ひねくれ〇の旅日記

胡同散歩~その②



鼓楼に到着(画像は帰りに少し離れた場所から撮影)
a0275945_1134633.jpg




故宮の真北、景山公園や鐘楼とともに一直線上に配置されています。
a0275945_11504661.jpg




内部に興味は無いのですが、ここから胡同の街並みを眺めたくて入場。
a0275945_1152070.jpg




踏み外したら確実に軽傷では済まない急な階段を上がります。
a0275945_11694.jpg




上がりきると、外部の回廊部分は立ち入り禁止でした・・・
a0275945_1162756.jpg

元代に建造された(今の建物は明代のものを清代に改修したもの・・・だそうです)
季節の変わり目を太鼓で知らせる為の建物。






次に100メートル程北にある、同じく軸線上に並ぶ鐘楼へ。
a0275945_1193432.jpg

こちらは城内に時を知らせる為に建てられたもの。(名前のとおり、内部に鐘があります。)



建物が朱塗りではなく、土台も石材剥き出しで相当な高さ。
a0275945_1195553.jpg

ギラギラの中華様式ではない、古代のロマンさえ感じさせる雰囲気が自分好みです。



こちらにも上れるんですが、なんだかキツそうなので止めました(汗)
また外に出られなかったらムダ足だし・・・
a0275945_11103550.jpg




鐘楼を過ぎると、こちらも数十年前にタイムスリップした様な街並み。
a0275945_1111530.jpg




a0275945_111112100.jpg




私のまわりの人は 『なんでそんなに中国行くの? 自分も一度行った事あるけど一回でいいわ』 なんて言われますが・・・

日本から近いのにガラっと空気感が変わるこんな通りを歩くのが大好きなんです。
a0275945_1112659.jpg


台湾や韓国だったら、ぼけーっと歩いても何の問題も刺激も感じませんが、
中国だと『何かあったら誰も助けてくれなさそう』 的な緊張感・・・(実際何度かトラブルに遭っていますが)


うーん、この扉から福はやって来なさそうです(笑)
a0275945_11125484.jpg




80年代ぐらいまで、こんなよろず屋日本の田舎にもあった気がします。
a0275945_11132055.jpg




食料品も衣料も雑貨も・・・どれも中途半端な品揃えだけど何でもあるみたいな(笑) 懐かしい気分になりす。
a0275945_11134641.jpg




うーん・・・大陸。
a0275945_111537.jpg




『便利店』 わかりやすい!
a0275945_11155912.jpg




后海に向かうため、路地を適当に歩きます。
a0275945_11164153.jpg




ちょっとこじゃれた旅館の入口。外国人観光客向けでしょうか?
a0275945_1117020.jpg




ちょっと大きめの通りを渡って・・・
a0275945_11172213.jpg




観光地化されていない路地をうろうろ。
a0275945_11181182.jpg




屋外で麻雀??
a0275945_11182773.jpg





建物の角からすごい毛並みのワンコが出てきました。
a0275945_1119445.jpg




うーん、ぶちゃカワ♪ どんな犬種なんでしょうね??
a0275945_111920100.jpg

[PR]

by soiconvent | 2013-11-07 13:01 | 北京 2010
<< 后海探索 胡同散歩~その① >>