター。夜になるとDJプレイが始まるのはWと同じですね。
a0275945_149074.jpg




a0275945_1492568.jpg




チェックインはラウンジのソファに座って行います。ウェルカムドリンクとして
レモングラスティーが提供されます。(なぜか紫・・・)
a0275945_1495554.jpg



『ルンピニ公園側の高層階、Waterの部屋を用意しています。しかし入れるのは16時になりますが・・・』
とスタッフ。

この時点で14時前、汗かきたくないから外には出たくないし、周囲で特に行きたい所も無いしどうしよう・・・
としばらく悩んで、とりあえず話題のプールで過ごす事にしました。
a0275945_14103672.jpg

フィットネスのスタッフに拙い英語で事情を話すのが大変でしたが、とりあえずプールに入れました。
ここで2時間のんびり過ごしました・・・結構ヒマだった(汗)

プールの様子はまた後日アップします。




16時になり、サッパリした体でロビーに向かうと・・・

『あの~前のゲストがレイトチェックアウトを指定していて・・・あと2時間待ってもらえますか?』 とスタッフ。

えぇ~もうこれ以上待てない! すぐに表情に出る性格なので非常に困った顔をしていると、

『プールはいかが?』 (もう2時間泳いで来たんですが・・・)
『スパをお受けになったら? 700バーツのクーポン差し上げます』
(700バーツ言っても、高級ホテルのスパ料金では焼け石に水でしょう?)

途方に暮れて次のプランを考えていると、ソファから離れずに落胆している様子を悟ったのか、

『バーで飲みたいものをどれでもオーダーして下さい』
a0275945_14112333.jpg




『雑誌をお持ちしました~』
a0275945_14123215.jpg

『もう少し待って下さいね、とても素敵な部屋ですから。』 と入れ替わり立ち代りスタッフが来て機嫌を取ってくれます。

本当は、『空いてる部屋にとりあえず入れて下さい、準備出来たら移動します』 と言いたかったんですが
英語が思い浮かばず・・・


早いけれど、昨日閉まっていた『ラープ・ランスアン』 に晩飯に行こうと外に出てみると、
平日夕方のラッシュでタクシーが全然つかまらない・・・
a0275945_141216100.jpg




なんだか途方に暮れてしまって、近くのスコータイに遊びに行く事にしました。
a0275945_1413490.jpg

上の画像がサトーン通りからのソフィテルの全景。サトーン通りは真ん中が運河になっていて極端に橋が少なく、
ソフィテル前の交差点を始めに渡らないと向かいのスコータイには行けないので注意です。



スコータイから帰ってきたのは20時過ぎ、さすがに部屋は準備完了でした。
a0275945_14161865.jpg




スタッフに案内され26階の部屋に向かいます。客室フロアは14階~28階。
a0275945_1444393.jpg

その中での26階なんで待った甲斐がありました。



と思ったら、Water自体が25~28階と高層階でした。
a0275945_14171474.jpg

21~24階がEarth、17~20階がWood、14~16階がMetal エレメントです。

しかし、ルンピニ公園側ならどの高さでも眺めは素晴らしいと思います。



客室廊下はかなり暗め&広め。
a0275945_14193593.jpg




a0275945_14194068.jpg





吹き抜けスペースもありました。こんなスペースあるならもう少し部屋を広く・・・と思う程(笑)
a0275945_14195937.jpg




25階のクラブラウンジが見えました。
a0275945_1421477.jpg




この事から考えるとWaterエレメントは一番グレードの高い部屋タイプだったんですね・・・
a0275945_14202581.jpg




自分の部屋の前です。吹き抜けを渡った先にあって特別感があります。
a0275945_14205475.jpg




やっと部屋に入れました~!
a0275945_14211654.jpg




とりあえず夜の部屋の様子を。
a0275945_14213290.jpg




a0275945_14215280.jpg




床・壁・天井全体が黒かグレー・ダークウッド系なので、照明を全部付けても暗い印象です。
a0275945_1422537.jpg




良い言い方をすれば、『夜空と一体化出来る空間(苦笑)』
a0275945_14231094.jpg




詳しい説明は次回アップします。
a0275945_1424179.jpg




スーパーで買って来たマンゴーを剥いてもらってとりあえず腹ごしらえ。ああ疲れた・・・
a0275945_14241959.jpg

[PR]

by soiconvent | 2014-08-22 09:00 | バンコク 2014.8
<< スコータイを見学 グランドハイアットエラワン 宿泊記④ >>