ひねくれ〇の旅日記

リッツカールトン京都と・・・(宿泊記ではありません)



先週開業したリッツカールトン京都。
a0275945_114977.jpg

建物の外観を見て、『レートは相当高めだな』 と予想していたのですが、やはり最低でも6万超え・・・ハイ消えた~(泣)

昨年開業したインターコンチネンタル大阪は、開業日から宿泊記が驚くべき早さでアップされていたので
ここも・・・と期待していたのですが、未だアップされている様子はありません。

ここに余裕で予約出来るお金持ちは 『私が一番乗り!』 とか 『速攻ブログUPでアピール』 みたいな事はしないと思われます(私は貧乏人なのでやっちゃいますww)

日経トレンディで、食事以外ではほぼ宿泊記に近い画像数の記事がアップされていました。
まだチェックしていないホテル好きの方はぜひ♪

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20140131/1054862/




リッツカールトンといえば、私が気になるのは昨年開業した天津のリッツ。
a0275945_1152790.jpg

歴史的な西欧建築が並ぶ市内中心地に位置するその外観は、直轄市とはいえ地方都市である天津にしては相当立派。
こういうスタイル、何て言うんでしょう? ちょっとロシアっぽい気も・・・


スタンダードルーム(50㎡)は京都の1/3のレートから、
a0275945_1154882.jpg



そして100㎡のリッツカールトンスイートは4万前後とリッツにしてはリーズナブル。
a0275945_116319.jpg

東京や京都、浦東上海はコンテンポラリースタイルが強いですが、ここはブリブリのクラシックスタイルが逆に新鮮。
ロビーまわりはちょっと装飾過多なのですが、部屋の方は今っぽいクラシックスタイルにまとまっている印象です。

昨年ビヨンセの新曲PVを見てから、こういう無駄にゴージャスなクラシックスタイルの部屋が気になっています(笑)
a0275945_1192961.png

思いきって165㎡のカールトンスイートに泊まってみようかな・・・と妄想は膨らみます。
(それでも京都の最安レートよりお得)

地元からは直行便が無いので、北京のコンラッド・W(6/28開業) と絡めて
(北京から天津までは高速鉄道で30分) 今年中には行ってみたいですね。

とはいえ他の気になるホテル、6月にはマンダリンオリエンタル台北とアンダース東京、年末あたりにパークハイアットバンコクも開業予定なんで、全部廻ると破産しそう(汗) 何処を優先させるのかが悩みどころです。
[PR]

by soiconvent | 2014-02-10 12:00 | その他
<< ベルリン現代建築巡り~① ベルリンの東側 >>